脱現金化で先を行く中国の仕組みをぜひ日本でも・・・

お財布ケータイ普及で現金利用減少

今から10年位前でしょうか、電子マネーが携帯電話で利用できるようになったのは。

それまでは現金を持ち歩き、小銭でパンパンになったお財布を持ち歩いていましたが、お財布ケータイの登場で、現金を使用する機会が減り、当時よりもパンパンではなくなりました。

特に頻繁に利用するコンビニでの決済はお財布ケータイ。最近ドラッグストアや100円ショップでも利用でき取扱店舗も増えてきています。

電子マネー

スーパーの行列を解消できるはず

スーパーやガソリンスタンドなどでの決済は、クレジットカードを使用しています。

スーパーのレジ待ちをしていると、ほとんどの人が現金支払に驚かされます。あんなに並んでいるのに、お財布を開いて小銭を出す。それによりどんなに並んでいる人は待たされていることか。

一部の店舗では、この状況を改善すべく、カゴの中の商品計算と決済を分けている所もあります。計算は人が行い、決済は無人機械で対応するというもの。

これでレジ待ちの列も多少は短くなった気がします。

カードを使えば、高いお金を出して決済マシンを購入しなくてもいいんですけどね・・・・。

日本ではまだまだクレジットカードは普及していない感じがします。

電子マネー

電子マネーが爆発的に普及、中国

ところ代わって中国では、日本で言うところの電子マネーが爆発的に普及しています。

仕組みはいたって簡単。店先にあるQRコードを読み取り、金額入力・送信すると決済が完了するとうカンタンさ。

本サービスを提供するのが、アリババの関連会社が提供するサービス、アリペイ、そしてくテンセントが提供するウィーチャットペイ

この利便性が大いに受けて、2016年のモバイル取引回数は約257億回で、対前年比86%増という爆発的な普及を見せています。

小売店での利用はもちろん、飲食代やお寺のお賽銭、今話題のレンタルサイクルなどなど多岐にわたるサービスが、このQRコード読み取り決済にとって代わっています。

翻って日本では、このような類のサービスで代表的なクレジットカードを例に取ると、使い込み過ぎちゃうのでは?とか、高額商品の時に使うもの?単純に怖い、信用できないといったイメージがあるでのしょう。で、信用一番の現金に流れるている印象を受けます。

クレジットカード

日本でも導入して欲しい

訪日外国人で潤っている百貨店を始めとする日本の流通業。これらがまずは先頭に立って、アリペイやウィーチャットペイを導入すれば、普及していくと思うんですけどね。

現金しかペケの街の定食屋さんでも、スマホで決済できることを切に願うばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする