生まれ変わったらが実現「エンドレス」

生まれ変わったら一緒になろうね

遠い昔に松田聖子と郷ひろみが破局した時に、聖子ちゃんが泣きながら「生まれ変わったら一緒になろうね」と涙ながらに語っていたセリフさを思い出せたこの映画。

医学の進歩で、肉体、つまり外面は違うけれど中身は自分のままという夢のようなお話。

建築家として名を馳せた初老の男性が、このまま癌で死んでいくのは忍びない。この才能と経験を死によって失わせず、もっと世のため人のために活かしていきたいと。

で、彼がすがったのが、この新品の身体に生まれ変れるという医学サービス。

CTスキャンのような装置に自分と、生まれ変わる人体が並べ同時にスキャニング。終わってみたらあら不思議、老いた私が30代の肉体を手にいれたという訳です。

セルフレス

とにかく若さを謳歌

それまでは老いを理由に、無理をしなかった生活も、エネルギー有り余る30代の肉体を手にいれたものだから、もう夜遊びは毎夜繰り返すは、とっかえ、ひっかえ女性と遊ぶわで、最初は生まれ変わったことに大喜びといった感じでした。

セルフレス

新車と思ったら中古かよ

生まれ変わる人間はクロン人間で全くの新品だよと説明を受けていましたが、実は何とこの人間、実在する人体であったことにビックリ。

人体入れ替わり直後は幻覚に悩まされるので、薬の常用はマストですよと言われていました。

彼もラテン系の女性に小さな子ども。そして湾岸戦争らしき戦場の幻覚に悩まされ続けます。

ただ、この場合、幻覚というよりも現実に起きた話に近く、サービス会社に問い合わせ所、あっさりとクロンではなく、実在する人の人体であることが発覚。

このことを知った彼は、彼らに命を狙われることになるのです。

まさに新車を買ったはずなのに、中古車を売りつけられ、しかもクレームをつけたら命を狙われるというとんでもない災難に巻き込まれるのでした。

セルフレス

死んだはずのパパが復活

彼の生まれ変わりの人体は、セントルイスに住む小さな娘を持つ家族のパパ。家族には溺死したと伝えられていましたが、これは全くの嘘。パパは娘の難病の手術費を得るために自分の命と引き換えに娘の手術代を手にいれたのです。

で、驚いたの奥さん。死んだはずの旦那がひょっこりと現われたですから。本来なら大喜びですが、どこかよそよそしくて、中身はパパではないことは明らか。

加えてパパは怖い人達に狙われているということで、すぐに彼ではないことに気づきます。

セルフレス

記憶はかき消される

幻覚症状抑制の薬を飲まないと、自分の記憶は薄れていき、最終的には人体を提供した人の記憶に染まるといもの。

せっかく生きながらえることができたのに、自分じゃなくなるのは意味がないわけなのに、彼は大きな決断をします。

深い男気を感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする