インデザインCS3でpngもコンタクトシート化

フォトショップにもあるけれど

膨大な撮影カットを1シートに一覧してくれるフォトショップのコンタクトシート。この機能、インデザインでも出来ちゃうというのはあまり知られていません。

インデザインであれば、一覧したデータの並び替えファイル名の変更も出来るので、かなり重宝しています。

が、インデザインCS3だとpngを読み取ってくれない。

ので、javascriptをちょいといじって、読み込まめるようにしました。

スクリプト機能で一覧化

写真は、jpgファイルとpngファイルが混在しているデータです。

インデザイン,コンタクトシート

インデザインCS3を開いて、スクリプトを選択して、ImgeCatalog.jsxを選択。

インデザイン,コンタクトシート

一覧化する場合の列数、行数、画像間のマージンなどの設定画面が表示されます。

03jpgpng

が、インデザインCSだとご覧のとおりpngが読み込まれません。

04jpgpng

スクリプトを編集してpngを読みこませる

で、今回のメインのお話になります。ImgeCatalog.jsxを選択した状態で、スクリプトを編集を選択。

04jpgpng01

すると、JavaScriptの編集画面が開きます。

ここで、読み込みする拡張子に、“.png”を加えるだけでOK.実に簡単です。

インデザイン,コンタクトシート

一覧化の枚数もカスタマイズ

デフォルトの並び方も変更できます。

列数と行数、マージンはこのように

インデザイン,コンタクトシートインデザイン,コンタクトシート

最後は、既存のJavaScriptは残して、別名保存で、とりあえずデスクトップに保存します。

インデザイン,コンタクトシート

再びImgeCatalog.jsxを選択しながら、エクスプローラーで表示を選択。

インデザイン,コンタクトシート

開いたウィンドウ内に、デスクトップに保存したjsxファイルをドラッグすればOKです。

09jpgpng

仕上がりはこんな感じ

新たに作成したJavaScriptファイルのImgeCatalog2.jsxを選択。

一覧化の設定画面ではカスタマイズした数値に変更されています。

11jpgpng

書きだされた一覧化にもpngが読み込まれています。

インデザイン,コンタクトシート

頻繁にこの機能を使う方にはあらかじめ自分仕様にしておいた方が作業も捗ること間違いなしです。

ぜひお試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする