バーチャルスタイリスト?「Amazon エコールック」

アパレルに本腰か。

Amazonが本格的にアパレルに力を入れてきたというお話。

2017年は、AIスピーカー元年とも言え、Google、Apple、Amazon各社から発売されました。

AmazonのEchoも、「アレクサ」と呼ぶかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセット、Kindle本の読み上げなど簡単に音声操作ができちゃう。

Amazon蟻地獄がもっと深まり、これで他にはスイッチできないくらいの充実度なのに、アパレルにおいてはもう一歩踏み込んだサービスを展開しています。

AIがファッションセンスを判定

その名も、echo look。自分の姿を撮影をすると、お似合いか否かをAIが判定してくれるというもの。

AIの評価には、ファッションの専門家の意見も反映されているとのこと。

のサービス、実際にプロに見てもらうとなったら、相当な金額が発生するはず。

それが22,000円払えばずっと利用できると考えれば安いものです。

評価には色やフィット感などを評価している模様。

タンスの奥深くに眠っている洋服をあらためて来てみて自分に洋服を再発見してみたり、コーディネイト対決なるものをお友達としてみたり、色々な使い方ができそう。

Amazon echolook

評価は2分されている模様

echo lookは日本ではまだ発売されていないのは残念ですが、米国の利用者の声を聞くと「アドバイスが的確」「いらない服を捨てるのに役立つ」などの好意的な声がある一方、辛口のコメントも。

「利用者の色の好みを理解していない」とか「色重視で、フィット感やスタイリングを重視していない」という声も。

このような不満の声も、AIならば改善できるので、より評価の精度も高まっていくことが容易に想像できます。

日本に上陸したらヒットすること間違いないでしょうね。

Amazon echolook

ユニクロだって負けてません

迎え撃つ日本勢の筆頭格とも言えるも、AIを活用したサービス「UNIQLO UI」を開始しました。

こちらはAIが商品に関する膨大なコメントを解析してオススメの服を表示してくれるというもの。

「二の腕」とアプリに話しかけると、「二の腕が隠れる」商品はいかかでしょうか」と提案し、袖にフリルのついた洋服を提案してくれます。

「足を長く見せたい」お腹周りのぽっちゃりを隠したいと話しかければ、それに合った洋服を提案してくれるのでしょう。

服選びがなかなか決まらず時間だけをただただ浪費しちゃう人にとってはありがたいサービスと言えます。

UNIQLOIQ