仮想栄養士がつく「ネスカフェ ドルチェグスト」

日本人は健康とは言うけれど

世界的に見ても長寿国の日本。肥満率は先進国で最も低く、栄養バランスの採れた食事をしているからだろうと思いきや、実際には栄養が不足しているとか。

厚労省の「国民健康・栄養調査」によれば、カルシウムカリウムビタミンAなどの摂取量が、推奨する値には達してないとの結果が出ました。

とは言うものの、健康には異常なまでに関心の高い日本人。そのニーズをうまくビジネスに取り入れて成功しているのが今回紹介する ドルチェグストというサービスです。

栄養士

ネスカフェドルチェグストとは

ネスカフェドルチェと言えば、珈琲をまず最初に想起しますが、この栄養バランス最適化サービスは抹茶を振る舞うというもので、会員登録すれば受けられるサービスです。

まず専用サイトにアクセスし、カウンセリングを受けます。カウンセリングと言っても、そんな面倒な話ではなく、出題される質問に答えるのみ。それか前日の食事の写真を送るだけ。

その内容を分析して、あなたに足りない栄養はカルシウムですとかビタミンCですと判定してくれて、オススメの抹茶をチョイスしてれます。

そもそもこの抹茶、たんなる抹茶ではなく栄養素がふんだんに入ったスペシャルなもの。

これを毎日飲むことで、日常で不足している栄養が補うことができます。

しかも気になるお値段は100円ー120円。セブンイレブンの淹れたて珈琲とほぼ同じ金額というのも嬉しいですね。

抹茶

計画の2倍で推移

企業側の社員の健康増進に寄与するということで、本サービスの契約も上々。計画の2倍で推移しいています。

ネスレも、このこの栄養補給サービスにはニーズありと踏んでいたというのだから驚きました。

ありそうでなかったサービスですから。しかもチョ~がつくほど手軽さ。これなら長続きするでしょう。

カルシウム

ある意味、お抱え栄養士

油ものがやたらと多かった週。魚料理を久しくとっていない日が続くと、さすがに食生活にむとんちゃくな僕でも、不安になることしばしば。

てな訳で、野菜ジュースを摂ることで、これで栄養補給OKと自分に言い聞かせているのですが、実際の所どうだろうと不安にもなります。

ネスカフェドルチェグストであれば、しっかりとした診断のもと、何が不足しているか的確に答えてくれるのでしょう。

ある意味、お抱えの栄養士がついたもので、これが100円ー120円で抱えられるというのですから、ものすごいコストパフォーマンスです。

ウチの会社でも導入して欲しい

野菜ジュース