若者のSNS漬けが半端ない。

最近よく耳にするインスタ映え

旅行先もインスタばえを意識して選ぶという記事を読みビックリ。旅先で得られる体験ごとではなく、より多くの人からいいねに力を入れるというのは、おっさんからしてみれば驚き。

逗子にオープンしたカフェでは、連日若者でごった返しているとか。馬の彫刻目当てで記念撮影用が理由だそうで、これもインスタを狙ったもの。カラフルなスムージもインスタばえするとかで人気だとか。

そもそもこのお店、インスタで人気が火がついたようで、お店の運営者も内装やらメニューやらで若者の声を聞きながらインスタばえを狙ってオープンしました。

ものの見事に狙いがはまり、若者の海離れなんて声はどこ吹く風で、人気を博しています。

sns

お買い物にもインスタ

人気スポットめぐりの他にも、ファッションの分野でもインスタは若者にとって貴重な情報源。

インスタで発信されるファッションを参考に、同じ服を、また似たような服を買うそうで、若者の消費行動に大きな影響を与えていることが伺えます。

sns

実はツィッターも凄いのよ。

利用数という点では、インスタをも凌ぐと言われれるツィッター。

サービス開始からかなり時は過ぎていますが、未では若者のがっつり使われているSNSサービスです。フェイスブックの登場で影が薄くなったかと思いきや、親父くさい、息苦しいなどの理由から、ツィッターに移行している感じがします。

ツィッターもファッションの参考や人気スポットの発信という点で、インスタにも負けずとも劣らない人気を博しています。

この2つのSNSを押さえていれば、若者向けのサービスを展開するには持って来いなのでは?と思いますね。

sns

企業も色々と大変だよ

てな訳で、消費トレンドが分散しすぎて、なかなかマスとして捉えにくい若者の消費行動。

トレンドをキャッチするのもなかなか難しい。が、手をこまねいているわけにも行かず、かのサイバーエージェントでは、人気インスタグラマーを社員として雇い、トレンドチェックに力を入れているとか。

やはりそこまでしないと傾向はなかなかつかめないんでしょうね。

sns

インフルエンサーは見透かされているかも

インスターグラマー、ツィッターのフォロアーの多い人を使ったマーケティングが流行りだしたのもここ最近の話かと。

影響力の強いインフルエンサーを使い、商品告知をして、より多くの人に知らしめる。加えて購買に繋げてもらう。

けど、これってユーザーからしてみれば、バレバレのようで、逆に商売絡みと思われた時点で、一気に熱が覚めるようで・・・

ならば、一層のこと、これは広告ですと言い切った方がまだましかもと思った次第です。