中国のシリコンバレー深圳(しんせん)の光と闇

一攫千金を狙ったけれど

中国のシリコバレーと呼ばれ世界的にも注目される深圳(しんせん)の

中国国内でも、一攫千金の夢を見て出稼ぎ労働者が殺到するものの、成功するのは一握り。その多くは大きな挫折を味わい、日雇いでほそぼそと食いつないでるというのが実情なようです。

深圳(しんせん)

栄養失調で死亡って・・・

スマホなどの工場で働く人を募集する巨大な職業紹介所では、職を求める労働者と仲介業者でごった返し状態。さも盛況と思いきや、一歩路地に入ると闇の光景が。

職業紹介所周辺のネットカフェでは若者でこれまたごった返し。まともなベットはなく、皆椅子の上でぐったり。

ネットカフェの宿泊料金16円さえも払えないとなると路上で寝るしかないとのこと。

野宿していた若者の腕は無数の蚊に刺された跡があり痛々しい。

16円すらも払えないというのですから、貧困具合は相当なもの。

しかも、この数年でネットカフェや路上での死者が目立つようになり、中国では社会問題になっています。

仕事は豊富にあるのになぜ、お金に困ってしまうのか。それは賭博に手を出してしまったから

深圳(しんせん)

賭博にはまり首が回らない

基本的には違法だが、単調な生活に刺激を求めて賭博に手を出してしまう若者が後を絶たないようです。

しかも賭博用に高利貸しがしっかりと存在しており、ある若者は借金が1万元に膨らんだとか。

お金のない若者からもお金を搾り取る、商売の嗅覚にするどい中国人ならではと思いました

このように当初の人生設計が狂い、落ち込んでいるかと思いきや、借金を抱えても今の生活をやめる気はないとのこと。

退屈な毎日を過ごすくらいなら、賭博をして刺激ある生活の方がいいと

深圳(しんせん)

我慢が足りないと嘆く大人たち

この状況を知り、ある飲食店のオーナーは最近の若者は堪え性が足りないとばっさり。

この世代は、小さい頃、親が出稼ぎで都市部に働きに行っている頃に祖父母の元で甘やかされて育ったため、我慢する経験が少なかったとのこと。

深圳(しんせん)

戸籍制度の改善が必要か

戸籍問題も原因の非乙。農村部の戸籍がある子供は、都市部の高い教育水準を受けられないという声も。

深圳(しんせん)に来たものの、肉体労働ばかりで肝心のIT系の仕事にありつけない。

雇側も農村部の教育受けてきた若者では任せられないとでも思うのでしょう。

都市部と農村の格差をなくすためには、まず教育制度の見直しが必要かと。

でないと、景気に合わせた労働力の調整弁として機能せざるを得ないですから。

深圳(しんせん)で起きていることは、他の都市部でも起きているんでしょうね。