Adwordsの文字化けの直し方。正味5分

エクスポートしたら文字化け

支払い履歴をエクスポートしたら、CSVがご覧の通りの文字化け。ぐぐって見たけど全く改善されませんでしたが、試行錯誤の上、色々と試したらできました!

備忘録も兼ねて、Adwordsのエクスポートデータの文字化け改善方法を紹介します。

TeraPadを使用して文字化けを解消

画面上の見え方はこんな感じ

CSVでダウンロードするご覧の通りの文字化けっぷり

このデータをテキストエディターで開き、Unicodeに変換。が、Windowsの標準テキストファイルやらワードパットを使っても文字化けが改善されなかったので、フリーウェアのTerapadを使用。

ご覧の通り、文字化けが改善された状態で表示されました。

エクセルで開く時の注意点

TeraPadで開いたファイルをtxt形式で保存します。ここはcsvで保存したらダメです。元の文字化けファイルに戻ってしまいます。

で、エクセルを立ち上げて、ファイルを開くを選択。

該当のファイルを選択し、開くを選択するとテキストファイルウィーザードが表示されます。

1枚目は設定を変えないでスルー。「次へ」を選択。

2枚目は「区切り文字」で、「カンマ」を選択。すると下部のプレビューに区切り線の入った状態で表示されます。

ここまで来ればほぼOKです。

最後は整え作業

カンマの選択をしたら2枚目はOK。「次へ」を選択して、3枚目では列ごと書式を選択します。

この時、金額関係はG/標準を選択しときましょう。金額書式と認識されるので、円マークがついた状態で表示され、後々の編集もラクです。

完成品はこちら

最終版はこちら。差し引き残高がマイナス表示になっているのが助かります。

いかがだったでしょうか。ここまでたどり着くまでに約5分。文字化けしたらぜひこの方法を試していただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする