クロールエラーしたURLをインデックス化催促

Webマスターツールでエライことに

下のグラフは、クロールエラーのグラフです。ちょうど独自ドメインに切り替えたタイミングで、クロールエラーが21件発生。ので、インデックスの催促とエラーページは削除しました。

インデックスの催促

Fetch as Googleを使い、Google側にインデックスの催促します。ただしかならずインデックスされるとは限りません。

エラーURLをクリック

Fetch as Googleをクリック

取り消しをクリック

URLをインデックスに送信

URLを選択し、OKをクリック。

エラーURLを削除

URLが存在しないと、「見つかりませんでした」と表示されます。私の場合、ディレクトリーをいじくり倒していたので、古いデータのキャッシュが残っていて、クロールエラーとして残っていました。

見つかりませんでしたURLは削除

Googleインデックス>URL削除を選択。

URLをコピペして、削除します。

保留中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする