MacOS 10.8 iMacをWiFi親機として使い倒す。

iMacをWiFi親機として使う

iPad、iPod touchの通信にはWiMAX使っていましたが、都度電源を入れるのは面倒。

てなわけで、ネットに常時接続のiMacをWiFiの親機として使えないか?と思い、ネットで検索。

あるじゃないか!!

と喜んだのも束の間。OSのバージョンが異なり、ネットの説明通りに事は進みませんでしたが、試行錯誤の末、なんとかMacOS 10.8のWiFi親機化に成功。

その設定方法について備忘録を兼ねて紹介します

1.システム環境設定>共有

iMac WiFi

インターネット共有を選択

  • iMacがEthernet経由でネットで繋がっているので「共有する接続経路」Ethernetを選択。
  • 相手先のコンピュータが使用するポートでは、iPod touchがWiFi接続なので、にチェック
  • 最後に「WiFiオプション」をクリック
  • iMac WiFi

    パスワードを設定

  • セキュリティ欄「WPA2パーソナル」を選択
  • パスワード欄に12文字のパスワードを入力。するとOKボタンがクリックできるようになります。

    文字数が足りないと、OKが出来ないので注意してください。

    iMac WiFi iMac WiFi

    インターネット共有選択

    右上のWiFiマークの波線が、矢印になったら成功です。

    iMac WiFi

    ファイアウォールを切

    ファイアウォールを入のままだと何故か繋がりません

    iMac WiFi

    再起動

    ウチのiMacだけかもしれませんが、インターネット共有を設定すると、ネットに繋がらなくなります。これには本当に悩まされ続けましたが、再起動したらすんなりとネットに接続できました。

    7.iPod-touch側

    成功しました。

    iMac WiFi

    再起動後、切に設定したファイアーウォールを入りに戻してください。入にしても繋がります。

    iMac WiFi