前作が偉大すぎたかも。「もっと猟奇的な彼女」

期待に胸ふくらませたけれど

前作からかなり空いた感じのするシリーズ2。けど、設定上では前作から数年経った感じ。で、その後の2人の話を描いているかと思いきや、チョン・ジヒョンが尼さんになるという設定。シリーズとは言うものの、前回との繋がりはなく、全くの別ストーリーとして、シリーズ2は展開されます。

もっと猟奇的な彼女

全体のトーンはラブコメ

前作に比べると、ラブ・コメディ要素が物凄く強くなっています。

空想シーンのちょっとした寸劇がやたらと多く、これがまた、しつこい位に多い。

まぁ、最後には泣かせる展開に持っていくんだろうなと思いましたが、終始このトーンで、やや後半に来て飽きてしまうのはいたしかたないかもといった感じです。

もっと猟奇的な彼女

美人すぎる幼馴染

今回の猟奇的な彼女は、なんと主人公の幼馴染という設定。

そこまでは、何か期待できるものを感じました。前回のように彼女に振り回されつつも、それを受け入れる彼と規格外の女王様っぷりの彼女。なかなか恋人にに発展しないもどかしさ。

これが個人的には猟奇的な彼女の魅力だと思うのですが、本作ではあっさりと結婚まで行き着いてしまう始末。

これではエンディングが予想に比べて早く来てしまったと思う人も多かったはず。

あまりにも美人すぎる幼馴染と結婚するまでの話を描いてくれても良かったのにと思ったわけです。

もっと猟奇的な彼女

前作が偉大すぎると後が大変

シリーズ化した作品で、前作を越えるというのはなかなか難しいというのを実感しました。

どうしても、前作と比較してしまう。ストーリーであったり、キャストであったり。今回のヒロインも相当なプレッシャだったのではないでしょうか。前作があの大女優チョン・ジヒョンですからね。

あの激しい女王様演技は彼女でないと演じられないでしょうね。

かと言っても、その演技に乗っかるのはどうかと思ったのでしょう。今回のヒロインは超人的に格闘技は強いものの、女王様という点では、やや物足りなかった感じがします。

もっと猟奇的な彼女

シリーズ3はあるのか

尼さんになったチョン・ジヒョンは再び戻ってくるという設定だったら面白いかなと。

早くにして嫁さんを亡くして、パートーナー探しで再びチョン・ジヒョンと出会う。けど、相変わらずの女王様っぷりで振り回されっぱなし。

で、何とか結婚まで行き着きハッピィエンドという設定でしたら、さぞ面白いんですけどね。

作品タイトルにもっととつけているので、チョン・ジヒョンの女王様っぷりがパワーアップしたのかと思いきや、そうではなかったみたいです。残念。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする