複雑すぎるぜよ「ある過去の行方」

冒頭から訳あり夫婦

空港で再びの再開を果たした夫婦のシーンからこの作品は始まります。

夫婦なのにしばらくぶりの再会といった会話が続き、あれっと思いましたが、この二人4年近くも別居状態にあったんです。

で、今回旦那を呼び寄せて離婚手続きを行い、晴れて法的にもお互いが自分たちの人生を歩むことが認められる。

この二人の会話を聞く限り双方が憎み合っての別れではなくどちらかと言うと円満といった感じ。なのにお家に戻ったらちょっとした波風が立つことになったのです。

ある過去の行方

この子どこの子

久々の子供との再会に胸を弾ませる旦那。家に着くなり庭で遊んでいる子供を抱きかかえて子供も大喜び。

けど、もう一人見たこともない男の子が一人。明らかに自分の子ではない。近所のお友達かと思い、お家を聞くと何と、旦那がそれまで家族と住んでいた家を指差し、びっくり仰天。

そうです、奥さんはまだ離婚協議中だと言うのに、新しい男と夫婦生活を始めており、何と、その男の子供まで面倒を見ていたのです。

旦那が妻に問いただすと、メールで既に連絡済みの一点張り。争う気が失せたのかそれ以上、ツッコミはせず、とりあえず新しい男の存在を受け入れることにしたのです。

大人だなと感じましたね。

ある過去の行方

娘がグレるのも無理はない

ところが、一番上のお姉ちゃんはこの関係に猛反対。中学生か高校生ぐらいでしょうか、多感の時期ということもあって、見知らぬ男とひとつ屋根の下で暮らすというは耐え難いこと。

毎日夜遅くに帰ってきては親とも口を聞かず、そのまま自分の部屋へ。

これが妻にとっては、悩みのたねで、旦那を呼び寄せたのも、この娘に新しい男を受け入れてほしかったからなのです。

ある過去の行方

一番の被害者は子どもたち

お姉ちゃんは元々、大のパパっ子。パパが説得すれば何とか娘も心を開いてくれるかと思いましたが、事はそう簡単に進まず。

逆に娘からとんでもない事実を伝えられ、こと原因はかなり根深いことを知りました。

それは新しい男の嫁が、この不倫関係を知って自殺未遂を起こして植物人間状態であるというもの。

ある過去の行方

誰かを気づけた状態で再婚するというのは娘としては納得がいかないと。

この事実を知ったパパは事実関係を知るたために男に詳しい所を確認します。

男の話によれば、産後からうつ状態で、この不倫が自殺未遂の直接的原因ではないこと。

これを聞きますます混迷を極める関係者。それぞれが異なる話をして、どれが真実かわからずじまい。

嫁も新しい男との関係がギクシャクして、とんでもない事実を知らせられるし。後半はとてつもないスピードで、この事実が解明されていきます。

最後のあのシーンだけはやけに印象に残りました。

ある過去の行方