またまた熱いドラマを生んだ女子プロゴルフ

今回の主役は福嶋浩子

毎回コロコロと主役の変わる女子プロゴルフ。さしてやることのない日曜の昼下がりを楽しませてくれるコンテンツとして最近欠かさず見るようにしています。

テレビ放送は、決まって最終日の残り5ホール位。放送直後2位に大きな差を残しているトップも、終わってみれば逆転を喰らい優勝できないなんてこともよくあります。

で、今回のゴルフ・サイバーエージェントレディースの主役は福嶋浩子

この上ないドラマ設定

彼女、かの福嶋晃子プロの妹。福嶋晃子と言えば日本を代表するトッププレーヤー。ツアー24勝という驚異的な成績を上げ一時代を築いたお方。

そんな圧倒的な姉の陰でなかなか優勝を手にすることが出来ない妹。

優勝すれば史上初の姉妹優勝。

が、僕的には一度はツアーから距離を起き再起戦で優勝するという所に熱いものを感じました。

2位に3打差。追うイ・ボミ。いつ刺されてしまうのかヒヤヒヤしながら応援でした。

アレレのイ・ボミ

解説者に寄れば、昨日のイ・ボミは「らしくないプレー」とのこと。昨年の活躍を見ていないのでわかりませんが、後半からの爆発力には定評があり、もしかしたら福嶋浩子やばいかも・・・と思いましたが、ボギーを叩きその後もピりっとしないプレーが続き、結果は3位。

イ・ボミ

優勝からのプレッシャーからか?

エンジンがなかなかかからないイ・ボミを尻目に一気に突き放すチャンスかと思いきや、福嶋浩子も痛恨のダブルボギーで万事休す。

マジかっとテレビの前で絶叫した人も多いはず。

それほど優勝のプレッシャーとは粗糖なものなんでしょう。

キム・ハヌル

続くホールでもボギーを叩き、キム・ハヌルに並ぶという事態に。もしかして優勝できないんじゃないと思ったのは僕だけではないはず。

あのパットはハラハラ

昨日で一番熱くなったのは最終ホールのパーパット。外したらキム・ハヌルの逆転優勝。しかも難しいパット。放送時間とにらめっこし、プレイオフにしては残り時間わずかだし、もしかして外すの?と思ったところに見事カップイン。

まだまだドラマは続くんだなと。嬉しい反面に何て心臓に悪いこと悪いこと。

おめでとうございます。福嶋浩子プロ

プレイオフを制して、見事初優勝を飾った福島浩子。姉妹で号泣しながら抱き合う姿は号泣もの。

最後のキム・ハヌルも負けはしたものの、素直に福島浩子の優勝を笑顔で祝福。最後の抱擁シーンでギュッと抱きしめた所に彼女の温かさに触れた感じがしました。

福嶋浩子

それにしても今年のツアーで一番感動的な試合でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする