来たっー!!女帝、申ジエ今期初優勝

全米を制した凄腕

今年から日本ツアーに本格参戦となった韓国の女帝、申ジエ選手

ほぼ毎回、上位に名を残すもののあと一歩及ばずが多かったですが、ほけんの窓口レディースで見事逆転優勝。

申ジエ

GODニュース

何せ、彼女の目標が日本での賞金女王獲得ですから。イ・ボミのオリンピック出場の目標と比べると素人には理解不能。

そこは4年に1度のオリンピック出場の方が、価値があるのではと思うんですけどね・・・

何はともあれ、全米を制した選手に、日本ツアーの賞金女王が価値あるものと映っているのは素直に嬉しいっす。

今週のハイライトと言えば・・・

最終日を首位で迎えたイ・ボミでしたが、テレビ中継を見たら、アレレの2位。

1位は申ジエ。やっぱりなという感じでした。が、残り5ホールもあるので期待して応援していましたが、最後まで追いつくことができずの2位。

振り返れば15番ホール。申ジエがボギーを叩き、一方のイ・ボミは十分パーを狙える位置にあったものの、痛恨のボギー。

イ・ボミ

GODニュース

外した瞬間、思わずのけぞったのは僕だけではないはず。

落胆する表情に、いたたまれず・・・。心の中では応援していたのですが。

先週に続き、今は耐え忍ぶ時期なのかな。気丈に振る舞う試合後のインタビューは胸に来るものがありました。

来週こそ優勝を!!

相変わらず淡々のキム・ハヌル

申ジエ、キム・ハヌル2人のデッドヒートかとおもいきや、そこに割って入ってきたのがキム・ハヌル

いつも思うのですうが、知らず知らずのウチに上位に浮上しているという印象があります。

しかも今回は、単独2位に躍り出るチャンスもあった程ですから。

彼女を見ていると、張り詰めた緊張感漂う試合に、緩和を与えてくれるというか。

キム・ハヌル

GODニュース

真剣勝負だけに選手の皆さんは、険しい表情。思うようなゴルフができず落胆している表情を見ていると、こっちまで悲しい気分になります。

が、彼女の場合、ピンを外した瞬間に「やらかししまったよっ」的な一瞬の笑顔。ゴルフって楽しむスポーツなんだという事に気付かされます。

申ジエのパットを打つ瞬間、イ・ボミと談笑する様子は微笑ましいかったな。

頑張れ日本勢

という訳で、ほけんの窓口レディースでは韓国勢の活躍が目立ちました。

日本選手の最高位が笠りつ子選手の4位。が、6打差もつけられちゃってますから。

次週こそ日本選手の優勝が見てみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする