家康拡張の時代。三河物語 三方原の惨敗

狙うは今川家の遠江、駿河

国内の一向一揆を平定した家康。これで領土拡大の準備が整いました。

家康の統治する三河は西に織田信長、東に今川家、北に武田という大変な場所に位置します。それぞれと敵対しようものなら、一瞬でその領地を奪われる。ので、戦国の武将は提携などをして互いの領地を攻め込まない約束を取り付けます。

ので、家康は西の織田信長と北の武田と早くに手を結び今川家狩りを進めていきます。

浜名湖

二世がもう少ししっかりしていれば

父を亡くした今川家の当主。名前は忘れましたが、家康が独立の動きした時に、早々にたたきに言っていれば歴史は大きく変わっていたのでしょう。

が、お家騒動が勃発して戦どころではないという状況。この騒動を収束に向かわせる頃には、家康に攻められていたというのが実情でしょう。

骨のある武将は何人かいたのに、本当に惜しいことをしました。

で、家康は順調に遠江、駿河を攻略していきましたが、これを面白く思わなかったのが武田信玄。

互いに攻めこないという約束していたのに、彼自らこの約束を破り、三河の領地に兵を進めてきます。

浜松城

当代随一の武将、武田軍

自分の死期が近いこと察していたのでしょうか、ものすごい勢いで進軍を進めます。とは言うものの、慎重な信玄だけに勢いだけでなく緻密に計算されたもの。三河の上から、駿河の上から兵を送り込み、家康軍の兵力を分散。んで、三河と遠江の分断を狙い、その境界線の城を次々と攻めていきます。

信玄は駿河の上から攻めて、西に向かうルートを取るのですが、その際に徳川軍とガチンコ対決が起きます。

武田信玄

三方原の惨敗

そもそも信玄は、家康との一戦は考えていなかった様子。とにかく西に向かう事を急いでいたのに、家康側はウチの庭を無断で通るとは何事かという訳で、籠城をせずに城を出て野戦を挑みます。

これが不運とでも言いましょうか、野戦とくれば当時の武田軍は敵なし状態。三河武士もとにかく強いと評判でも全く歯が立たず大惨敗を喫します。

ただ、この一戦で負けは、家康軍にとっての成長をさらに促したことは確か。その後の負けな戦に大きく影響を与えたことは間違いありません。

まさかの信玄死去

これで信玄を止める武将はいなくなり、いよいよ織田信長と一戦交えるかという時に、野田城の足止め作戦が功を奏し、一戦することなく武田軍は地元にお帰りになるのです。

持っている人はやっぱり違うなと思いましたね。歴史が家康に味方してくれるのだと。

そして、信玄を亡くした武田軍と再び相まみえることになり、家康の進撃もまた始まる訳です。