カテゴリー
新商品・サービス

これからの外食産業が生きる道。間借りという選択

損する確率が高いのに開業意欲が高い

損する人が大半なのにどうしても大儲けの夢を捨てられず手を出してしまう株売買。

外食産業にもそれに似たような所があり、廃業数が多いくせに開業熱は全く冷めない。

2016年のある調査では廃業数が11万に対し、開業は約8万。廃業件数の方が多いものの、その数字に迫る勢いの開業数。

このやる気を無駄にしてはならない。外食産業を盛り上げていかなければという社会的大義と言うと大げさですが、あの吉野家が一肌脱いでくれました。

外食産業の救世主。吉野家

営業時間外にお店を貸したい、出店したいけど開業資金が足りない。この両者をつなぐことで、開業を後押しする仲介サービスシェアレストランを2018年から開始しました。

店舗を貸す側も稼働していない時間を有効に活用でき、家賃の補填をしてくれる。貸す側、借りる側双方にとってメリットあるサービスだと言えます。

コロナ禍で廃業に追い込まれた企業は多く、中でも外食産業は最も多いとも言われています。

このサービスをもっと早く知っていれば、もうしばらくは持ちこたえられたのではと残念でなりません。

新規出店で数千万円という高いハードル

本サービスを利用し、成功したのが今テレビなどで話題の究極のブロッコリーと鶏胸肉。2019年8月に開業し、わずか1年足らずで全国に28店舗オープンし、今最も勢いのあるお店です。

1号店となる東京渋谷店は、シェアレストランサービスを使い開業にこぎつけることができました。

従来であれば内装工事などで数千万円、居抜きだと数百万かかりハードルが高いですが、シェアレストランであれば、家賃のみ支払えばOK。

しかもその家賃は通常の1/3から1/2というのですから、スタート時の負担もグンと減らすことができます。

ちなみに光熱費や調理器具などは自己負担。例えば食材なんかも貸す側と共同仕入れすれば食材費も抑えられると思います。

フランチャイズも選択肢の1つ

間借りという画期的な仕組みを外食産業にもたらした吉野家。このサービスで新規が参入しやすい環境を構築しました。

次なるステップ、店舗数拡大においては、昔からあるフランチャイズという方式が有用のようです。

究極のブロッコリーと鶏胸肉も当初は直営による他店舗経営を目指したが、資金的に余裕がない。

ということで、数ヶ月かけて運営マニュアルやら食材卸の仕組みなどを構築し、フランチャイズ方式で店舗拡大を図りました。

新業態を生む土壌。シェアレストラン

シェアレストランの利用店舗には、これまでにはない新業態の店舗が多く、究極のブロッコリーと鶏胸肉もそうですが、プロテインを配合したフルーツスムージやエンジニア限定のバーなど個性的な店舗が目立ちます。

開業資金はないけど、テスト的に需要があるか試してみたい。そんなニーズをうまく汲み取ることに成功したシェアレストラン。

今後、シェアレストラン出身ですといったお店が増えていけば外食産業の未来も明るくなるだろうと思った次第です。

カテゴリー
ヒット商品

所有からシェアの時代。けど撤退が続いてるみたい

所有からシェアへ

車からお部屋、おっさん、特技などなどとにかく何でもシェアしちゃうというサービスが溢れている昨今。

車で言えばウーバーに代表されるようにライドシェアがカーメーカーの脅威と目されていたり、部屋がしのエアービーアンドビーは、既存の旅館、ホテルから需要を奪うし。

そう考えるとシェアサービスは今後さらに成長する分野かと思いましたが、参入企業の相次ぐ撤退を見るにつけ実情はかなりお厳しいようです。

シェア

メルカリが撤退

フリマーサービスのメルカリも提供しているサービスは広義で見ればシェアサービス

で、この金のなる木をさらに広げようと各種派生サービスも展開。

例えば即現金化できるメルカリNOW。語学や趣味などの個人の特技をシェアするティーチャー、ブランド品に特化したメゾンズなどなど。

ところが、これらのサービスは2018年8月に全て終了。つまり撤退しちゃういます。理由としては、簡単に言えばお金にならないといことでしょう。

シェア

楽天、リクルートも相次いで撤退

サービスは違えど、楽天もリクルートもシェアサービスから撤退したサービス。両者とも駐車場シェアを展開していましたが、こちらもお金にならなかったとか早々に撤退しています。

他にもネクタイなどのレンタルサービスフレッシュネックも撤退。アクセリーレンタルのラビンBOX、ファッションレンタルのビモールも事業内容を変更して何とか営業を継続しているとか。

といった具合に成長産業と思いきや参入してみたら、意外に儲からないというのがわかったのでしょう。

シェア

拠り所は使い勝手か

この手サービス、競合他社との違いを打ち出すが非常に難しいという問題が。

拠り所と言えば手数料の安さアプリの使い勝手プロモーションの規模に依る所が大きい。

ゲームアプリを見ても、とにかく広告をバンバン打ってまずは認知を高めるのが定石。開発費にとてつもない資本を投下したのに、プロモーション費もかなりお金をかけなくてはならない。

初動からとにかくお金がかかる。ローンチしたらしたで当初計画どおりには行かず、競合他社との差別化を図るべく手数料は下がる一方。まさに負のスパイラルをグルグル回っている感じがします。

大手のメルカリ、楽天、リクルートでさえも事業を軌道に乗せるのは難しいことを考えると、シェアサービスとは相当ハードルが高いサービスが気がします。

シェア

まとめ

とは言うものの、シェアリングサービスは今、伸びに伸びている成長分野。今後はシェアサービスの向き不向きが明確になってくるのと同時に、その分野における淘汰が進んでいくことが予想されます。

個人的には特技のシェアサービス分野で、これぞという企業が誕生するのを期待しているのですが・・・

カテゴリー
新商品・サービス

スキルをシェア。トラブル回避がカギ

自分の特技を売るサービス

シェアサービスもここまで来たかというのが正直な感想。

翻訳、イラスト作成、原稿作成に、WEB制作などなど個人のスキルを簡単に売り買いできるというサービスが広がりを見せています。

ランサーズのようなクラウドソーシングと重なるサービスもありますが、こちらはビジネスよりに対し、今回紹介するシェアサービスはどちらかと言うと一般消費者向けが目立ちます。

シェアサービス「ココナラ」の場合

カテゴリーを見ると、占い心の悩み恋愛・結婚といったお悩み相談的なサービスが並びます。

サイトを見る限り、実績のあるカウンセラー的な人が相手をしてくださるようで少なからず安心できます。

会員登録しないと中身が見えないというのが難ですが、興味があったら試してみてください。

ココナラ

サイバーエージェント参入へ

機を見るに敏な企業のサイバーエージェントがこの市場に参入するということで話題になっています。

その名もREQU「リキュー」

既に、スキルシェアサービスは競合も多く、後発組のサイバーエージェントでは苦戦は強いられると思いましたが、そこはサイバーエージェント。

綿密な分析とともに、他社にはないサービスを揃えてきています。

リキュー

著名人・有名人100人のスキルが買える

目玉は何と言ってもAmebaが認定する芸能人や著名インフルエンサーなど約100人が参加している点

例えば声優・金田朋子さんの「絶対に起きられる目覚ましボイス」(100円)編集者・箕輪厚介さんの「大物を口説くための手紙添削」(10万円、オーダーメイド)など。

これは面白いと思ったのが松木安太郎さんいよる小学生の徒競走の実況中継(1万円)。。パパママにとっては子供の思い出づくりに飛びつくこと必至のサービスだと思います。

リキュー,松木安太郎

トラブルはつきもの

運営上の課題は、いかにトラブルをなくすか

例えば占いを頼んだのにいいかげんだったとか、挙句の果てに「追加料金を請求された」とか。

この期待値とサービスの質のギャップがどうしても発生してしまうという問題があります。

なので、出品者の評価精度を厳格にしたりと対策を講じています。

サイバーエージェントの場合も、出品者に対して厳しい審査を行うなど、トラブル回避に向けて万全の対策を打っています。

自分を見つめ直す良い機会

このように自分のスキルが誰かのためになるというのは考えて見なかったこと。

自分を見つめ直すよいきっかけになるのではないでしょうか。

商売になるようなスキルって何があるだろうって。

手に職を持つは強いというのは今も昔も変わらないんですね。

カテゴリー
新商品・サービス

レンタル自転車を乗り継いで会社通勤。してみたい

中国で大ヒットのレンタル自転車

スマホでピッとするだけでいとも簡単に自転車に乗れちゃう。お隣中国で大ヒットしたあれです。

ただ使用者のマナーが悪いのか、乗り捨てられたレンタル自転車が街のあちらこちらに散見し、社会問題にもなっています。

加えて参入企業が増えすぎて激しい価格競争のすえ撤退する企業も出てきており一頃の勢いはなくなりました。

とは言うものの経済大国中国の成功を受けて日本でもレンタル自転車ビジネスを立ち上げる会社も出てきており、ここ日本ではこれからと言って良いでしょう。

NTTドコモがレンタル自転車

新規参入が増える中、2011年から本サービスを展開しているNTTドコモ

東京23区を中心に仙台、大阪、広島などの地方都市でもサービスを展開。

会員数も今では34万人も突破。利用回数は2017年度で40万回と他社を圧倒する勢いで今なお成長を続けています。

ドコモレンタル自転車

通勤時間短縮に驚き

レンタル自転車の使用用途としては、駅から会社までのラストワンマイルでの使用が多いと思いますね。

会社の場所が恐ろしく駅から遠い方にとっては大変ありがたい。

もっと踏み込んだ使い方としては自宅から会社までオール自転車通勤を実現できること。

品川に住むある会社員の方は、勤務先の六本木までそれまで徒歩と電車を利用して40分かかっていたのがレンタル自転車に切り替えたことで20分と半減。したとか。

都内の電車もぐるっと大回りしている所もあり、使う人にとっては遠回りなルートになってしまいます。

自転車であれば最短距離のルートで会社に通うことができるので大幅な通勤時間短縮に繋がるのでしょう。

自転車

こんな時レンタルは助かる

毎日の通勤に自転車を使っているのであれば一層のこと買ってしまえばと思いますが、レンタルの方が何かと便利。

会社に必ずしも自転車置場があるとは限りませんし、大雨が降ったので帰りは電車に切り替え。翌日の朝も電車となる。けど、レンタル自転車の場合、駐輪所に止めておくので、翌日も自宅近くの駐輪所で自転車を借りて会社近くの駐輪所の止めればいい。

しかも1ヶ月2000円。会社から通勤手当が出れば負担もないですし。

自転車

レンタル自転車を乗り継いで通勤が夢

このサービス、まだまだ展開しているエリアが限られていますが都内に住んでいれば、駐輪所の乗り継いで自転車通勤も夢ではありません。

朝走る東京の景色も、いつもとは違く見えて新鮮に映ることでしょうね。

帰宅時に大雨が降れば電車で帰ればいですし。

自転車通勤は憧れますね。

自転車
カテゴリー
新商品・サービス

自転車シェアサービス参入してみたものの・・・

中国で爆発的ヒット

中国で爆発的にヒットした自転車シェア。スマホを使ったこのサービス、日本にも先んじて事業化したのは尊敬の念さえ感じました。当初は・・・

が、その後は、大量の放置自転車が社会問題となり、このサービス自体の将来性を疑問視する声も。

最近では、このサービスに関する記事を目にしないことからサービス自体が停滞しているかもしれませんね。

自転車

一周遅れで日本でもサービス開始

中国での大ヒットを受け、日本でも自転車シェアサービスに参入する企業が相次いでいます。やや周回遅れの感じも否めませんが。

で、その参入企業には、ネット企業や通信会社が多いとか。最大手と言えばドコモ。サービス開始時期は2011年と中国でヒットする前からサービスを始めています。利用エリアは、都内、横浜、仙台など24都市とかなり広域で事業を展開しているのが特長。

他にもソフトバンク、Yahoo!系の会社であったり、メルカリ系、そしてLINEもこのサービスに参入しています。

そもそもこれらの会社は本業の方で、多くの会員を抱えています。ので、会員向けにアナウンスすることで、早期に一定量の利用者を確保できるという利点があります。

これが非ネット系・通信系との大きな違いではないでしょうか。

自転車

ウハウハと思いきや

自転車シェアのサービスは、所定の駐輪所で自転車を借りて、それをまた元の駐輪所、あるいは別の駐輪所に止めればOK。ある意味乗り捨てOKと利用者にとっては大変ありがたいサービスです。

皆がこのようにルールを守ってくれれば良いのですが、乗り捨てをしたり、自転車を壊したりするという困った利用客もいるそうで、海外ではフランス、イタリアに進出した香港企業が、あまりにも利用者のモラルがひどいということもあり、撤退を余儀なくされたという事例も上がっているほど。

自転車

駐輪所確保が肝

利用時間帯も朝、夕方にピークを迎えるようで、恐らく最寄りの駅から職場まで自転車を利用というケースが多いのでしょう。となると、場所によっては駐輪所がキャパオーバーとなり、歩行の妨げになったりと近隣住民への迷惑にもなってしまう。てなわけで、わざわざ自転車を分散するトラックが出動して、各駐輪所のバランスを取っていたりと涙ぐしい努力をしているのが実情です。

自転車

事業化するにはまだまだ先かも

といった訳で、まだサービスが始まって間もないですが、何かとコストがかかるというのが各社見えてきたのではないでしょうか。黒字化するまでにはまだまだ解決すべき課題が山積みのようで、普及にはもう少し時間がかかりそうな感じがします。

けど、需要はあると思いますので、法人契約をするなどして大口契約で活路を見出してみたらどうかなと思った次第です。