カテゴリー
ハリウッド

子持ちのママがスパイ?「シャドーダンサー」

IRAってテロ組織?

アイルランドと言えば、金融危機の際に痛い目にあった国。そのお国の上に北アイルランドがあり、この南北の統一を目指したのがIRAです。(多分・・・)。で、独立に向けて、テロ行為的なことをして色々と世間を騒がす事件をやらかしていました。

幸せそうな一家なのに

主人公は家族ぐるみでIRAとして活動するシングルマザー。両親が元々テロ活動を行っており、その流れで自分もといった感じ。当然、兄弟すべて活動家。つまりテロ一家というワケです。外から見ると普通に怖い。

shadow

テロ組織という陰鬱さは一切なし

年配の母に成人した子供たち。話している内容と言えば、テロの話しなのに、湿った感、緊張感らしさは全くなし。本当にテロ活動家と思う位。

映像の仕上がりがオシャレ。

全体的に色は落とし目で、なんか昔の映画っぽい無機質な感じ。だからでしょうか、緊迫感や恐怖感は一切、この映画から伝わってこず、主人公、コレットの幸薄い感が際立っています。

shadow2

まとめ

息子と離れて暮らすなんて考えられないし、しかも犯罪者の息子と世間に指を指されるのも不憫でならない。そう思えばこそスパイ行為を飲んだのは母として当然の行為。けど、もう1枚びっくりしたが、もう1枚スパイがいるということ。

カテゴリー
ハリウッド

核戦争後の未来ってこんな感じなの?「オブリビオン」

無人となった地球

話は2077年。今から数えると50年以上の未来。鉄腕アトムみたいな人が自在に空を飛べる夢のある世界と思いきや、見渡す限り荒廃しきった焼け野原が広がるだけ。あらためて核の恐ろしさを感じました。

ob

近未来的な建物、そして戦争兵器

まだ見ぬ世界を描くって非常に大変。かなり想像力を働かせないと未来っぽくないですし・・・。この映画に出てくる住居は亀仙人の住まいみたいにお空にある家で、これが、チョーがつくほど未来感。あえて言えば、キッチンがIHと今風だったくらい。

ob2

チョー複雑なストーリー

地球vs宇宙人かと思いきや、話はもっと複雑です。見終わった後、部分的に見返しもしましたが、それでも全体を把握するにはもう少し時間のかかりそうな感じ。

トム・クルーズの記憶がなぜ消されたのか、今の職いついたのはなぜ?、どうしてトム・クルーズが2人いるの?、えっ、人間だったの?。一つひとつを解決すれば、この映画がグンと面白くなること必至です。