カテゴリー
IT業界

とは言え、Amazon。出品者の声

注文して3週間近く経ちますけど・・・

翌日納品が当たり前のAmazonなのに、コロナ禍もあってか注文してから早3週間近く経とうとしています。

その理由は恐らくAmazonの物流センターへの納入をストップしていることが考えられます。

米国では、ロックダウン中に緊急性を要する医療用系商品を充実させるべく、通常よりも、より広いスペースをこれらの商品に与えました。

ということもあってか、医療用商品以外となると置き場がない。ので、出荷は当面止めてくださいとなった。

物流拠点のキャパの問題ということであれば出荷ストップは納得行きます。

にしても、そろそろ僕が注文したプリンターが届かないかなと一日千秋の思いで待っています。

数量はAmazonが決めるって・・・

米国ではようやく、出荷停止が解かれました。商品納入者も注文がたまる一方で、早く商品を届けたい。

この朗報にほっと胸をなでおろしたとことでしょう。

が、この解除が条件付きで、納品数はAmazonが決めるというもの。

それも過去の注文をベースにしたもの。これには出品者側も困った様子で、過去データでは今の需要が反映されないと不満を口にしています。

例えば、ある調理器具メーカーは、コロナ禍でまな板の注文が激増しました。通常期は1日20-30枚だったのが、その10倍の注文が入っているとか。

となると、Amazonからは「まな板10枚納品してください。」となるわけで、注文した人の手には、さらに時間がかってしまう。

Amazonから最注文が入るのを待つか、はたまた他のECサイトを使うか苦渋の決断を責められています。

物流

他のECサイトに鞍替えしたいけど・・・。

恐らくおとなしく再注文を待つということになってくるでしょう。

理由はコスト面で圧倒的にAmazonの方が優れているから。

Amazonは出品者に対し、商品の保管、包装、配送をワンパッケージで提供しており、他のECサイトではここまで充実した機能を提供していても、コストを比較するとAmazonの方が安い。

仮に自社で配送した所でも、これまたAmazonの安さには及ばないというわけです。

出品者を守る努力はしています。Amazon

このような出品者からの声も当然、Amazonには届いていることでしょう。

が、Amazonは一部の手数料を免除したり、ローン返済の猶予などで、出品者を守る努力を行っています。

今回の記事に触れ、あらためてAmazonの強さの理由がわかったのと楽天が物流に力入れる理由がほんの少しわかりました。

にしても、純国産の楽天に頑張ってもらいたいと思った次第です。

カテゴリー
IT業界

動画コンテンツでECが活況

動画サイトは数あれど

動画と言えば圧倒的な利用者数を誇るのがYouTube。ほぼ1強と言ってもいいのに、各社手を変え品を変え、この市場に参入しています。

例えばC Chanel。元LINEの社長が立ち上げた動画サービスですが、そもそもは女性向けの動画を数多く取り揃え、縦型動画として当時は話題を呼びました。

女性、スマホに特化してYouTubeとの差別化を図っているのだなと。

最近では、料理レシピ動画が人気なこともあり、この分野のコンテンツも、フェイスブック上でよく見かけます。

俯瞰したカットで、リズムよくサクサクと料理の工程を伝える演出は僕的には斬新に映り、自分でも簡単にできるのでは?と錯覚するほど。

で、ここに来て盛り上がりを見せているコンテンツと言えば、EC系。お買い物系のコンテンツにも導入しました。

通販

ECと言えば通販会社強しかと思いましたが

CSをたまーに除くと通販番組がどうしても目が止まってしまう。視聴者の心をくすぐる演出と、これはどういうこと?という疑問にさっと答える対応力。長年のノウハウの蓄積が活きた番組づくりとつくづく関心させられます。

ので、テレビの枠を超えて、スマホの世界にも参入すれば、もっと稼げるのになと。

既にスマホ展開済みという会社もあるかと思いますが、どちらかと言うと、非通販系会社がEC動画においては目につきます。

通販

俳優の山田孝之さんと新会社設立

話題となった山田孝之さんとトランスコスモス株式会社によるEC動画サービス会社。こちら非通販会社でありますが、動画という切り口で、ECに参入を果たしています。

しかも商材が斬新。人気芸能人とのコト消費を商材の中心に添えています。

具体的にはどんなコト消費を販売するのか、興味津津ですが、個人的には、芸能人と対戦型ゲームができるとか、マンツーマンの会話ができるとか、オリジナルソングを歌ってくれるとか、寸劇の相手になってくれるとか。まさにナマモノの商材をウリにできるわけです。

今後の広がりに期待が持てます。

通販

王者、メルカリもEC動画参入

動画サービス会社ではなく、EC会社による動画サービス参入も活発です。

スマホECでは、ほぼほぼ1強と思われるメルカリが、EC動画も取扱はじめました。

となると、一般消費者が、商品を解説するような動画がバンバン流れるんですしょうね。

この商品にまつわる私のエピソードやら、購入後にはこうして欲しい、あーして欲しい、値付けの理由とかなどなど。写真だけでは伝わらないストーリーを語ることで、より購買意欲を喚起させることは間違いないでしょう。

今後の展開が楽しみです。

[amazonjs asin=”4768305997″ locale=”JP” title=”ネット時代の動画活用講座”]
カテゴリー
新商品・サービス

ECショプの次の飯の種。システムの外注

ECショップは何気に凄い

楽天やら自社でECを運営する企業の場合、ネット周りのシステムはもちろん、必ずついて回るのが物流機能。両者がうまく回ることで商売が成立する訳ですが、これをワンパックにして外注化してしまうとういのが今回のお話。

本業がイマイチ伸び悩んだら、システムの販売に手をつけても良いかもしれません。

あのAmazonのクラウドサービスだって、既存のノウハウを外注化して成功していますし。

ECサイト

ネットとリアルの融合にもってこい

ECサイトを運営するロコンドが、このシステム丸ごと売りで成功を収めています。

ネットのEC機能をもちろんのこと、倉庫を拡充して、外注化に向けた体制を整備。

2015年春より在庫を持たない店舗販売を売りに様々な企業と契約を結んでいます。

まずはスキー用品で知られるアルペンの店舗約500店舗に導入。

店頭で商品を購入をすると翌日には自宅に納品されるというもの。

スキー用具など重い荷物を電車に揺られながら持ち運ぶのはしんどいですし、これは大変ありがたいサービスだと思います。

ECサイト

海外勢が積極的に活用

このサービス、利用企業の傾向としては日本に初上陸するような新興の海外企業に人気があるとか。

スペインのファストファッションMANGOは、ネットとリアルの融合に向けて、POSを含むロコンドのサービスを全面的に採用。

自社でこれらを全てやると、EC周りシステム開発はまだしも、倉庫用の用地を確保など何かと出費がかさむもの。

これがアウトソーシングできるというのですから、新興企業に人気があるというのも頷けます。

ECサイト

逆流もあるよ。百貨店向けサービス

本来は店舗に出かけて、目当ての商品を購入して、後日宅配という流れですが、ネットから店舗という流れも踏まえたサービスも展開。

ファション系はどうしてもサイズという問題があるため、試着してみないと購入はちょっとという声に応えたのでしょう。

ネットで試着注文をして、店舗でその洋服を試着。気に入らなければ、それでよし。気に入ればその場でタブレットの購入ボタンをポチッとするだけ。

店側もサンプルちょこっとタブレットのみの極小スペースの出店なので身軽に運営ができます。

レジを置く必要もないし、在庫を置いて置く必要もないのですから。

ECサイト

まとめ

ロコチョクは、ECの運営に加え、システム丸ごと売りで成功している企業とも言えるでしょう。

将来的には、ロコチェクに続けとばかりに様々な企業がこの商売に参入してくると思います。

EC企業の次のステップを見た気がします。

カテゴリー
物流業界

異業種参入で競争激化。中国物流

ECが爆発しているよ中国は

このブログでも過去に触れた中国のEC市場。

アリババが内陸部に商品の引き渡し店舗を作ったり、はたまた海外ブランドを取り扱うサービスを始めたりと、今のりに乗っています。

中国に進出する日本企業もまずはEC攻略とリアルはとりあえず置いといてという姿勢が鮮明です。

で、今回のお話は、海外品を取り扱う越境ECの物流。様々な企業が参入し、今後の市場の伸びが期待できます。

中国

まずは特区に納品

物流とは言っても日本から直接、中国のご家庭に荷物を運ぶというものだけでありません。

ある場所にとりあえず荷物を納めて、そこから各家庭に配送するという形態があります。

この保税区と呼ばれる場所に納めれば多少なりとも税負担が少なくなる。

中国政府が認めた特別区域なのです。

倉庫

直送型は日本郵政の独壇場

保税区納品の他にも、直接注文した人の所に荷物を届ける直送型があります。

こちらはほぼほぼ日本郵政の独壇場。

ただし、このサービス、個人間取引を対象としたもので、事業者が利用した場合は関税などの徴収がグレー

日本企業が日本郵政を使って荷物を運んでも、場合によっては高くついてしまう可能性もあって、利用するにはちょいと怖い。

物流の雄、日通動く

そんなグレーゾーンを知ってか知らずか、物流大手の日通は、アリババと業務提携を行い、通関手続きをサポートする体制を整えました。

しかも日本郵政よりも3割安い。アリババも越境ECに力を入れているので両者にとってメリットなる提携になったと思います。

今後、日本通運を使った直送型物流が増えていくのではないでしょうか。

倉庫

異業種も参入しはじめる

商品内容を事前申請すれば比較的安い税額となるEC通関

こちらのサービスを利用しようと真っ先に動いたのがANA

ECシステム会社と提携し、通関資料作成を連動させたシステムを構築。

越境ECサイトに商品を出品する企業がこのサイトに登録すれば、通関に必要な情報が中国に送られ、事前に審査を受けられる。

通関作業の負荷も軽減され、しかも税額も抑えられると良いことづくし。

こちのサービスもまた日本郵政よりも安いとか。

アリババ以外のECサイトに商品を出品する際は、このサービスは使えると思います。

切っても切れない物流

ECがここまで普及して感じるのは、物流網がいかに整備されているかだと思います。

僕がAmazon一択なのも商品到着が早いから。

今回取り上げたサービスは配送料の抑制が中心ですが、これらのサービスが浸透すると次はスピードが重視されてくると思います。

そう考えると日通が中国EC市場を抑えていくのかと感じた次第です。

カテゴリー
IT業界

日用品・食料品買いで使えるかも。ロハコ

Amazonだとね・・・

基本的にECサイトはAmazonしか使いませんが、万能Amazonでも時には不満な点も若干あります。

例えばシャンプやらティッシュ、洗剤、医療品などは到着が遅いことがママある点。

爆速の納品に慣れていると、どうもこの点が・・・。というのも、これら日用品はAmazonではなく、Amazonに出品している小売店経由が大半なんですよね。

ということもあり、Amazonばりのスピードは提供できない訳です。時には配送料も発生したりして、リアルで買った方が安いとなるわけです。

日用品に特化したECサイト、ロハコ

Yahoo!系列のECサイト、ロハコが、もしかしたら、この僕の不満を解消してくれるのでは?ということで、今回記事にまとめてみました。

そもそもはアスクルとYahoo!の共同運営のサービス。

ECサイトは大きく分けて商品を仕入れて売るAmazon型小売店が出店する楽天型に大別されますが、このロハコがAmazon型。

となると、金額にも寄りますが、注文の際に、「何?配送料が1000円だと?」と言った憤慨もなくなるかもしれません。

ロハコ

色々仕掛けるサービスの数々

ロハコの強みは仕入れ販売。各メーカーさんと共同でロハコ専用の商品を開発したり、異業種のメーカーを横断したまとめた販売などもしています。

例えばハロウィーン季節であれば、食品メーカーからはハロウィーン・パーティにピッタリな時短調味料製薬会社からはパーティに欠かせないウェットティッシュなどをまとめて販売するサービスなども展開できちゃいます。

他にも指定した期日に届く定期便まとめ割アウトレット試供品を販売するサンプル販売などなど、ECサイト中毒者にはたまらに企画が目白押し。

Amazonよりも魅力的に映ります。

ロハコ

メーカーと共同開発

そもそもこの特長的な試みは、各メーカーさんに集まっていただきネタを提供してもらう場を設けている点にあります。

各メーカーの担当が集まって、あるき企画に向けて自社ならば、こんな商品、この企画に向けて専用の商品をつくりましょうとか。

会議のネタ用に、ロハコ側ではECの購買情報をオープンにしている等、協力的な姿勢。これなら優れた企画で出て来るのも頷けます。

会議

まとめ

セブンイレブンが、セブンプレミアムで成功したように、ECの世界でも、サービス別のプライベート商品が将来的なトレンドにもなっていくんじゃないかなと思います。

ロハコなら安心、ロハコのモノはいい、ロハコならハズレがないなど・・・

と、まだロハコを使用したことのない僕ですが、今度利用してみたいと思います

カテゴリー
新興国ネタ

文春も真っ青。正義は我にあり。中国国営テレビ

社会問題にするどく切れこむ

業界内ではタブー視されているジャニーズ問題にするどく切れ込み、怖いもの知らずの文春。海を越えた中国でも、スポンサーというしがらみをものともせず、スクープを連発するメディアが知ってビックリ

こちらは、文春のようなゴシップネタではなく、企業の不正に鋭く切れ込んだもの。しかも影響力の高いテレビというメディアというのですから、いかに勇気のいる行動だとただただ関心されます。

レッドカード

主な標的は外資

このスクープネタ、世界消費者権利デーの3月15日に放送されるもので、3・15挽会という特番。

過去にはニコンが標的となり、品質問題を取り上げられ、日産も修理費を水増ししていると報道されちゃいました。加えて、あのアップルも標的となり、締めあげられた企業は、ただただ謝罪するのみ。

下手に反発しようものなら、袋叩きに会うのは目に見えているのでしょう。

今年の標的はECサイト

過去の例を見ると外資だたきという側面しかみられませんが、今年は国内のECサイトが標的に。

まず出前代行サイト。登録している店舗の厨房の写真が実際のものと異なっていると指摘されました。

他にも中古車取引代行サイトでは、仲介者が不正にピンパネをしている。

ネット

アリババは海賊品が横行している、レジューに不正がある、などなど名の通ったECサイトをバッサリと斬りまくり。

あまりの潔さに、やるじゃん、中国国営テレビと関心してしまいました。

けど、ここで指摘されている内容って、中国の人達も大半既に知っていて、それを折り込み済みで利用しているとは思うんですけどね・・

政府も応援しているECサイトなのに

で、ここで気になったのが、ECサイトを取り上げた点。中国は内需拡大の起爆剤にEC市場の普及を後押ししています。特に農村部の購買力向上にはなくてはならないインフラ。

パソコン

なのに、今回の報道は、そのインフラ普及に水をさす行為にも映ります。

うがった見方をすれば・・・

が、もしかしたら今回の報道も、国からの要請があったかもと思っちゃいますね。ネットに不慣れな人が、どんどんとECを利用するのはいいことだけど、不利益を被る人が増えることも確か。

ので、利用者への注意喚起と国もしっかり監視の目を光らせているから不正しては許さないわよというメッセージが込められているかもしれません。

そうすることで健全なECサイトの発展が期待できるのでしょう。

カテゴリー
新商品・サービス

身内の逆襲始まる?リッチレリバンス

EC業界の雄、amazonの強みとは

amazonの強さは、一言で言うのならパーソナリゼーション。ユーザーごとにおすすめの商品を紹介する例のアレ。「こんな商品も買っています」なんて言われると、ついつい買ってしまう。

amazon

優れているのは、ある分野だけ?

このパーソナリゼーションが優れているのはDVDや書籍の分野だけで、それ以外の分野では優れていないとリッチレリバンスのCEOはバッサリ。で、この方、元amazon出身で、しかもamazonの成長に大きく貢献していたと言うのだから、おだやかではない。

リッチレリバンス

リッチレリバンスの凄さとは

amazonのパーソナリゼーションをより進化させたのがリッチレリバンス。DVD、書籍に限らず、家庭用品なども含め、パーソナリゼーションを効かせている。ユーザがアクセスすると、ユーザに合わせて商品の内容・配置までも最適化されて表示されるという。

早速効果が出ている企業も。

リッチレリバンス自体は、ECサイトを持っておらず企業で運営しているECサイトに対し、サービスを提供しているっぽい。んで、米家庭用品、ウイリアムズ・ソノマでは、このサービスを導入したところ、ECがリアルを逆転。大きく売上を伸ばしたようです。

ウィリアムズ・ソノマ

amazon1強は不健康

amazonをやめ、このサービスを立ち上げたCEOいわく、今のamazon1強の市場はよろしくないと。フェアな市場環境を作るの、その思いを胸に起業したとか・・・。

楽天の三木谷社長とも親交があるようで、この先、楽天が導入する日も近いかも・・・。

日経ビジネス NO.1769