カテゴリー
新商品・サービス

国際規格という名の錦の御旗

勝てば官軍負ければ賊軍

日本の歴史を振り返ると天皇のお墨付きをもらえるかどうかが勝敗の分け目。織田信長にしろ明治維新にしてもそうだった(と思う。)

ビジネスの世界においても、この錦の御旗なるものが存在する。それが国際規格。

織田信長

国際規格とは

平たく言えば世界が認めた規格。世界的にある基準を持って、それを標準化することで商品やサービスを普及しやすくるというもの。

で、IEC(国際電気標準会議)、ITU(国際電気通信連合)、ISO(国際標準化機構)が、国際規格の代表格。日本の規格JISよりも上位に位置づけられている。

国際規格取りに失敗した非接触ICカード

おサイフケータイでなじみ深い「フェリカ」。非接触ICカードの規格として国際規格の取得を狙ったものの無念の結果に終わり、その座をオランダ・フィリップスや米モトローラが射止めた。

ソニー,フェリカ

国際規格を取得した日本の地デジ

デジタル放送の世界では、日本の地デジ方式が国際規格を取得。なので、日本方式の受信チップを搭載すれば、どの国でも、対応製品を製造できる。

地デジ

このように国際規格を取得できれば世界で商売できる機会が大きく広がる。けれど国際規格を取得できないと商売できる範囲もしぼんでしまう。

スポーツの世界にもある規格という名のルール。

スポーツの世界にも、国際規格的なものがあり、特にスキージャンプはその最たる例。日本人に不利な規格に改訂されて、往時の勢いを失っている感が否めない。

規格を制するのも大事だけど、規格を作る、定める側に食い込んだ方が、有利に事を進められる気がしてならない。

日経ビジネス NO.1776
カテゴリー
新商品・サービス

1点もの商品が低コストで実現?インダストリアル4.0

オーダー品は高いのよん

クルマで言えば、いわゆるカスタマイズと言われるもの。市販車の性能やデザインに納得が行かず、バンパーを変えたり、サスを変えたり、ECUをいじったり・・・。これらのカスタマイズを手がけると場合によっては車両本体よりも高くなるってことも・・・。

が、このカスタマイズが、車両購入時に標準車と変わらぬ値段で買える!に取り組んでいるというのが今回の話

業種混在の工場ライン

一般的に工場のラインは一業種というのは当たり前。クルマの生産工場であればクルマの部品がラインを流れている。けど、独シーメンスのラインでは化学用プラントの製品とクルマの製品が混在している。なのに、混乱をきたすことなく稼動しているとのこと。肝となるのがIoT

工場 ライン

IoTなら混在ラインもOK

業界が混在していても、各部品と生産ラインの機器が互いに情報をやりとりしている。なので、クルマの製品が流れてくれば、ある機器は、「こいつクルマの製品じゃん。俺には関係ないんで触らなでおこう」となる。

IoT

あまりにもざっくりですが、部品と機器が互いにコミュニケーションを図れることで、混在ラインを可能にしているんです。

ローコストでカスタマイズ

これが進化すると、標準品と変わらないコストで、カスタマイズできちゃう。クルマのオプションも高くつきますが、部品と機器間で情報のやり取りができれば、難しい話ではないわけです。

しかも急ぎのオーダーにも情報を書き換えるので、納期短縮にも大きく貢献。

インダストリアル4.0

蒸気による産業革命をインダストリアル1.0から、時を経て、ドイツでは、この取り組みをインダストリアル4.0と呼んでいるそうで、産官学一体となって取り組んでいるとのこと。

IoTは、ドイツに留まらず米GEや米インテルでも取り組みが進んでおり、近い将来、モノづくりのスタンダードになるのかしら。とにかく1点ものがお手ごろ価格で買えるのであれが、早く日本にも普及して欲しい。

日経ビジネス NO.1773