ワードプレスにアクセスできない。のでhttps化

気にもとめていなかったよ。httpss

昨日までアクセスできたブログなのに突然アクセス不能になりました。単なる通信エラーか何かと思いキャッシュクリアをしてみましたが、事態は変わらず。ブラウザを変更しても症状は一緒。

ググってみても、僕のようなトラブルに見舞われている人は皆無。自力で何とかせねばとなった訳です。

原因のおおよその見当はついていたので、まずはそいつから潰していこうと。それが、サイトのhttpss化。数年前までは、応募フォーム位にしか設定していなかったのに昨今では、全ページhttpss化にされており、ブラウザー側もhttpsサイトを閲覧できないようにしているようです。

httpss化

さすがエックスサーバー

僕が契約しているサーバー、エックスサーバーでは、https化を無償で対応していました。

やっすいレンタルサーバーですと有料の場合が多いのですが、これには大変助かりました。

設定も、サーバーのコントロールパネルからサクッとできたので紹介します。

https化の設定はSSL設定から

SSL設定を開くと、独自SSLの設定画面が開きます。

httpss化

ご覧の通り、SSLを設定していなので、設定数は0となっています。

httpss化

待つことで1分少々で完了

独自ssl設定の追加を選択。

httpss化

開いた画面の一番下の独自SSL設定を追加するをポチッとすればOK。SSL新規取得までに1分少々待たされますが、すぐに完了となります。

httpss化

完了画面がこちら。トラブルなく無事設定が完了しました。で、このSSLが反映されるまでに最大で1時間ほどかかりますので、しばらく待機

httpss化

無事、自分のサイトにアクセスできました

URL欄が、それまでのiのマークから、保護された通信に代わり、無事サイトにアクセスできるようになりました。

httpss化

ワードプレス側でも設定変更

で、常時httpssにアクセスできるように、ワードプレス側でも設定変更をします。

WordPressアドレス、それとサイトアドレスを、httpssに変更するだけどOKです。

httpss化

httpss化してみたものの

httpss化して、これでサイトの安全性にお墨付きをもらったわけですが、残念なんことに全て非表示状態。真っ白状態というのがちょいと気がかりです。

キャッシュのせいなのか、はたまたhttps化が全ページ追いついていないのか、定かではありませんが、早めの普及を切に願うばかりです。

毎年年末年始になると決まってブログ周りのトラブルが頻発。来年こそはトラブルに見舞われることなくスムーズにブログ更新できれば嬉しい限りです。