カテゴリー
Chrome

目障りなTwitterの自動通知をオフ

ついつい見てしまうTwitterの自動通知

Chromeを立ち上げると、右下にTwitterの自動通知が表示され、仕事そっちのけでツィートを読んでしまうという経験ありませんか?

最初こそ1-2件だったのに最近では5-6件表示され、一つ消したら代わりのツィートが表示され、エンドレス状態。

といった具合に、Chromeを立ち上げると決まってこの操作がついて回る。いいかげんにしてくれよということで、この自動通知機能をオフにしてやりました。

ツイッター自動通知

まずは「設定」を開く

まずChromeの右上にあるメニューから、設定を選択して、ずっと下にスクロール。

続いて「詳細設定」をクリックします。

ツイッター自動通知

プライバシーとセキュリティのコンテンツ設定をチェック

「プライバシーとセキュリティ」の項目の中にある「コンテンツ設定」をチェックします。

「コンテンツ設定」は下の方にいますので、下方向にスクロールしてください。

ツイッター自動通知ツイッター自動通知

「通知」を選択

コンテンツ設定の中の「通知」を選択。

ツイッター自動通知

Twitterを選択して「ブロック」

「通知」の「許可」の一覧を見るといました、Twitterが。

右端にあるパズルのようなピースをクリックして、ブロックを選択すればOK。

これでうっとおしい通知からも開放されます。

ツイッター自動通知

まとめ

この設定、おおよそ1分位で終わってしまいますので、僕のように自動通知でお困りでしたら、ぜひお試しください。

カテゴリー
Chrome

特定のサイトだけCookie情報を削除する方法

有料会員が反映されないPhotoAC

このブログでも大変お世話になている画像サイトのPhotoAC

有料会員だとまとめてダウンロードができたりしてとっても便利。年間で3000円位とリーズナブル。

PHOTOAC

しかも画像だけではく提携サイトも有料会員して使えるという太っ腹さ。

イラスト、シルエットイラスト、マップなどなど。

非常にコスパに優れたサービスとも言えます。

ところが提携サイトとも知らずに、イラストACを別IDで登録していたものだから、PhotoACのID、PWを入力しても「Cookie情報に問題あり」的なエラーメッセージが表示されて有料会員として認識してくれませんでした。

そこで、イラストACのCookie情報だけ削除してみたらPhotoAのID、PWを利用できるようになりました。

ここにその設定方法を紹介します。使用ブラウザはChromeです。

イラストAC

設定を開いて、詳細設定を開く

ブラウザの右はじにはある3つのドットをクリックして「設定」を選択。

「設定」画面を下にスクロールしていくと「詳細設定」というボタンがあるので、こちらを開く

Chrome

「コンテンツの設定」を開く

「コンテンツの設定」を開く

Chrome

「cookie」を開く

「Cookie」を開くを選択。

Chrome

「すべてのcookieとサイトデータを表示」を開く

「すべてのCookieとサイトデータを表示」を開きます。

Chrome

URLを入力

Cookie情報の入ったサイトが一覧で表示されます。この中から、イラストACを探すのは大変骨の折れる話。

ので、右上の検索フォームのところに、URLの頭文字だけ入力すれば、即座に当該サイトが表示されます。

ここまでが特定のサイトだけCookie情報を削除する方法です。

Chrome

全て削除は避けたい人には

最初は、Cookie情報を全て削除するとなると、他のサイトのID、PWも一から入力しなければならず、それは逆に大変と避けていました。

が、ググってみると一部だけでも削除可能ということを知り、早速試してみたら、いとも簡単に問題クリアになりました。

頑固なCookie情報

イラストACに限らず、過去に登録したCookie情報がとてつもなく頑固でなかなか先に進めないような問題に遭遇したら、ぜひとも試してみてください。

カテゴリー
Chrome

新規アカウントでChromeを作る方法

新規が作れない蟻地獄

仕事ではお客さんごとにアカウントを切り替えて使用しているChrome。本当に便利で大変助かっています。

が、ある時、新規のアカウントを作ろうと思ったらやり方がわからない。

思わぬ壁にぶつかり焦りましたが、やり方が見つかったので紹介します。

まずは設定から

Chromeの右端にある4本線のボタンをクリックし、設定を選択。

Chrome,新規アカウント

ログイン>Googleアカウントを切断を選択。

Chrome,新規アカウント

切断後に表示されるメッセージの履歴、ブックマーク、設定、このデバイスに保存されているその他のChromeデータを消去するはチェックをいれないでください。

今度はログイン

下記画面表示になるので、Chromeにログインをクリック

Chrome,新規アカウント

メールアカウント、パスワードを入力します。

Chrome,新規アカウント

入力後、データを統合しますけどいいですかという表示が出ます。このままログインするを選ぶと、アカウント別に管理していたブックマークが統合されてしまうので、新しいユーザーを作成を選択しました。

Chrome,新規アカウント

Chromeにログイン

新しいユーザーでChromeが立ち上がります。ユーザー1となっています。Chromeにログインをクリックし、先ほど入力したメルアドとキーワードを入力します。2度手間ですが・・・・

Chrome,新規アカウント

同期をしましょう。

ログインをしたら、Chromeの同期Googleサービスのカスタマイズが表示されるので、OKを選択。

これで完了です。

g08douki

これが何故必要か

この新規アカウントの作り方は、ある意味、Chromeの右端に表示されるアカウントデータと同期を目的としています。

アカウントさえ、同期できれば、会社の環境をそのまま自宅のpCで同じ環境を再現できる訳です。

ブックマークやら、パスワードなんかも。なので、SNSをやるにも、あらためてパスワードを入力する必要がない。

メモを取っておく手間もありません。

右端に表示できない悲劇

例えば右端のアカウントがユーザー1。で、Googleサービス、アナリティクスやアドワーズなんかはユーザー2でログインしている。てなると、大変面倒。

なので、これらのサービスを利用する再は、右端のアカウントと各種サービスのIDは揃えていた方があとあと面倒もありません。

やってみると非常に簡単。長く使っていると忘れてしまうものです。怖い話です。

カテゴリー
Chrome

「chromeランチャー」でアプリを追加。chromeを立ち上げることなくアプリが使えちゃう

chrome使いならランチャーがオススメ

Gmail、You Tube、スプレッドシート、Googleドキュメントなどのchromeアプリを頻繁に使う方にはランチャーがオススメ

左はじのアプリボタンをクリックして、使用アプリを選択という一連の作業がワンクリックできちゃいます。

chrome,アプリ追加

アプリの選択

chrome,アプリ追加

ランチャー入手でタスクバーからスタート

ランチャーを入手したら迷わずタスクバーに入れましょう。

chrome,アプリ追加

クリックして、追加したアプリを検索フォームの所に入力。写真はGooglePhotosを選択しています。

chromeに追加を選択。

chrome,アプリ追加

追加されました。

chrome,アプリ追加

アカウント別にアプリを切り替え

ランチャー上ではアプリの切り替えも行えます。右はじのボタンをクリックすると登録アカウントの一覧が表示されます。

chrome,アプリ追加

アカウントAの表示画面

chrome,アプリ追加

アカウントBの表示画面。さきほど表示されるアプリが異なります。

chrome,アプリ追加

chromeを立ちあげなくてもOK

ランチャーであればchromeをわざわざ開く作業も省けますし、アプリもランチャーボタンをクリックするのみ

物凄く作業が短縮されます。

カテゴリー
Chrome

Chromeの表示フォントがボールドになってる・・・

Chrome表示フォントが改変?

Chromeを立ち上げると、タブ表示、ブックマーク、はては検索窓に入力した文字全てに違和感ありあり。

全体的にフォントが太くなっています。ワードで言う所のBですね。が、これがとてつもなく見難いので、以前の表示フォントに変更しました。

chrome_font

プロパティをいじるだけの簡単操作。

このぼくんちのTV別館サイトを参考に試してみました。

Chromeのプロパティを開き、リンク先の欄に下記を足すだけです。

リンク先表示がこちら

“C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe”

chrome_font

で、末尾にこちらを追加>–disable-directwrite-for-ui 

冒頭に半角を開けないと適用されませんので、注意ください。

賞味5分でサクッと元通り

表示フォントがボールドから変更されました。見やすい!!。

chrome_font
カテゴリー
Chrome

フリー画像をGoogleで検索できちゃう

写真選びが面倒

ブログをやっていると結構写真選びに時間がかかります。フリーの画像サイトも使いまわしていると、どんどんネタがつき、どうしたものかと悩んでいた時に、この記事を発見。早速試してみました。

参考記事 f商用利用OKのフリー写真素材をGoogle画像検索で探す方法

photoac

検索オプションをチェック

右上の歯車マークをクリックして、検索オプションを選択

chrome_検索_設定

ライセンス欄をチェック

ライセンス欄はデフォルトでは「ライセンスでフィルタリングしない」となっているので、「営利目的を含め自由に使用、共有、変更」に変更。

chrome 画像 検索

再び検索。

ライセンスフリー画像のみ表示されます。で、表示されたサイトを調べて、本当にライセンスフリーかを確認。OKであれば使用します。

chrome 検索 chrome 検索 chrome 検索 設定

これで、枯渇気味だった写真素材も何とかできそう。

カテゴリー
Chrome

chromeのアカウントを使いブクマをさくさく切り替え

会社と自宅でサクサク切り替え

会社にいながらにして、自宅のブックマークを見たりあるいはその逆というのがよくあります。Chromeなら簡単にアカウントを切り替えるだけでできちゃう。パスワードも管理しているので、かなり便利です。

Chromeの右端にある3本線をクリック

このマークをクリックして、新しいユーザーを選択

google01

顔写真を作成

顔写真とユーザー名を選択

sgoogle02 google02_1

顔写真が左頭に出現

ユーザーを選択すると左頭に写真が表示されます。で、このようにアカウントを登録すれば、ユーザーごとに顔写真が表示され、これを切り替えるだけでOKです。実に簡単です。

google03 google04

仕事用ならプレゼンごとにアカウントを立ててみるのもいいですね。