働き方

働き方

最低賃金、過去最大の引き上げでもまっとうな生活には程遠い?

過去最高の引き上げ31円 2022年度の最低賃金の目安は全国平均で961円。前年度から31円アップとなりました。前年が28円を大きく上回る過去最高値となりました。 こちらの金額、主幹省庁の厚労省の話によれば、物価高に賃金が反映...
働き方

コロナ感染対策。不都合な真実

ノーマスクの米国の方が感染者少ないの? 爆発的な伸びを示すコロナ感染者数ですが、この数世界的に見ても突出しているとのこと。 7/24時点の7日移動平均では、米国の約12万に対し、日本のそれは15万人。人口100万人当たりで見る...
働き方

50代は惰性では済まされない。働き方の変化

昔は逃げ切りシステムというのがあったみたい バブル前の遠い昔のお話。当時の50代と言えば、高給をもらいながら定年までの10年間を会社に居残るといのが一般的でした。 20代、30代と給与は働き具合に比べ給与は安く抑えられていまし...
働き方

これまでとは異なる出世コース。急がば回れとはよく言ったものだ

ANA社長は元子会社出身だと 今でこそ当たり前となった格安航空サービスLCC。それを国内で初めて導入したが現在のANA社長だとか。 遡ること2008年、まだLCCが日本に導入されていない時代に、将来的にANAの驚異になることは...
働き方

在宅勤務の方がむしろしんどいかも。

コロナ禍ですっかり定着、在宅勤務 あのNTTが在宅勤務に完全に振り切ったというニュースを知り、思い切ったなというのが正直な感想。 企業によっては生産性が著しく落ちるとのことで、出社に切り替えたという所もあるくらい。 在宅...
働き方

いろいろな事が重なって氷河期時代はできたのね

遠因はドイツ統一。一気にグローバル化が加速 ベルリンの壁が崩壊し、東西のドイツが統一。茶の間のテレビでこのニュースに触れ、これで東ドイツの国民も救われると喜ばしく感じましたが、その後、自分の就職にも影響にするとはつゆにも思いませんで...
働き方

どうなる日本のエリート集団。中央省庁に人が集まらない

高嶺の花子さんだった、国家公務員 今から数十年前であれば、国家公務員志望と聞くと、羨望の眼差しで見られていました。そもそも国家公務員は学校の中でもエリート中のエリート。選ばし者しか入れない狭き門でした。 自分も学があれば国家公...
働き方

今も続く氷河期時代のツケ

全世代が40代超え 氷河期世代とは一般的に1993年-2004年に学校を卒業した人達を指すようで、辛酸を嘗めた世代。 数百社にも及ぶエントリーシートを書いたのにどこからも内定を得ることができず、アルバイトやパート、契約社員など...
働き方

本当の意味での働き方改革。週休3日制?

心身共にタフだったよ昔の人は。週休1日制 社会人になって20年近くになりますが、金曜日の夜のウキウキぶりは今も昔も変わりません。土曜日に目を覚ましても、明日も休みということにホッとし、土日疲れとを取り、翌週に臨む。 このサイク...
働き方

デジタル人材化に向けて取り組み進む。DXと言っても人がいないと始まらない

デジタル人材の育成に向けて手厚い研修プログラムの実施が大企業を中心に行われています。これまでのパソコンは苦手で・・・といのうのが通用しない世の中になりそうな感じがしてなりません。
タイトルとURLをコピーしました