カテゴリー
Adsense

AdSenseから違反ですよの通知であたふた

まさか違反通知を受けるとは?

ある日、Gmailを見ていたらAdSenseから運用ポリシーに違反しているとの通知を発見。

基本的にAdSense任せの自動広告設定にしているので、何かの間違いでは?と思いました。

1ページあたりの広告表示数もちゃんと守られていますし・・・

理由はアダルトコンテンツだと

早速、AdSenseの管理画面を開き確認してみると、サイト全体ではなくあるコンテンツがペケだよとのこと。

サイト全体の改修に至らず少しホッとしました。

では、何を理由に違反なってしまったのか。該当するコンテツは2本。共に共通しているのが映画のレビューコンテンツと言うことと、内容がちょいと大人向けという点。

AdSenseからの通知はアダルトが過ぎますよとのこと。

2本とも公開してから2年以上が経過しているのに、何を今更とは思いましたが、規則がより厳しくなったのでしょう。

AdSense,違反

親切にも改善方法がいくつも

AdSenseの管理画面上には親切にも、いくつかの改善方法が提示されています。

コンテンツを修正して再度審査を受けるかそのページへの広告配信を停止するというもの。

で、僕が選んだのは後者。

AdWordsではアダルト、暴力、宗教的内容などへの掲載はしないという選択肢があります。コンテンツ内容を変え仮に審査を通っても、広告があまり集まらないのではと広告廃止を停止することとしました。

AdSense,違反

広告配信リクエストを停止

広告配信の手続きはAdSenseの管理画面上で行えます。

まず自動広告を選択

AdSense,違反

新しいURLグループを選択

新しいURLグループを選択

AdSense,違反

URLをコピペ

入力欄に、違反コンテツのURLをコピペ

AdSense,違反

一旦、保存

AdSense,違反

URLのチェックボックスが入った状態で次へをクリック

AdSense,違反

設定を全てOFFに

広告配信の設定を全てOFFにすれば完了です。

AdSense,違反

ちなみに違反コンテンツがこちら

ちなみに違反となった広告はこちら。言葉もかなり気をつけつもりでしたが、駄目でした。

他にもアダルトコンテンツと取られるようなコンテンツもあり、戦々恐々です。

[blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/sanpa_01″] [blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/furin050816″]
カテゴリー
Chrome

目障りなTwitterの自動通知をオフ

ついつい見てしまうTwitterの自動通知

Chromeを立ち上げると、右下にTwitterの自動通知が表示され、仕事そっちのけでツィートを読んでしまうという経験ありませんか?

最初こそ1-2件だったのに最近では5-6件表示され、一つ消したら代わりのツィートが表示され、エンドレス状態。

といった具合に、Chromeを立ち上げると決まってこの操作がついて回る。いいかげんにしてくれよということで、この自動通知機能をオフにしてやりました。

ツイッター自動通知

まずは「設定」を開く

まずChromeの右上にあるメニューから、設定を選択して、ずっと下にスクロール。

続いて「詳細設定」をクリックします。

ツイッター自動通知

プライバシーとセキュリティのコンテンツ設定をチェック

「プライバシーとセキュリティ」の項目の中にある「コンテンツ設定」をチェックします。

「コンテンツ設定」は下の方にいますので、下方向にスクロールしてください。

ツイッター自動通知ツイッター自動通知

「通知」を選択

コンテンツ設定の中の「通知」を選択。

ツイッター自動通知

Twitterを選択して「ブロック」

「通知」の「許可」の一覧を見るといました、Twitterが。

右端にあるパズルのようなピースをクリックして、ブロックを選択すればOK。

これでうっとおしい通知からも開放されます。

ツイッター自動通知

まとめ

この設定、おおよそ1分位で終わってしまいますので、僕のように自動通知でお困りでしたら、ぜひお試しください。

カテゴリー
Chrome

特定のサイトだけCookie情報を削除する方法

有料会員が反映されないPhotoAC

このブログでも大変お世話になている画像サイトのPhotoAC

有料会員だとまとめてダウンロードができたりしてとっても便利。年間で3000円位とリーズナブル。

PHOTOAC

しかも画像だけではく提携サイトも有料会員して使えるという太っ腹さ。

イラスト、シルエットイラスト、マップなどなど。

非常にコスパに優れたサービスとも言えます。

ところが提携サイトとも知らずに、イラストACを別IDで登録していたものだから、PhotoACのID、PWを入力しても「Cookie情報に問題あり」的なエラーメッセージが表示されて有料会員として認識してくれませんでした。

そこで、イラストACのCookie情報だけ削除してみたらPhotoAのID、PWを利用できるようになりました。

ここにその設定方法を紹介します。使用ブラウザはChromeです。

イラストAC

設定を開いて、詳細設定を開く

ブラウザの右はじにはある3つのドットをクリックして「設定」を選択。

「設定」画面を下にスクロールしていくと「詳細設定」というボタンがあるので、こちらを開く

Chrome

「コンテンツの設定」を開く

「コンテンツの設定」を開く

Chrome

「cookie」を開く

「Cookie」を開くを選択。

Chrome

「すべてのcookieとサイトデータを表示」を開く

「すべてのCookieとサイトデータを表示」を開きます。

Chrome

URLを入力

Cookie情報の入ったサイトが一覧で表示されます。この中から、イラストACを探すのは大変骨の折れる話。

ので、右上の検索フォームのところに、URLの頭文字だけ入力すれば、即座に当該サイトが表示されます。

ここまでが特定のサイトだけCookie情報を削除する方法です。

Chrome

全て削除は避けたい人には

最初は、Cookie情報を全て削除するとなると、他のサイトのID、PWも一から入力しなければならず、それは逆に大変と避けていました。

が、ググってみると一部だけでも削除可能ということを知り、早速試してみたら、いとも簡単に問題クリアになりました。

頑固なCookie情報

イラストACに限らず、過去に登録したCookie情報がとてつもなく頑固でなかなか先に進めないような問題に遭遇したら、ぜひとも試してみてください。

カテゴリー
GoogleAnalytics

自分のスマホアクセス除外。Google Analytics

スマホからのアクセスを除外したい

「えっ、この前更新したばかりの記事にアクセスが集中している」で喜んだものの、Google Analyticsで見たら、その全てが自分だった経験はありませんか?

スマホやWi-Fiルーターの場合、IPがアクセスするごとに変わるのでPCのように簡単に除外できません。

なので、IPによる除外ではなくCookieによる除外で、自分のアクセスを除外することにしました。

gtag(グローバルタグ)の確認

今回紹介する設定は、トラッキングコードがgtag(グローバルタグ)という最新のものを扱います。

ちなみにgtag(グローバルタグ)とは・・・

グローバル サイトタグ(gtag.js)は、AdWords、アナリティクス、DoubleClick にイベントデータを送信できるタグ設定フレームワークおよび API です。サービスごとに複数のタグを管理するよりも、gtag.js を使用することをおすすめします。そうすることで、最新のトラッキング機能と統合からより簡単にメリットを得ることができます。
p

gtag

gtagと書かれているので、自分がgtagかどうかすぐに確認できます。

カスタムディメンションの設定

「プロパティ」>「Ddカスタム定義」>「カスタムディメンション」の順

カスタムディメンション

「新しいカスタムディメンション」をクリック

カスタムディメンション

名前は適当にお好きな名前を、範囲ユーザーを選択。

最後に作成をクリックして、カスタムディメンションは完了です。

カスタムディメンション

完了後に表示される画面がこちら。

カスタムディメンション

写真ではdimension1と表示されていますが、既に他でカスタムディメンションを設定していると、こちらがdimension2、dimension3となります。

こちらのdimension◯はhtmlファイル作成時にひつようなので、メモでもして残してください。

最後に「完了」ボタンを押すと登録完了です。

カスタムディメンション

フィルターの設定

「ビュー」>「フィルター」>「フィルターの追加」でCookie除外のフィルターを作成します。

ビュー設定

フィルタ名は適当な名前を。フィルタの種類カスタムを選択、フィルタフィールドで、先程作成したカスタムディメンションのルーター除外を選択します。

ビュー設定ビュー設定

htmlファイルの作成

スマホ、Wi-Fiルーターの除外方法は、これから作成するページにアクセスして、そのページを閲覧した人のアクセスは除外するというもの。

その情報がCookieに残り、そのCookieを持っていると向こう2年間アクセスがカウントされません。

下記、HTMLファイルのコードです。

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="robots" content="NOINDEX,NOFOLLOW">
<title>ルーター除外</title>
<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics
1.「UA-*******-*」を自分のGoogleアナリティクスのトラッキングIDに書き換えます。
2.「dimension1」を自分のカスタムディメンション番号に書き換えます。-->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-*******-*"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-*******-*', {
  'custom_map': {'dimension1': 'exclusion'},
  'exclusion': 'Yes'
});
</script>

</head>
<body>
<p>ルーターからのアクセスを除外</p>
<p>スマホでよく使用するブラウザでこちらのページにアクセスすれば除外される。</p>
</body>
</html>

このHTMLをftpを使って、第一階層にいれます。

除外HTML

URLはこのようになります。

除外HTML

リアルタイムでは計測されますが・・・

こちらの設定、1-2時間後には反映されると言われています。僕の場合は、翌日チェックしたら確かに自分のアクセスが除外されていました。

ちなみに、リアルタイムでは計測されるようなのでご注意ください。

カテゴリー
Adwords

MCCにアカウントを追加。AdWords

複数アカウントの管理に最適

AdWordsで複数のアカウントを管理するのに便利なのが、MCC(クライアントセンターアカウント)。一覧で現状進行中のキャンペーンを確認できます。

ので、アカウント別に管理画面を見に行くという面倒な作業も必要ありません。

なので、新しくアカウントを作った際は、同時にMCC(クライアントセンターアカウント)にも登録することにしていました。

で、既に走らせているキャンペーンを登録しようとしましたが、やり方をすっかり忘れてしまい四苦八苦。

しかもAdWordsが新しい管理画面に移行したものだから、なおのことわかりずらい。

Googleに問い合わせて手とり足取りを教えていだき、何とか無事登録に成功。

備忘録を兼ねて、登録方法をまとめました。

まずはMCC管理画面から始める

MCCの左画面にメニューがズラッと並んでいます。その中のアカウントを選択して、上部にある管理をクリックします。

mcc登録

新規アカウントを追加

管理画面を開いたら、左上の+(プラス)をクリック

mcc登録

既存アカウントをリンクを選択

+(プラス)をクリックすると、新しいアカウントの作成、既存のアカウントの2択を迫られるので、既存のアカウントをリンクを選択。

mcc登録

お客様IDをコピペ

既存のアカウントをリンクを選択すると、お客様IDを入力するフォームが表示されるので、そこに登録したいアカウントのお客様ID、10ケタの番号ですね。こちらをコピペします。

その後、フォームの下にある招待状を送信をクリック。 mcc登録

登録したいアカウントに移る

今までは、MCCの管理画面のお話。

ここからは登録させたいアカウントでの設定作業になります。

右上にある歯車をクリックして、アカウントのアクセス権をクリック

mcc登録

MCCをクリック

アカウントのアクセス権画面を開き、MCCを選択。すると、先程のMCC側で設定した招待状が届いています。

リンクのリクエストの同意ボタンをクリック。

mcc登録

再びMCCへ

同意ボタンを押したことで、MCC上でも、このアカウントが表示されるようになります。

再びMCCに戻り、アカウトをチェックすると、先程、同意ボタンをクリックしたアカウントが追加されています。

mcc登録

登録前と表示が変わらない場合は、リロードするか、ブラウザーを一旦閉じたりしてみてください。

僕の場合は、F5でリロードしたら表示されました。

ちなみに、僕の場合は、AdWordsで運用していたものの、AdWords Expressと認識され、修正することもできず、Googleに連絡して直してもらいました。

このアカウントを運用する時に誤って、AdWordsExpressで登録したものが残っていたようです。

こんな凡ミスがなければ、正しくAdWordsアカウントとして認識してくれると思います。

カテゴリー
Adwords

AdWordsのあるキャンペーンだけにリマーケティングを設定する方法

リマーケティングとは

サイトに訪問してくれた人に対して、継続して広告を露出してくれるあのサービスのことを指します。

例えば楽天なんかは、その最たる例です。

一度楽天サイトに訪れたが最後、地の果てまでばりに行く先ざきまで追いかけてきます。

これをリマーケティングと呼んでいます。

あるキャンペーンだけにリマーケティングを打ちたい

このリマーケティングを例えば検索広告で訪れた人だけに打ちたい、あるいはディスプレイ広告で訪れた人だけに打ちたい。

あるキャンペーンを育てたいという時には有効ですね。

この設定、Google Analyticsでアカウントを登録していればカンタンに設定できます。

管理→プロパティ

管理を開きプロパティ列のユーザーリストを開きます。

AdWords,リマーケティング

新しいユーザーリストを作成

ユーザーリストが開いたら、赤いボタンの新しいユーザーリストをクリック

AdWords,リマーケティング

移行先のアカウントを選択

ビューはすべてのウェブサイトのデータとし、移行先のアカウントでAdWordsを選択します。

AdWords,リマーケティング

ユーザーリストで新規作成を選択

ユーザーリストで、新規作成をクリック

AdWords,リマーケティング

ユーザーリストの作成ツールが開きます。

左側メニューの中から条件を選択し、キャンペーンを選ぶと、プルダウンメニューで展開中のAdWordsキャンペーンが表示されます。

AdWords,リマーケティング

ユーザーリストの定義

ユーザーリストを定義の画面になりますので保存を選択します。

ここまでがGoogle Analyticsでの設定になります。

AdWords,リマーケティング

続いてAdWordsの設定です。

AdWordsを開き、右上の設定マークを開き、リンクされたアカウントを選択します。

AdWords,リマーケティング

リンクされたアカウント

GoogleAnalyticsの詳細を表示をクリックします。

AdWords,リマーケティング

リマーケティングをクリック

一番右側のリマーケティングリマーケティングの管理をクリックします。

AdWords,リマーケティング

これで完了

最後にリマーケティングリストを見ると設定したリストが表示されます。

こちらで完了です。 AdWords,リマーケティング

まとめ

例えば関心度の高い検索広告だけにこのユーザーリストを設定し、継続して広告を露出させることも考えられますね。

検索広告になるので、ディスプレイに比べると露出する幅は狭いですが、ホットな客を掴めるので効率は良いと思います。

漫然とリマーケティングをやるのもいいですが、何か意図的にキャンペーンで絞って展開するのも面白いかと思います。

これをきっかけに様々なユーザーリストを作って、それぞれのキャンペーンの結果を見ていきたいと思います。

カテゴリー
Adwords

Google*Google Servicesとは一体何?

見に覚えのない請求に戦慄

家計簿アプリZaimにカード会社からの請求を読み込む設定にしています。

Amazonやら、携帯電話代やら、光熱費やら、いつも見覚えのある項目が一覧で表示されるのですが、1点だけ、何故かGoogleからの請求が含まれていました。

全く身に覚えがない請求だったので、一瞬頭が真っ白なり、真っ先に浮かんだのkが乗っ取り。

とうとう僕も被害者になったかと暗い気持ちになりましたよ。

Google,請求,身に覚えない

Google Playが乗っ取られたかも

早速、乗っ取られたGooglePLAYをチェック。

アカウント情報から購入履歴を調べましたが、このアカウントでのご注文はありませんとのこと。

とりあえず乗っ取りされていないことを確認できて一安心。

ネットでも色々と調べると、乗っ取られた方が結講いるようで、アカウント2段階認証設定は絶対にしておくようにと強く推していたので、これを機に2段階認証を設定しました。

Google,請求,身に覚えないGoogle,請求,身に覚えない

Googleウォレットにも相談

じゃ、このGoogle*Google Servicesは一体何?

ということで、Googleウォレットのお客様相談窓口的な所に連絡。

すると、100%言い切れませんが、Googleが提供する何らかのサービスを利用したらからとの回答。

とは言っても、色々ありますし、に対して、お兄さんはアドワーズの可能性が高いとヒントをくれ、思い当たる件が頭をよぎったのです。

Google AdWordsと判明

このカードを使って支払ったアカウントはありましたが、既に広告の出向期間は過ぎ、しかも支払った期日は終了してから2週間近くも経っている。

ので、当初はこのアカウントではないと思っていましたが、今一度確認してみると何と自動支払い設定に。犯人はコヤツだったのです。

広告の出稿期間が過ぎても、自動支払設定は生きているのです。怖っ

急ぎ手動に切り替えようとしましたが、これ一度自動に設定するとカンタンに変えられません。

自動から手動への切替はアナログ

マジか、Googleと思いましたが、これアドワーズのヘルプに連絡して、申請しないとダメなんです。

しかも手続きがまた面倒で、電話で連絡して、本人確認のため、Google側からメールをもらい、それを返信。

するとGoogle側からまた連絡が入り、手動に切り替えられる設定にしましたと。

そこはGoogle側ではなく、あくまでも客の方でやってねという話なんですね。

と言うわけで、自動振込分のお金は手元に帰ってこず損を被りましたが、乗っ取りされていなかっただけでも良かったです。

カテゴリー
Googleフォト

GooglePhoto画像共有の仕方

共有したい画像を選択

GooglePhotoを開き、まず共有したい画像を選択します。

写真の左上にマウスを合わせるとチェックマークが表示されます。

Ctrlを押しながらドラッグすると複数枚選択できます。

写真では12枚選択された状態。

GooglePhoto,共有

共有アルバムの作成

画像選択後に表示されるウィンドウ内の新規共有アルバムを選択。

GooglePhoto,共有

右上に表示される共有ボタンをクリックします。

GooglePhoto,共有

共有用URLの生成

共有ウィンドウが表示されるので、URLをコピー

GooglePhoto,共有

共有したいお友達に向けて、共有用URLを送信します。

GooglePhoto,共有

共有先のお友達画面

続いては共有メールを受けたお友達側のお話です。

GooglePhotoを開き、共有を開き、参加をクリック。

GooglePhoto,共有

お友達が追加されました。

GooglePhoto,共有

共有画像をライブラリーに追加

共有された画像をライブラリーに追加します。

右上の雲マークをクリックすればOKです。

GooglePhoto,共有

共有アルバム継続しておく

このように簡単に、GooglePhoto間では簡単に写真の共有ができます。学校のお友達、家族、恋人、仕事の仲間と共有アルバムを一つ持っておけば、そこに写真を追加さえすれば、簡単に写真を共有でできます。

一番ポピュラーはLINEか

それまでの写真交換はLINEを通じてが多かったですが、なんか写真が圧縮されているようで、それがどうも気になって・・・

てな訳で最近では、もっぱらGooglePhotoを愛用しています。

友人には強くGooglePhotoを進め、写真共有しやい環境を作っています。

カテゴリー
Chrome

新規アカウントでChromeを作る方法

新規が作れない蟻地獄

仕事ではお客さんごとにアカウントを切り替えて使用しているChrome。本当に便利で大変助かっています。

が、ある時、新規のアカウントを作ろうと思ったらやり方がわからない。

思わぬ壁にぶつかり焦りましたが、やり方が見つかったので紹介します。

まずは設定から

Chromeの右端にある4本線のボタンをクリックし、設定を選択。

Chrome,新規アカウント

ログイン>Googleアカウントを切断を選択。

Chrome,新規アカウント

切断後に表示されるメッセージの履歴、ブックマーク、設定、このデバイスに保存されているその他のChromeデータを消去するはチェックをいれないでください。

今度はログイン

下記画面表示になるので、Chromeにログインをクリック

Chrome,新規アカウント

メールアカウント、パスワードを入力します。

Chrome,新規アカウント

入力後、データを統合しますけどいいですかという表示が出ます。このままログインするを選ぶと、アカウント別に管理していたブックマークが統合されてしまうので、新しいユーザーを作成を選択しました。

Chrome,新規アカウント

Chromeにログイン

新しいユーザーでChromeが立ち上がります。ユーザー1となっています。Chromeにログインをクリックし、先ほど入力したメルアドとキーワードを入力します。2度手間ですが・・・・

Chrome,新規アカウント

同期をしましょう。

ログインをしたら、Chromeの同期Googleサービスのカスタマイズが表示されるので、OKを選択。

これで完了です。

g08douki

これが何故必要か

この新規アカウントの作り方は、ある意味、Chromeの右端に表示されるアカウントデータと同期を目的としています。

アカウントさえ、同期できれば、会社の環境をそのまま自宅のpCで同じ環境を再現できる訳です。

ブックマークやら、パスワードなんかも。なので、SNSをやるにも、あらためてパスワードを入力する必要がない。

メモを取っておく手間もありません。

右端に表示できない悲劇

例えば右端のアカウントがユーザー1。で、Googleサービス、アナリティクスやアドワーズなんかはユーザー2でログインしている。てなると、大変面倒。

なので、これらのサービスを利用する再は、右端のアカウントと各種サービスのIDは揃えていた方があとあと面倒もありません。

やってみると非常に簡単。長く使っていると忘れてしまうものです。怖い話です。

カテゴリー
Googleフォト

Googleフォト|アルバム機能のアレコレ

データの取り込み

Googleフォトを開いた状態で、画像をドラッグするだけです。

アップロード完了後、左隅に取り込んだ画像が表示されます。

Googleフォト

アルバムに追加を選択。

gp02

アルバムの作成

新規の場合、新しいアルバムを選択。既にあるアルバムに追加する場合は、表示されているアルバムを選択すればOKです。

Googleフォト

今回は新規アルバムを選択します。

すると取り込んだ画像が一覧化されたアルバムが表示され、無題部分にタイトルを入力します。

Googleフォト

写真の入替え

写真の順番が気に入らない場合は、並べ替えもできます。

右上のボタンをクリックすると、ヘッダーがブルーの帯に切り替わります。

Googleフォト

これで入替えができます。

Googleフォト

画像の上にマウスオンすると、左隅にバツマークが表示されます。この表示状態でドラッグすると画像が動きます。

猫の寝そべっている画像が左頭に移動しました。

カバー写真の変更

アルバムページで管理されている写真は、それぞれにカバー写真とタイトル、アルバム内の写真枚数が表示されます。

Googleフォト

このカバー写真も自由に変更できます。

カバー写真にしたい写真を選択し、アルバムカバーに設定を選択。

Googleフォト

このようにしてカバー写真を変更できます。

Googleフォト

アルバム内の余計な写真を削除

誤って、アルバムとは関係のない写真も簡単に削除できます。

アルバムを表示して、右上のボタンをクリック。ヘッダーがブルーの帯に変わります。

削除したい画像にマウスをオンして、右上のバツマークをクリックすればOK。

Googleフォト

犬の写真が削除されました。

Googleフォト

アルバムに写真を追加したい。

該当のアルバムページを開き、右上のプラス(+)ボタンをクリック。ブルー帯に変更されたら、今度は写真アイコンをクリック。同じ場所のマークです。

フォトぺージに移行し、該当写真にはチェックが入っています。

Googleフォト

この中から、追加したい画像をクリックすればOK

Googleフォト

アルバム自体を削除

自動でアルバム化されたり、同じアルバムがいくつも作られたりした場合などはアルバム自体を削除するのも一つの手。

アルバムを選択して、右上のボタンをクリックし、アルバムを削除を選択すればOK。

Googleフォト

アルバム自体は削除されても、個々の写真は削除されませんので、ご安心ください。