カテゴリー
イラストレーター

イラストレーターのシンボルをリンク設定として使い倒す

フォトショップ、インデザインには重宝するリンク設定

後先の事を考えて修正しやすいようにデータを作る。例えば同デザインのアイコンがいくつも点在する場合はリンク設定は重宝しています。

昔は、アイコンデータをEPSファイルにして、直しが入れば元データを編集するだけでOK。一括して全てのアイコンが変更されます。

けど、最近ではシンボルをリンク設定代わりに使用することを知り、早速試してみました。

結論がら言えば半端なく作業が捗る。てなわけで、そのやり方を備忘録を兼ねて紹介します。

シンボルを開く

写真の上に載せたイチ押しマークの色を一括で変更します。

まずシンボルのウィンドウを開きます。

ai,シンボル ai,シンボル

アイコンをドラッグ

このウインドウめがけて、アイコンをドラッグ。

ai,シンボル

ドラッグ後、ダブルクリック

ドラッグしたアイコンをダブルクリック

すると、真っ白な画面の中にポツンとアイコンだけが表示されます。

表示されたアイコンを選択

ai,シンボル

色を変える

赤色から茶色に色を変えてみました。

ai,シンボル

するとイチ押しマークの色全てが茶色に変わります。

もちろん文字の変更にも対応します。

ai,シンボル

連チャン直しもこれでサクッと

同じデザインの素材を多用する場合はシンボルを使う方が直しにかかる時間も大幅に短縮できますし、おすすめです。

ぜひお試しください。

カテゴリー
イラストレーター

イラストレーターで帯、文字白抜きのアイコンをアピアランスで作る

初期状態

イラストレーターでテキストを入力。そのテキストを下記のように選択した状態でアピアランスを表示。

入力した文字が「文字」と表示されます。

ai,アピアランス

これがテキストのデータになります。

塗りを追加する

アピアランスウィドウの右角のメニューから「塗り」を追加します。

文字の上に「塗り(ブルー)」が追加されました。

ai,アピアランス

塗りを移動して帯を作ります

「テキスト」より、下に「塗り」を移動させ、上部メニューの効果を選択。

形状に変換→長方形の順で選択します。

ai,アピアランス

プレビューで確認

文字の下にブルーの帯が追加されました。

幅、高さはプレビューを見ながら調整できます。

ai,アピアランス

文字をセンターに

文字の位置が帯の天地方向に対し、やや上にいて上下の空きが均等になっていません。

これを文字パレットで高さ調整します。

センターに来ましたね。

ai,アピアランス

設定を保存して使い回し

せっかく作った帯データを保存すれば何度も使いまわしができます。

操作は簡単。グラフィックスタイルにドラッグするだけです。

ai,アピアランス

再利用法の仕方

テキストを選択した状態で、グラフィックスタイルパネルを開き、帯データをクリックするだけ。色登録などと一緒です。

文字を白抜きにすれば出来上がりです。

ai,アピアランス
カテゴリー
イラストレーター

パワーポイントの図形をイラレで使い倒す

図形制作が面倒だよ、イラレは

自由度が高いのは良いのですが、デザイナーでもないし、矢印やら、吹きだしやら、ハートマークなんかはサクッとつくりたいもの。パスでいちから作るとなると結構、時間がかかるのが悩みの種です。

パワポの図形を使って見る

その点、パワポはあらかじめ図形が豊富に用意されているのがうらやましく感じます。

パワポ イラレ 図形

すべてを使い切ることはないけれど、これらの図形をイラレでも使えたら・・・と思って試したら、あっさりできちゃいました

まずは図形を表示

まず、これはと思う図形をスライド上に配置します。

パワポ イラレ 図形

これらの図形をイラストレーターにコピペします

パスデータとして認識

イラストレーターにコピーされた図形は、このように画像ではなく、パスデータとして認識されます

パワポ イラレ 図形

なので、色変更やら、図形のちょっとした編集も簡単にできてしまいます

パワポ イラレ 図形

インデザインでも使用可能

さらに、イラストレーター上のこのデータをインデザインにコピペすると、インデザイン上でパスデータと認識され、図形として活用できます。 パワポ イラレ 図形

作業効率がアップ

このように面倒な図形作成で、仕事中にブルーになることもありません。自分の場合は、パワポからコピペした図形集をイラストレーター、インデザインそれぞれにファイルにして用意

必要に応じて、そのファイルから図形をコピペして、時短化を図っています

ぜひ、お試しください。

カテゴリー
イラストレーター

イラストレーター、作業はかどる色登録

色の管理

クライアント別に色味を変えて企画書を作る。明るめ、渋め、硬めなどなど。トーンによって色をまとめておけば何度も使い回しできるし、場当たり的な色選びもなくなる。

そんな野暮な作業法から救ってくれるのがスウォッチの管理機能。

イラストレーター 色登録

一度、登録すれば、その色を他の企画書や資料などにも使えます。

 1.カラーパレットの右隅をクリック

スウォッチライブラリを開く>ユーザー定義

写真のFlat_design/グラフ/mizutamaは僕が登録したスウォッチ。

イラストレーター 色登録

 2.独自スウォッチパレット

僕が作ったグラフ スウォッチは5色。左側のフォルダーの中に、格納されています。

イラストレーター 色登録

さらに色を加えたい時は、このフォルダーに色をドラッグするだけでOK。

3.スマートなスウォッチパレット

デフォルトのスウォッチがある状態で登録すると、一緒に登録されてしまいます。

ので、グラフフォルダーを残して、デフォルトのスウォッチを削除します。

イラストレーター 色登録 イラストレーター 色登録

4.保存

スウォッチパレットの右側をクリックし、メニューから、「スウォッチライブラリーを交換用として保存」を選択

イラストレーター 色登録

5.完了

イラストレーター 色登録

違うファイルで、このスウォッチを使いたい時は、1、2の作業を行います。

スウォッチライブラリーを開く>ユーザー定義>選択したファイルを選択

カテゴリー
イラストレーター

イラストレーターで図形の質感をちょいと上げる小技 ノイズ機能

1.ベタな図形

立体物を描く場合、側面、前面、天面で、色の濃度を変えると、それなりに立体感が出ますが、どうもベターッとした感じが気になる。

そんな時に使えるのが、ノイズ機能。ベタに比べて、質感がグンと上がります。

イラストレーター ノイズ

2.ノイズを加える、粒状フィルム機能

効果>アーティスティック>粒状フィルムを選択

数値は適当に。左側のプレビューを確認しながら微調整

イラストレーター ノイズ

3.ノイズの仕上がりはこんな感じ

イラストレーター ノイズ

ノイズが反映された図形

イラストレーター ノイズ

4.比較してみると質感の違いがわかります

加工前と加工後の立体図です。微妙ですが、うっすらと質感が上がっています。

イラストレーター ノイズ

芝生の雰囲気はこんな感じ

イラストレーター ノイズ
カテゴリー
イラストレーター

イラストレーター で立体物をカンタンに作る方法

立体物を作るには3D描画が一番

イラストレータの3D描画は、とにかく重くて、出来上がるまで画面の前でしばし待ちと嫌な思い出しかなく、遠ざけていましたが、仕事でどうしても使わざるをえず、しぶしぶ使ってみると・・・。

これが結構使える。PCのスペックが上がったこともあり、そこそこサクサクに動きストレスもなし。

今まで、ペンツールで全ての面を描いていたけに時間もかかってしんどかった

効果>3D>押し出しベベルを選択

イラストレーター 立体物

初期値を入力

初期画面はこんな感じ(僕の場合)

イラストレーター 立体物

初期値として、上から以下の数字を入力

イラストレーター 立体物

20°/0°/0°/遠近法:160°/押し出しの奥行き:100pt

とりあえず、ベースとなる図形を作ります。そこから数値を変えて、立体図を変化を見て調整していきます。

 3.Z軸を20°→45°。15°盛ると・・

立体図全体が起き上がるイメージ。エビぞりーがより強くなる感じです。

天面の天地方向が、狭くる

側面の天地方向が広くなる

イラストレーター 立体物

4.遠近法を100°→160°60°盛る

側面部分が下方向に向けて、よりパースが強くなる。下方向に向かって狭くなります。

イラストレーター 立体物

5.押し出しの奥行きを160°→100°。60°盛る

遠近法と同じ変化が見られ、より強い印象。

側面が天地方向に広がり、よりパースがきつくなっています。

イラストレーター 立体物

 6.最後にデータを軽く

最後に、データを軽くするため、データをパス化します。

オブジェクト>アピアランスの分割を選択

3Dデータのままですと、動作がもっさりとなり、作業に支障をきたすため。(ハイスペックなPCなら、必要ないかも。ちなみに私のPCは1GBメモリです。)

イラストレーター 立体物 イラストレーター 立体物

まずは基本となる初期値を決めて、そこから、数値をいじって、どう変化するかを見ながら、立体物を作成していくことをお勧めします。

その場合、必ず数値をメモしておくことをお勧めします。

数値変更後、Z+Ctrl or  Z+Commandが使えないため。