カテゴリー
米国企業

GEをしても難しいIotのデファクトスタンダード

最初は凄いと思ったけど

各企業連合ごとに規格化が異なるIot。どこが覇権を握るか注目されていました。

中でも、GEはIotを制するのに最も近い企業とももくされていました。

というのも、その陣営にはマイクロソフト、インテル、Apple、ソフトバングなどのグローバル企業が名を連ねていたのですから。

他のIot企業も、GEをお手本にしていると公言するほど。

けど、イマイチ業績が振るわないようです。

iot

目標を大幅下方修正

GE内でIotの旗振り約でもあったCEOが辞任。2015年には、2020年にはソフトウエア事業の売上高を1500億ドルと目標を掲げていましたが、CEO辞任後のその数字は12億ドルとかなり控え目な数字に落ち着きました。

このあまりもの落差に、GEはIotに今後力を入れないように見えますね。

iot

産業界とIT業界の違い

IT業界の場合、マイクロソフトやGoogleのようにOSのシェアを取ることで、ある意味、デファクトスタンダード化を実現していきました。

ところが産業界はそう簡単に事が運ぶようにはできていないようで、これがGEが思い通りにIOT事業を進められなかった要因とも言われています。

工場にはソフトウェアの他に、ハードウェアがあり、このハードウェアが古いソフトウェアでないと稼働しないという話をよく聞きます。

ソフトウェアを刷新するとなると、ハードウェアの刷新も必要となる。これは企業にとってはかなりの負担。

てなわけで、Iot化を控える動きが出てきました。

iot

統一よりも連携

ということで、全ての同メーカーのソフトウェアにするのではなく、他のソフトウェアとも互換性をもたせながら連携重視のIot化が産業界にとっては受けがいいようです。

これなら既存のハードウェアを使いつつ、一部を新しいソフトウェアに入れ替えて運用も可能となります。

GEから学ぶこと

Iot覇権争いで、GEとしのぎを削ってきたメーカーはたくさんあります。

独シーメンス、日立製作所、ファナックなどなど。GEの失速から、連携重視に動く可能性は高いと思います。

iot

産業界のIot化

てなわけで、インダストリアル4.0と騒がれて新しい産業の誕生とうたわれていましたが、もう少し時間が必要なことは明らか。

1社独占ではなく、様々な企業が乱立するカタチで、産業界のIotは進んでいく気がします。

業界が違うと、こうも違うのかと色々と学ぶべき点が多かった事例でした。

とにもかくにもGEが復活することだけを願うばかりです。

カテゴリー
米国企業

優等生のGEがまさかの赤字計上

GEと言えば・・・

世界でも有数のビジョナリー・カンパニーとして知られるGE。昨今、頻繁に使われる選択と集中という言葉もGEの経営戦略が最初だと思われ、とにもかくにも模範的な会社というイメージ。

コングロマリット規模の会社が次々と経営不振に陥る中、時代の変化に併せて業態と変容させていく姿は、変化の激しい時代において、まさにお手本と言ってもいいでしょう。

保険

電力部門の不振が痛い・・・

2017年10月ー12月期に日本円にして約1兆円の赤字を計上しました。その金額によくもまぁ、会社は潰れずに済んだなと思いました。

その赤字の主因は保健事業と電力事業。保健事業の場合、医療費高騰などを受け、想定以上に加入者への支払いが増えたというもの。で、こちらの損失が今回の赤字の大半を占めています。が、こちらは一時的な支払い増という側面が強く、来期には赤字幅は減少していくのではないかと思います。

問題は電力事業の停滞。売上高は前期比15%減だったものの、利益については88%減という大幅減。メイン商材である発電用タービンがイマイチに売れ行きがよろしくないというのが主な原因。理由を探れば、再生可能エネルギーの普及や天然ガスの価格下落もあり、主要顧客の電力会社が火力発電所の効率向上を控えているとのこと。

となると、この先、再生可能エネルギーがさらに普及するとなると、GEの業績にとってはさらに厳しさを増すということになっていくでしょう。

一方で、風力発電機器などの再生可能エネルギー事業は進めているものの、火力発電事業を補うほどの規模にはなっていないのでしょう。

タービン

自慢の変化対応

製造業という側面の強いGEですが、昨今ではソフト分野でも影響力を高めているのはさよく知られているお話。

IOTの普及を目指し、産業用機器のネットワーク部門で、プレディクスというプラットフォームを武器に、デファクトスタンダードを取りに今、世界で火花をちらしています。

これによりハードからソフトへ。モノを売って終わりではなく、その後もサービスなどで収益を稼ぎ出すビジネスモデルの構築を進めています。

これも時代にマッチした事業を推進していくGEならではの変化対応の素晴らしさだと思います。

IOT

明日の飯の種やいかに

早晩、ハードで飯を食べていくのは行き詰まる時が来るでしょう。そのために、それにとって変わる事業を育てている最中だと思います。

そこに思いもよらぬ巨額損失を出したことで、改革のスピードを早めないとという声が出てきそうな感じがします。

もしくは電力事業を売却するといった思い切った策を講じるか、今後のGEの動向から目が離せません。

カテゴリー
米国企業

EUとのEPA合意で米国を振り向かせる深謀遠慮

韓国に続けとばかりに、自動車関税撤廃

日本よりも先にEUとEPA(経済連携協定)を結んだお隣の韓国。

締結後前のEU向け自動車輸出が約35万台が、締結後の2016年には約40万台に増加と大成功を収めました。

てなわけで、韓国に倣い、日本もEUとEPAを結び、現在10%の関税がかかっている自動車関税を8年後に撤廃することとなりました。

そもそも日本車メーカーの弱い欧州市場。関税問題が和らげば、韓国勢と同じ土俵にのぼるわけで、環境は多少なりとも改善するでしょう。

欧州を主戦場とするマツダは関税撤廃により営業利益が300億円程度押し上げられるとも言われています。

クルマ

一方で痛い話も

EUが自動車関税を撤廃してれくた代わりに、日本もそれに見合うメリットをEU側に提供しないと、そもそもこの枠組みは成立しません。

で、切ったカードがワイン、チーズ、パスタの関税撤廃。飲食系のオンパレードです。

ワインの関税は即時撤廃、チーズは締結後16年芽に撤廃。現在、約30%近い関税がかかっていますから、輸入チーズがとてうもなく安くなります。

最後にパスタの関税撤廃。こちらは1kg当たり30円の関税を11年目には撤廃となります。

この締結で、大打撃を受けるのが国内の酪農家。安いチーズ、ワインが大量に輸入され、それまで国産品だったのが、輸入品に切り替えられるこおも大いに考えられます。

チーズ

米国に無言のプレッシャー

今回のEUとのEPA(経済連携協定)で、日本は農林水産物の約82%の品目で関税を撤廃しえいます。しかも、これTPPとほぼ同水準で言うのですから、ほぼ全世界に向けて自由貿易の扉を開いているようなもの。

加えて、オーストラリアとの間では、牛肉の関税引き下げが締結されいますし・・・

といった具合に、日本のこのような自由貿易の動きを見てて危機感を感じているのが、米国の畜産業界。トランプ政権に批判を強めているかとか。

そもそもTPP参加に賛成との声が多い米政権内部だけに、もしかしたら、遅ればせながら米国のTPP復活もありえるかもしれません。

牛肉

保護貿易が行き過ぎると逆に・・・

自国の産業を守るという理由で保護主義的な言動が目立つトランプ大統領ですが、国民、そして議会からも、その考えから「ちょっと待てよ」という声が高まっている気さえします。

全世界で貿易協定がさかんに締結されていけば、アメリカはどんどん孤立を深めていく気がします。

自国作業への影響という痛みは伴いますが、そこは致し方ないのでは?と思う次第です。

貿易 [amazonjs asin=”4818804185″ locale=”JP” title=”保護貿易か自由貿易か”]
カテゴリー
米国企業

スナップチャットは仲間内のコミニケーションツール

フェイスブックは公共の場

フェイスブックがまだ今ほど普及していない頃は、今ほど窮屈な感じがしませんでした。

限られた仲間内で近況を知らせ合う。コメントにもかなり自由度がありました。

次第に利用者が増えていくにつれて、皆が知る人ぞ知るツールとなり、コメントにも気を使う。いいねをしないとまずいかもという、やりにくさがここ数年の個人的な感想です。

今では周りの人がほとんどやっているSNSとなり、ある意味公共の場。そんな場に暴言を吐いたりしたら、袋叩きになるのは目に見ています。

sns

はけ口はLINE

で、最近の傾向としては、グループLINEで、フェイスブックでは発信できないようなネタを投稿する人たちが増えてきました。

と言っても、僕の周りの人ですが。

これ、フェイスブックに出したらアウトでしょうというものがバンバン。

この行動変化を見るに、周りの人もフェイスブック特有の息苦しさを感じているのだと思います。

さらに限られたSNSがスナップチャット

公共の場、グループの場から、さらに小規模の仲間で今後、期待が持てるのがスナップチャット

最近、僕自身もその面白さにハマっている一人ですが、画像や動画を限られているのはほんのごく一部。

取るに足らない動画を送り、反応を見る。しかも相手方が閲覧したら、すぐに消去されるのですから、それが転用される不安もありません。

sns

常に先行くスナップチャット

その企画力、技術力は定評のあるスナップチャットですが、この度、上場しました。

過去にはフェイスブックから買収を持ちかけられ、断った経緯がありますが、結果、この時取った行動は正解だったのではないでしょうか。

上場して手にした資金は、買収金額よりも多かったのですから。

とは言うものの、これから普及するであろうという時期に、早くからその将来性を感じて買収に動いたフェイスブックの目利き力には驚かされます。

まだ売れてもいないダウンタウンを、島田紳助が引退会見で口にした、それに似たような印象を受けました。

sns

ウチはSNSじゃないよ。

スナップチャットは上場はしても、フェイスブックを追撃するという意図はなく、SNSの土俵ではフェイスブックは横綱と認めています。

自分たちはカメラ会社と立場で、今後事業を展開していくとのこと。

メガネ型カメラ、スペクタルがまさにそれ。

日本はまだ未発売ながら、これを使えば過去24時間自分がしたことをストーリー機能を使って、仲間に見てもらうことができます。

インスタの普及で写真に対する関心が高まる中、その先は動画になってくるんでしょう。

そこを見据えた戦略だと思います。

カテゴリー
米国企業

日本型管理職ってあるんだ、の発見

昔はトップダウンが主流

あるコンサルティング社長のインタビューによれば日本の管理職を大きく分けると、部下の意見を聞く「民主型」と俺についてこいのバンバン部下に指示を出す「率先型」に分かれるそです。

自分のリーマン生活を振り返ると、前者の「率先型」に仕える期間がが長かった。日常的に指示が降ってきては、処理するのにやっと。毎日何かに追われている気分で心休まることもなかた。

が、今では、この「率先型」もパワハラという言葉が流行したおかげで、少しは部下の声を聞くようにもなり、「民主型」が台頭してきた感じがします。

どっちもどっち

だからと言って「民主型」が良いというわけでもないみたいで、「率先型」同様、社員の士気が高まらないという調査結果が出ている。

率先型は自分の頭で考えず、指示をひたすら待つ社員を増加させるだけ。「民主型」は自分自身の役割が不明確となり、他力本願に陥りやすい。結果として全体の士気があがらないと思うわけです。今までの経験からして。

欧米はビジョン型

一方、欧米では「率先型」、「民主型」のどちらでもなく、「ビジョン型」が多いとのこと。

というのも、欧米の場合、部下の専門性が高く、雇用も流動的。リーダーがビジョンを示さないと組織がまとまらないという事情がある。

日本の場合、年功序列という慣習があり、ビジョンを示す訓練がなされないまま管理職になっているとのこと。ここに大きな差が出ているようです。

ビジョン型とは言うけれど

よく中期経営計画を立てて、売上高○億円なんて新聞なんかで見ます。それが会社のビジョンになるわけですが、それを各部署単位に翻訳して、部署のビジョンに落とし込むのが管理職の役目なのかと思ったりしちゃったり。

ただ長く「率先型」、「民主型」で育った人材を「ビジョン型」へ。というのも一朝一夕にできるわけでもなく、コンサルティングのこの社長いわく、「率先型」→「民主型」、そして「ビジョン型」と育てていく必要があるとのこと。

ドラクエで言えば、戦士で育てて「率先型」スキを身につけさせ、武道家に転職させて「民主型」スキルをつけくわえ、仕上げは「バトルマスター」のビジョン型となるんでしょう。

それにしても、管理職ってのは色々とつくづく大変だなと、この記事を読んであらためて感じた次第です。

カテゴリー
米国企業

Google、Appleと肩を並べる日本ベンチャー企業、エニーパーク

最も革新的な50社に選ばれる

ある雑誌の企画で革新的な50社に日本人社長のベンチャー企業が選出されました。50社の中には、googleやApple、フェイスブックなどなど世界的な革新企業が名を連ね、そこと並んで評価されたというのだから、日本もまだまだ捨てたもんじゃないと重いました。

福利厚生ゼロに目をつける

この革新企業こそ、今、米国で最も勢いがあると言っても過言ではない福利厚生のアウトソースを扱うエニーパーク

そもそもこのような会社を立ち上げようと思い至ったのは、米国では福利厚生をアウトソースする会社がゼロだったから。

そもそもGoogleのような大手企業ならば福利厚生は充実はしているけど、新興企業となると話は別。そこまで手が回らないの実情なんでしょう。人材の引きとめにもつながってくるでしょうし、需要はあると踏んだのでしょう。

全米トップシェア

このエニーパーク、今では2000社以上にサービスを提供し、全米ではトップシェア。扱うサービスは社員一人当たり5-10ドルの料金で携帯電話や映画、ケーブルテレビ、ショッピングセンターなどの割引が受けられるというもの。

聞くだけで、コスパに優れ全米で支持される理由がわかります。

異色の社長さん

で、注目したいたのが、エニーパーク

を立ち上げた日本人社長。英語もできず、コネもない。そんなマイナスの環境から単身渡米し、起業家育成のトラの穴の社長に直談判して起業を成し遂げました。

トラの穴社長も、数ある生徒さんがいる中で、なぜ彼の入学をOKしたのか。それはその熱意と覚悟がすさまじかったからとのこと。創業者があきらめない限り、基本的に会社は潰れないという所に見事に合致したようです。

次なる野望

エニーパーク

、今では従業員50人と社員数も膨れ上がり、加えて850万ドルの資金調達にも成功と、さらに勢いを増しています。社長いわく福利厚生で世界一になるという言葉も、将来的には現実のものになっている可能性大です。

カテゴリー
米国企業

アメリカ南東部がアツい

続々と北米進出の日本企業

車部品メーカー、印刷、繊維会社などが続々と北米に進出。進出先で目立つのがアラバマ州、ジョージア州、サウスカロライナ州、フロリダ州の南東部とのこと。

アメリカ 南東部

なぜ、今南東部?

従来の製造業の集積地は中西部。けど、人件費や地代の高騰などにより安価な南東部へと、ここ最近流れが加速しているようです。

労働争議も起きにくい

訴訟の国、アメリカであれば労働力争議は避けて通れない。で、このエリア、組合組織率が低く、労務関連のリスクが低い事も進出理由として挙げられているようです。

つい最近では、港湾スタッフのストライキで、ポテトの輸入が滞っているという事件がありましたが、こんなストライキも、アメリカ南東部であれば、そう頻繁には起きないんでしょう。

交通の便も良い。

人件費、地代、ストライキの危険が少ないといったメリットのほかに、優れた輸送面も進出の理由の一つでしょう。

アトランタ空港は全米でトップクラスの離着陸数。メキシコとの連携もしやすいという地理上のメリットもあります。

アメリカ 南東部

アメリカ南東部は今後アツいかも

港湾労働者のストライキのことを考えると、アメリカ南東部は将来にわたって有望な進出先さきになること間違いなし。

日経ビジネス NO.1778
カテゴリー
米国企業

リーン・スタートアップを大企業で実践。GEの取り組み

小さく初めて、とりあえずGO

昨年位から、リーン・スタートアップってよく聞くけど、一体何者なのか?「リーン」とは「無駄がない」、スタート・アップは「起業」。直訳すると何となくわかるけど、ネットで詳しく調べてみると、小さく始めて成功しそうかどうかを見極めるというもの。これは行けそうだとなれば、成功に向けて修正を繰り返していくもの。

アプリの世界であれば更新を繰り返し、バグを取ったり、市場のニーズを汲んで機能を追加したり、ということでしょうか・・・。

パソコン

なぜ、リーン・スタートアップ

自分の仕事に置き換えても確かにリーン・スタットアップの考えは大事。煮詰まって、煮詰まって、どんどん時間だけが過ぎて、世に出す頃には陳腐化していることもザラ。

リーンの無駄がないというのは、開発過程における時間、労力、資源、情熱の浪費低減を目的にしている感じがする。デスクに煮詰まっているなら、早くたたき台を作って顧客の声を聞きなさいと。なんか自分に言われてるようでドキッとした。

リーン・スタートアップ

製造業の世界でも、リーン・スタートアップ

陸海空用の産業用ガソリンエンジンの開発に、当初は5年の歳月がかかるところ、陸だけに絞って90日で試作品を開発してしまったGE。リーン・スタートアップって、ソフトの世界だけと思いきや、製造業でもじわじわと広まっているみたい。

ちなみにGEでは、この手法を用いて既に200件以上のプロジェクトが動いているというのだから、驚き。

産業用 エンジン

クルマの世界でもリーン・スタートアップ

クルマの開発だって2-3年はザラ。なので5年後、10年後の市場環境を予測しながら、デザインのトレンドはあーだ、社会環境はこう変化するなど、予測を立てて商品を開発する。(と思う。)

けど、リーン・スタートアップが可能になれば、このような環境予測も必要なくなる。先の読めない時代ですし、ロンチしたらいいけど、市場とアンマッチだったら、それまでの時間・労力・情熱が台無し。

なら、顧客を声を聞きながら、商品磨きにフォーカスした開発が実現できるんじゃないかなと思ったわけです・・・。

日経ビジネス NO.1771
カテゴリー
米国企業

産業革命と呼ぶにふさわしいGEのソフトサービス

年間で18億円のコスト削減に成功

年間18億円のコスト削減に成功したのがイタリアのアルタリア航空。何でもGEのソフトを使い出したら、燃料を効率よく使えるようになり、結果的に大幅なコスト削減に結びついたとのこと。

GE

ことこまかに燃費改善を指南

「着陸時のフラップ制御を変更してください」とか「降下時のスピードを変えれば燃費が改善できる」など、こと細かく改善してくれる。なぜ、そこまで細かいデータを取ることができるのか。それは飛行機につけられた数百個に及ぶセンサーのおかげ。

飛行機

ビッグデータ解析

言葉だけが独り歩きしている感が否めないが、このアルタリア航空の事例を読んで、納得がいった。このアルタリア航空の場合、エンジンの稼働状況をはじめ、温度、燃料消費量、フライトプランなどの多様なデータを元に、最適な運航法を導いている。

サーバー

どうゆう計算式で成り立っているかなんぞ聞いた所でわかるはずもないけど・・・。コンピューターの知能ってすごいんだとあらためて関心

これってクルマにも転用できない?

身近なところで考えると、車もビッグデータを活用できるのでは?メーカー主導か、国が音頭を取ってまとめるかはさておき、燃費改善に、ブレーキの回数を減らせだ、回転数は3,000をキープだとか、細かく指南してくれたら、維持費も相当、安く上がるのでは?と期待してしまう?

クルマ

インダストリアル・インターネットは2015年のキーワード?

GEはこのサービスを外販して、多くの知見を得ながら、主力製品として育てて生きたい模様。リナックス的な発想ですね。

立ちふさがるのは個人情報。以前、JRのスイカの乗車履歴も問題になっていたけど、このサービスを受けたいという人は情報を提供するという形で運用すれば、このサービスも普及するんじゃないかなと。

個人的には大賛成。どっかのクルマメーカーで、導入してくれないかな・・・

日経ビジネス NO.1771
カテゴリー
流通業界 米国企業

マクナルド ポテトSのみ販売の衝撃

ポテトSの2個買いはOKだけど・・・

先日、ネットや新聞で報じられていたマクドナルドのポテト販売の件、輸入量激減により、当面ポテトSしか販売しないとのことで、その事が新聞に出ること事態、幸せな国だとは思ったけど・・・。

マクドナルド ポテト

とにかくMサイズ、Lサイズは買えないけど、Sサイズ2個買いはOKなので一安心

他のチェーン店も大打撃みたい

ファミリーレストランの「ガスト」や「夢庵」もごたぶんに漏れずで、フライドポテト単品お格安クーポンの発行を当面休止する事態に発展

原因は労使問題

これらのポテトの輸入先は米国で、西海岸から出港する船に乗ってドンブランコ、ドンブランコと日本にたどり着いていたのだけれど、港で働く人達が賃金上げろと雇い主に抗議したのが、事の発端。いわゆるストライキって奴ですね。

ロスアンゼルス

出口の見えない恐ろしい状況

この労働争議、2014年の7月から始まっているようで、かれこれ半年近くも争っているものの、未だ解決の糸口さえ掴めていない。2015年の2月まで続くのでは?とまで言われている

どうするポテトファン

このような事態に発展するのを予見していたのか、ワタミでは調達先を分散させて、この難を乗り切る模様。ある外食屋さんは航空便をに切り替えるなどポテト確保に奔走

ポテトファンにとっては、しばらくは我慢の日々が続くかも。やっぱり揚げたてのポテトは格別すぎる

日経ビジネス NO.1770