アジア映画

アジア映画

内戦は怖いよ~ん「モガディシュ」

政情不安なのに大使館スタッフは凄い 国内内戦がくすぶっている国に赴任する外交官は、さぞ肝が座っているとつくづく実感した本作品。 舞台は今なお内線が続くソマリア。いつ内線が起きてもおかしくない状況の中、韓国はどうしても国連への加...
アジア映画

「正義が狂う」に深く納得。韓国映画ビースト

最初こそ連続殺人事件ものかと思ったけれど 沼地から若い女性の頭部だけが見つかるという衝撃的な話から始まる本作品。ので、その手の作品かと思いきや、さにあらず。 様々なストーリーが入り組み、着地はどうなるの?とワクワクさせてくれる...
アジア映画

韓国も日本と一緒?あるあるネタ満載。「82年生生まれ、キム・ジヨン」

バリバリのキャリアウーマンが出産を機に会社をやめ第二の人生を歩むというお話。お母さんにはなったけど、これまでの生活とは大きく変わり、色々な問題に直面。女性の社会進出とはいうけれど、そう簡単ではないなと思った次第です
アジア映画

権力者に告ぐ。話が難しすぎるので、だろうという所でまとめてみました。

最近よく見かける実話に元にしたフィクション 本作品に登場する投資会社スターファンドは米ローンスター、スターファンドに安値で売却された大韓銀行は外為銀行とのこと。って言う所まで調べがつきました。 実際に起きた話は、ローンスターが...
アジア映画

暗殺殺人。この犯人、相当頭が切れるのでやっかい。刑事さんもよく耐えました

いきなりタックルって何事? 麻薬関連の捜査中に情報提供者として接触した若者。が、どこか態度がいけすけない。刑事さんの質問に対しても適当な返事がせず、しまいには、もっと情報が欲しければ金を出せという始末。 呆れる刑事さんでしたが...
アジア映画

そうゆう意味では、みんな悪人ってこと。種類が異なる悪人共「悪人伝」

いきなりブスリはないでしょうの衝撃 オカマを掘られて相手方に怒鳴り込んだら、背後からブスリって。突然の出来事に被害者は一瞬何が起こったかわからないでしょう。 しかも被害者と加害者は全くの他人。怨恨などの動機などは一切なく、ただ...
アジア映画

偽札づくりは奥が深い「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」

偽札集団のボスこと“画家”は、とんでもなくヤバい人 警察に身柄を拘束され取り調べ室で多くの刑事さんに取り囲まれたイケメン男性。 このお方、偽札づくりで逮捕されたようですが、警察としては彼のボスである画家という人物についての情報...
アジア映画

勇敢に高かった伝説の兵士たちは学生さん。「長沙里9.15」

時は朝鮮戦争真っ只中。国連軍劣勢 国連軍を持ってしてもソ連、北朝鮮軍の前ではなすすべなし。 戦況は北朝鮮軍有利。北緯38度線を大きく超えて釜山まで追い詰められた韓国軍という状況。歴史に「もし」が存在するならば、今頃、朝鮮半島は...
アジア映画

金の切れ目が縁の切れ目か。泣いて馬謖を切る。「ゴールデン・ジョブ」

犯罪のプロ集団。手際よく事は進んでいたのに・・・。 とある企業の新製品発表会でのこと。ある犯罪組織が命を狙われているCEO。彼を救出するという危険なミッションに挑んだのが、窃盗などを生業とする元傭兵部隊。 入場用のパスをスキミ...
アジア映画

コメディなのに残酷すぎるよ。正直笑えない「ほえる犬は噛まない」

始まりはマルチーズ。ワンちゃん連続失踪事件 大学教授を目指す非常勤講師の主人公ユンジュ。同世代の友人が次々と教授になる中、なかなか夢を叶えられずくすぶった毎日を過ごしていました。 精神的にもかなり追い込まれていたのでしょう。同...
タイトルとURLをコピーしました