農業

農業

農機具で快走。後発組のハンデを乗り越えたホンダのフロンティア精神

空前の家庭菜園ブーム到来 郊外に農地を借りて週末に野菜を育てるという人がコロナ禍もあいまって激増。小さな畑なのに貸し出し用に細かく区分けされ、とうもろこしやトマト、きゅうりなどなど様々な野菜を目にします。 畑近くにはクルマが数...
農業

生まれも育ちも店の中。お店の中に農場が出現。農業の新しい形。家庭菜園市場もさらに広がるかも。

店内にレタス栽培所出現 西友大森店の売り場の一画にあるショーケース型の植物ディスプレイ。LEDライトの照明が当たり色鮮やかな緑は見ているだけでも癒やされるというほどに思わず見とれてしまうほどの映えっぷり。しかも、ショーケース内の野菜...
農業

DIYブームに水を差す?木材価格高騰。リフォームはもう少し待とうかしら

こんな所にもゆるゆる金融政策の影響が・・・ 実態経済とかけ離れて株価は3万円目前という昨今。この好景気を演出しているのが各国で行われているゆるゆる金融政策。 金利がひっくいものだから、お金持ちの方々は色々な投資商品に資金を使用...
農業

漁業のみらい

個の力ではなく組織で 日本の漁業はどちらかと言うと個人事業主が多く、それぞれにこだわりがあって、組織としてのまとまりがない印象を持ちます。この弊害が資源減少に拍車をかけているのでは?という声も。お互いが漁獲量を競うことで、知らず知らずに資...
農業

漁業大国、ノルウェはかなり先を行っている

10年で輸出額3倍 北欧のノルウェと言えばサーモン位しか知識のない僕にとっては、今回のネタはさもありなんといった感じ。漁業輸出額が世界NO.2。1位の座は中国に譲るものの、この10年で輸出額3倍と成長著しい。その強さは官民一体による所が大...
農業

漁業も農業なみに衰退の一途

他国に比べ生産性の低い農業 労働者の担い手不足で衰退の一途を辿る農業。小規模農家が多いこともあって、海外に比べると生産性の低さが目立ちます。てなわけで、企業が農業に参加したり、ITを導入したり、農家同士が協業したりと何かと手を打っています...
農業

日本の農業のこれからを占う農業改革

農業を取り巻く環境変化 TPPを控え、日本の農業は大丈夫か?なんて声も囁かれていますが、一方では日本ならではの農産物を海外へ売り込む絶好の機会とTPPを好意的に捉えている農家もあることも確か。力のある農家は、従来の農協を経由した流通経路で...
農業

農業の世界でも進む、経験の数値化

経験と勘に頼っていた農業 高齢化が進む農家の救世主となるか期待されているのが土壌のデータを数値化した技術。今までは農家の方の勘と経験に頼り、肥料を巻く量やらタイミングを決めていました。肥料を上げすぎても少なすぎてもダメ。微妙なさじ加減が肝...
農業

日本の未来は農業にあるかも

今の日本に思うこと 高度成長を経て世界第二位の経済大国となった日本。第二次産業が爆発的に成長したことが大きな要因と記憶しています。が、時が経つにつれ、その輝きも海外の猛追にあい、今では色褪せるばかり。電機業界はほぼ海外に押されぱなしの状態...
農業

本家和牛を超える人気 WAGYU

本家が分家にとって変わる日 ビールの世界で言えば、本家をビールとすると発砲酒、第三のビールが分家といったところでしょうか。麦芽を抑えたり、擬似的に麦芽をつくっている発砲酒や第三のビールは、本家ビールと比較すると味はイマイチでしたが、ここ数...
タイトルとURLをコピーしました