カテゴリー
動画

避難訓練に動画を活用?

テレビとスマホの違い

テレビで流れる動画は一方通行で、ただ情報を流すのみですが、この動画をスマホで見るとインタラクティブ的なことができる。インタラクティブができれば、様々な使い方ができるじゃんというのが今回のお話です。

既に地デジなんかでは、番組中にクイズを出題して、リモコン片手にクイズに参加できるなんてものが実施されています。それをスマホを使ってやったらもっと広がりが出ると思います。

映画の集客にインタラクティブ

2012年、金曜ロードショーでエヴァンゲリオンを2週連続で放送しました。これもシリーズ3の公開に合わせた一種のプロモーション的な意味合いが強いのですが、ここにスマホを使ったインタラクティブ企画を仕込み、映画館に足を運ぼうというモチベーションを高めようという企画です。

仕組みは2部のクライマックスに合わせて、日本中の電力を集めて敵を倒すというシーンに合わせ、発電ボタンに見立てたスマホ特設サイトでボタンを連打するというもの。

連打しようが、しまいが敵を倒されるわけですが、敵を一緒に倒したという満足感が得られ、エヴァンゲリオンに気づかぬうちにのめり込んでいたなんてことも考えられます。

この視聴期間で、4人に1人がこの企画に参加していたとのことで、スマホ連動企画として成功した事例の一つと言えます。

避難訓練に動画

地震や津波などニュース速報で出るあのテロップ。これをさらに進化させたという事例です。場所は徳島県の美波町。各世帯にはスマートTVが設置され、大津波警報を「山田さん、避難してください。」と視聴者の名前付で表示させるというもの。

名前まで出されたのは、これは他人事ではない。今すぐ避難しなきゃとなります。で、避難所では事前に渡しているIDカードの提示してもらい、安否が確認できるという。

加えて、スマートTVであれば、電源のON、OFFも確認できるので、「田中さんの家は、見ていない。今すぐ救助に行かなきゃ」となるわけです。

使い方広がる動画

このように、インタラクティブ性のある動画だと、販促はもちろん、災害時のツールとしても活用できます。もちろん防犯にも使えるでしょう。

この先、えっ、こんな動画の使い方もあるんだなんてことも起きるのでしょう。

カテゴリー
動画

動画アプリの本命、SnapChat

動画アプリは数あれど・・・

最近、インスタグラムも動画を取扱い始めたり、ツィッター系のVineなど動画を扱うアプリが増えていますね。で、海の向こうでは、インスタ、Vineをも凌ぐ人気を誇っているアプリがあります。それがSnapChat。

見たら消えちゃう

米国の13-34歳のスマホユーザーの60%が使用しており、毎日使うユーザー数は1億。再生数も30億回を越えるというのだから凄まじい人気っぷりです。

やりとりされる動画は見たら消えてしまうという点が、他のアプリとは違うようで保存が効きません。保存できないのに人気を博しているのがイマイチ腑に落ちませんが・・・

まぁ、後々残ってしまって困るような動画なのでしょう。見たら消すというんはある意味、賞味期限が決まっているので、ついつい見てしまうのでしょう。

レンタルビデオも期限があるから見るのであって、期限に余裕があると、つい油断して見ることなく返却してしまう。まさにそんな感じなのでしょう。

広告もやっているよ。

インスタが広告も取扱い不評を買ってはいますが、このSnapChatも広告展開をしています。不評かどうかはわかりませんが、コンテンツの文脈に合わせて、一般投稿の間に広告動画を挟むとのこと。

イヌの動画であれば、ペリグリーチャムの動画が後から流れてくるのでしょう。

また企業がアカウントを持ち、商品が映った写真を消費者から募集し、応募者にクーポンを返信。使ったら消えてしまうという特徴を生かした施策とも言えます。

鮮度が命の動画

見たら消えてしまうというのは、遠い昔のビデオがお茶の間になかった時代に近い感じがします。見逃してなるものか、必至になってテレビの前にかぶりついていた、あの古き良き時代。

決まった時間に流れるわけではないですが、SnapChatもどこかそんな空気を感じました。

とりあえず、どんだけ楽しいものか実際に使ってみて試してみたいと思います。

カテゴリー
動画

HOW to 系は鉄板?動画アレコレ

ドットインストール的なHOW TO 系

ホームページをつくりたいってことで、お世話になったことのあるドットインストール。画面操作をナレーション付きで紹介。テンポもよく動画を見終われば、自分もできるのでは?と勘違いさせてくれちゃう魔法の動画。

文字ズラだけを追うよりも早く、頭に入りやすいので、初めての○○には持ってこい。そんなHow TO系動画が商売に結びついていることで、いくつか事例を紹介します。

購入後のクレームも未然に防ぐ

芝刈り機や耕うん機などの電動機器を取り扱うミナト電機では、商品の組み立て法から、操作方法などを扱った動画がなんと650本以上もアップされており、「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2013動画賞」を受賞。

動画を見て、「これなら私にもできそう」てな訳で、購入に結びついたり、稼働中のムービを流し、カタログスペックではわかりずらい騒音値50dbを動画でわからせみたりとか。これにより「思っていたほど騒音がひどい」といったクレームも未然に防ぐことができたそうです。

今では、メーカーさんから動画制作の依頼があったり、問い合わせを受けたメーカーさんが、ミナト電機さんのサイトをご覧くださいと紹介してくれたり、メーカー、お客様を巻き込んで、動画がなくてはならないコンテンツになっています。

軽い気持ちでアップした動画が・・・

友人にカメラ用バッグを貸す際に、これわかりにくいだろうなと思い、親切心で操作法を動画に撮り、バッグと一緒に貸した所、その友人がSNS上に、動画をアップ。これが瞬く間に話題となり、コメント欄に「これ欲しい」、「これ買いました」の書き込みが続出。

商売用に撮った映像でもないのに、人の心も動かすHOW to系は鉄板動画とも言えます。

不安解消型動画

壁紙屋本舗では、壁紙に関する不安・興味を動画を使って払拭した良い事例だといえます。

「自分で貼れるの?」の不安と興味が入り混じったニーズに、対し、40秒ほどダイジェスト動画を作成し好評だとか。ついつい壁紙は専門業者に御願いするものといった思い込みを見事に覆し、ヒットした事例ではないでしょうか。

やてみたい心をくすぐる

小さい子供がすぐに大人の真似をしたがる「自分もやってみたい」というものが、大人になっても本能的には残ってるのでしょう。全く買う気はなかったのに、動画を見ていたら、触ってみたい、試したいという衝動が爆発するのでしょう。

商品紹介も、そういった切り口で紹介するのもありかなと気づきました。漫然と機能だけ紹介しているだけじゃダメなんだと。

カテゴリー
動画

店頭動画の有用性、売上1.5倍

店頭動画の有用性

ドラッグストアやスーパーなどでたまに見かける動画POP。思わず目を留めてしまいがちですが、確かにそれなりの効果を発揮しているようで、設置前と設置後で比較すると売上は1.5倍とアップ。(小型サイネージ国内シェア5割のimpactTV調べ)

思わず立ち止まって動画を見入って、スッと商品に手が伸びてしまうのでしょう。

他にもあるよ店頭動画のメリット

売上アップのほかにも、売り場店員の商品知識の向上、売り場確保のための商談に有効とのこと。売り場に関しては、各社熾烈を極める戦いが繰り広げれていますので、少しでも優位性を持たせたいもの。

メーカーとしては頼もしい援軍とも言えます。

店頭動画のコンテンツとは

店頭動画にはCMを流用した映像をよく見かけますが、実際には店頭用映像の方が効果的。必ずしもテレビCMにリッチでなくても良いということで、映像制作の敷居がグッと下がった気がします。

店頭動画の表現として主流は店員訴求スライドショーエフェクト系のこの3つに集約されます。映像の長さは1分以内。

店員訴求は親しみ感

エプロン姿の女性が商品を手に取り、丁寧に商品ポイントを訴求。この店員風のモデルを立てて紹介することに、見た人は親近感を覚え、安心感が芽生えるのでしょう。商品を手に取るようです。

スーツ姿のおっさんが商品説明よりもグッと親しみを感じますし、怪しいなコレ?といった猜疑心も薄れるでしょう。

パワポライクなスライドショー型

制作費的には一番コストを抑えられるスライドショー型。パワーポイントで作成して、MP4に書き出せばカンタンに映像化ができちゃいます。ただこの一味加えるのが売上を左右するポイント。商品紹介するナビゲータを立てることで、より人間味あふれる、つまり親しみ感ある映像づくりができます。

ちょいと値のはるエフェクト系

キラリと光らせたり、いがませたり、回転させたり・・・。映像ソフトに備わるエフェクト機能を使った映像表現。見栄え的にはクオリティ感は、この3つの中では一番高いものに仕上げられます。

ただ、手作り感がどうも損なわれる感じがしてなりません。あくまでも店頭動画とは親しみ性が重視されるので、非日常的名映像を見せられても、主婦の目には浮世離れ、ウソくさっとしか映らないでしょう。

時間帯によって映像を切り替え

小型サイネージ国内シェア5割のimpactTVでは、ネット経由でコンテンツを差し替えるサービスも提供しています。

これならば朝、昼、夕、夜にタイムリーな映像を流すことも可能。夜ならば、お勤めごくろうさまですとまず冒頭にねぎらいの言葉をかけ、「今日のお風呂上がりの晩酌のお供にぜひ!!」なんて、セリフでイカの塩カラをアピールするのも可能でしょう。

物言う店頭POPの底力を改めて実感しました。

カテゴリー
動画

「売れる映像」にブラッシュアップ。ショップジャパンの取り組み

インフォマーシャルって何?

インフォマーシャルとは商品のプロモーション映像。通販で流れる映像がまさにそれ。ショップジャパンでは、海外から商品を調達する際に、インフォマーシャルもセットに仕入れることが多いとのこと。

販促ツールもセットについてくるのであれば、自社の販促費も削減できますし、非常に合理的です。

インフォマーシャルの肝とは

通販映像を見ていると、こいつスゲェというのによく遭遇します。視聴者心理をよく読んでいるのか、うまいこと創られています。

で、ショップジャパンが重視するのは、その映像に驚きがあるか、感情的に欲しいとおもわせる「エモーショナルセーリングポイントがあるか、という点。

これで納得が行きました。映像を流す前に、映像の目利きによるチェックが入っていたんですね。これなら心が動かされるのも納得がいきます。

流して終わりではない

インフォマーシャルは、ただ流して終わりではありません。その後もある指標を元に、随時改訂が行われます。それが注文数。

約30分間の放送を1分ごとに区切り、注文の電話がかかってきた回数から最も電話がなったシーンはどこか、そのシーンで何をつたえていたかを割り出す

そうして、割り出された情報を元に映像の改訂が行われます。

視聴者が最も喰いついた映像ですから、自然とそれが売れる映像へとブラッシュアップされていくわけです。

大ヒット商品ワンダーコア

宇梶さん、剛力さんのCMで話題となったワンダーコア。この商品の販売元が、今紹介したショップジャパンです。この商材も例のごとく、分析を進め、そもそもはエクササイズ映像6パターンのインフォマーシャルでしたが、腹筋運動で後ろに倒れる映像が最も反響が良いことが判明し、この部分にフォーカスしてCMを作りました。

自分もはじめてこのCMを見た時に、コレはいいと心を揺さぶられた一人。当初は50万台を見込んでたいたものの、あれよあれと注文が殺到し、今ではシリーズ累計200万台だとか。

CMとは違い、注文に即直結する映像だけに、映像づくりも科学的根拠に基づいてシビアに作られていることを知り、通販映像がいかに優れたコンテンツかを知ることができました。

今後は、そのような視点で、通販を観ていこう。

カテゴリー
動画

緻密に計算されたテレビ通販のアレコレ

情報には鮮度が大事

商品を紹介する際に、まず季節要因があります。夏場ならエアコン、梅雨時なら除湿器、冬場なら加湿器などなど。グーグルのキーワード頻度を年間に見ると、季節と商品の機能性が見事にマッチしています。

まぁ、ここまでは一般的な話。テレビ通販のそれは、CMがオンしてから、視聴者がポチッとするまでの興味から購買へ移行する、その状況に合わせて、CMを構成しているということ。

たたみかけるように、機能をこれでもこれでもかと紹介し「うっ、欲しいかも」と思わせ、今なら、金の延べ棒付いてきますで、「今、買わないと損かも」と思わせ、ポチっとさせちゃう。見事に視聴者心理を読んだ構成だなとあらためて実感。

が、これも一歩間違えれば購買機会を損失する恐れも。ささいなタイミングのズレで情報の価値は全く変わってしまうと通販関係者は言います。そのささいなが、わかるのは通販に精通した方でないと中々読み解けないのでしょう。

友達に自慢できるコピー

商品紹介の決めゼリフも大事。その際に、通販では「5秒で自慢できる」フレーズを考えるとのこと。確かに友人、知人の自慢話でダラダラと長いものはあまりありません。「オナラをすると反応するよ」の空気清浄機、「渋滞中はラク」のクルーズコントロール付のクルマなどなど。CMのフレーズが、そのまま友人、知人への自慢セリフとなるということは、購入した本人に強烈に印象付けたことが伺えます。

イライラは機会損失

通販の肝は、電話注文。が、これが繋がらないときたらイライラが募り「やーめた」となります。お客様相談室に連絡して、たらいまわしにされた苦い経験のある自分も、これには深く納得。

なので、注文方法を電話とスマホの2系統にして、この機会損失を軽減。商品紹介終わりに「スマホでも注文受け付けています」となれば、手元のスマホでポチッとすればいいわけですから、イライラよりも好印象を与えること間違いなしでしょう。

きっちりフォローも欠かさない

テレビ通販の長さは、長くても5分程度。その中にアレヤコレヤと紹介するのは無理な話。視聴者が興味をひきそうな所に絞って紹介することで、エッジの効いたCMになります。

なので、続きはWebではありませんが、CMで紹介した商品はWeb上で、より詳細な情報を公開。サイトまで訪れて商品情報を知りたいというのは相当購買意欲の高い視聴者。この行為を通じて、視聴者のリアリティが増し、購買意欲がさらに高まります。

パソコンを買う時も、サイトを見たり、店頭に足を運び店員の話を聞くにつれ、これにすれば場所を選ばずネットができるとか、シゴトにも使えるとか、自分ごととして考えるようになります。これがその人にとってのリアリティなのでしょう。

緻密に計算されたテレビ通販の凄さを改めて実感しました。