カテゴリー
商社

半端ない破壊力。バッタの大移動

最近世間を騒がすバッタとは

カマキリの餌用の虫としか思っていなかったあのバッタが、今や世界で最も破壊的な害虫として恐れられています。

このバッタの集団に襲われた日には、穀物は全て食い尽くされこれまでの一生懸命育ててきた農作物が一夜にして蒸発。

経済被害もさることながら、局所的な食糧危機を引き起こしているのですのから、全くもって迷惑千万な話です。

恐ろしい。3万匹の大移動

あの弱々しいバッタが人間に牙を向くとは考えにくいですが、このバッタ、体長自体がとっても大きく日本ではあまり見られない品種。

それが3万匹という大群をなして襲ってくるというのですから、想像しただけでもゾッとします。

こちらのバッタ、サバクトビバッタと呼ばれ、アフリカ、中東、インドにかけて生息。食欲も旺盛で、自分の体重と同じくらいの食料という食べるという食いしん坊っぷり。

人間に当てはめれば、体重50kg分の食料を一夜に食べてしまう計算。仮にサバクトビバッタの集団が5万匹として、これを人に例えれるとギャル曽根5万人分の集団が襲ってくるということ。そりゃ、ペンペン草を生えない位に焦土化するのも無理はありません。

そもそも何故、こんなに増えたの?

このサバクトビバッタの被害で、東アフリカでは2500万人、イエメンで1700万人の飢餓が出るとも言わています。

そもそもこの大発生を生んだ根本的な理由は2018年に遡り、アラビア半島南部の砂漠にサイクロンが直撃。餌となる食料が大量発生し、それまで食料が乏しかった土地が一気に潤ったのです。

これまではくたばっていたバッタも生き延びることができ、どんどん繁殖していったのでしょう。

加えて2020年に入り、コロナ禍により満足の行く害虫処理もできなかったことも原因のひとつに挙げられます。

ヒマラヤ山脈さんありがとう

アフリカを起点にし、アラビア半島、インドと移動範囲を広げるサバクトビバッタ。

この事態に日本も襲われてしまうのでは不安を感じましたが、そこは自然の要害ヒマラヤ山脈のおかげで、おそらく日本までは到達しないだろうと言われています。

バッタ君たちにとってもヒマラヤ山脈は相当ハードルの高い壁のようで、その多くは、諦めてもと来た道を戻るか、人生の終焉を迎えることでしょう。

穀物事情はひとまず問題ないけれど

といわけで、日本がバッタの被害に合う確率は非常に低いということがわかりましたが、食料問題的にはどうなのか?

輸入に頼る日本としては大丈夫なのかと。が、日本の場合、穀物の多くはアメリカからの輸入が多く今の所、日本への影響は少ないと言われています。

世界の穀物生産量も前年を上回っています。

といわけで、局所的な被害ということになるわけですが、早くこのバッタ騒動も収束に向かって欲しいものです。

カマキリを大量発生させれば駆逐してくれるのではないかと思ったのですが、無理かな・・・

カテゴリー
商社

最高益から一転。受難の時代に突入。商社

最高益を叩き出したのに・・・

2019年度は、過去最高益などで沸いた商社業界。

資源ビジネス絶好調でオリンピックイヤーの2020年は、さらなる成長が見込めるはず・・・と思ったら。

米中摩擦で、経済スピードがダウン。ところがトランプさんも中国も仲良くしてよという声が伝わったのか、第一段階での合意に達し、さぁ、これから年度末にかけて挽回するぞと思った矢先に、まさかのコロナ騒ぎ。

人やモノが全く動かないことから、原油市況は供給過多により、大幅下落。サウジのシュエールガス潰しも影響していることは確かでしょうけど。

利益より我慢の時にじ~ん。

会長、社長自ら玄関でお出迎え。新聞などでよく見かけ、かつ会社のトップがこんな自分を出迎えてくれるというのであれば、これほど気持ちが高ぶることはないでしょう。

しかもコロナショックで気持ちが沈んでいる時はなおのこと・・・。

そんな苦しい状況に追い込まれた中、伊藤忠商事の会長のコメントがやけに胸に刺さりました。今は、利益よりも我慢の時期であると。潰れさえしなければ、いつかは復活できるというコメントだったかと思います。

これ商社に限らず、どの会社にも言えること。とにかく、このお通夜状態の日本潰れずに持ちこたえることができれば、いつかまた復活できると。

とにかく、その体力がないと成立しない話なのですが・・・

いつか来た道か・・・

振り返ればリーマンショックの時も、商社業界は大打撃を受け、資源ビジネスに偏っちゃ駄目よ、ダメダメといことで、次なる飯の種づくり頑張っていきました。

新ビジネスの育成が直接的に業績に寄与したとは言い難いですが、あの苦しい時代を乗り越えて、最高益を叩き出すまでに成長したというのは素晴らしいことだと思います。

とは言え、経営不振の原因はリーマン同様、資源価格といのが何とも・・・

こんな時だからこそ

丸紅が18年ぶりに赤字。三井物産も500億~700億円の減損損失、三菱商事も赤字と惨憺たる状況ですが、またいつか復活することを切に願うばかりです。

その時は資源ではなく、新ビジネスで復活すればいいかな。

今回のような世界的に流行するウイルスを商社の力で何とかして欲しいです。

世界を股にかけてビジネスをするのが商社ですから。

当時は就職したいランキングで商社は強かったけど、今はどうなのかな。

医療という切り口で世界成長に貢献となれば、共感する学生さんも多いのではと思った次第です。

カテゴリー
商社

商社とスーパーをつなぐ動画ビジネス

プレーヤーがたくさん。スーパーの仕入元

生鮮食品から加工食品、酒類、飲料などなど様々な商材を取り揃えるスーパー。仕入先ともなれば、とてつもない数にのぼるでしょう。

多くは卸問屋を通しての商流になるかと思いますが、メーカーも店先に足を運び日々、激しい棚取り合戦が繰り広げられています。

んで、今回はそのメインとも言える卸問屋が棚取りに参戦しているという話。卸ルートが確立されたら、はいおしまいと思いきや、売上がイマイチの場合は、あっさりと契約が打ち切られてしまうのでしょう。

ということで、卸問屋、メーカーが激しく棚取り合戦をしているわけです。肝は売り場づくり支援になるのですが、キラーコンテンツとして動画がかなり注目されています。

スーパー

店頭活性化。動画の前にPOPは沈黙

店頭によく見かける手書きのPOP。消費者が思わず手を出してしまうような心の琴線に秀逸なものもあります。

あるいは陳列の仕方をタワー型にしてみたり、装飾POPで派手な売り場をつくってみたり、現場では色々と試行錯誤しています。まぁ、メーカーさんが作っているということもありますが・・・

中でも購入に結びつく確立が高いのがメニュー動画。これまではテレビCMを垂れ流すミニチュアサイネージが主流でしたが、今や大型モニターで、しかもコンテンツは良質なメニュー動画。よくおすすめレシピなるものが棚近くに置いてありますが、あれの動画版です。

中の人いわく、動画をながしたことで通常よりも2倍の売上になったという声もあり、その破壊力は、これまでの店頭POPを沈黙させるほどの破壊力があります。

スーパー

クックパッドも動画に力を入れ始める

夕飯前になると、とてつもなくアクセスが伸びたクックパッド。メーカーなどはこぞって自社製品を使ったレシピを上げてもらうよう、熾烈な争いをしていました。

が、今では、その座はレシピ動画に奪われている感じすらします。1分間の動画でテンポよく調理されていく様子は、自分でもできるかもと錯覚するほど。

これが購入モチベーションを刺激することは間違いないかなと。

てなわけで、クックパッドも動画に力を入れ始め、商社と組んでスーパーの店頭でメニュー動画を配信しています。

スーパー

スーパーの系列化ってあるんだ

クックパッドがイオン系スーパーに商社と組んで動画コンテンツを提供している一方、料理動画の最大手デリッシュキッチンは伊藤忠と組んでライフやサミットに動画コンテンツをを提供。

他にも三井物産がYou Tubeチャンネルの米テイストメイドと食品メーカーのハナマルキによる商品開発をお手伝いしています。

こうして見ると、コンビニのように商社の系列にあわせてスーパーも同じ仕組みになっていることに驚かされます。

モノを供給する上流を知れば、少なからず今よりも買い物上手になれるのかなと。

スーパー

商社が色々と模索しているのね

一昔前までは資源ビジネスで、我が世の春を謳歌した商社ですが、近年では新たな飯の種づくりに奔走しているかのように見えます。

その一環として、この動画コンテツというのもあるのでしょう。この商材をフックにこれまで扱っていた商品の売上を活性化させる。

横の連携を促すことで新たなビジネスに昇華させていくのでしょう。

今後の商社の動きが楽しみです。

カテゴリー
商社

​商社にもモビリティ革命の影響?

100年に一度のパラダイムシフト

100年以上続いた内燃機関による動力が電気にとって変わり、その先には自動運転が現実のものになるのでは?と言われているのがが今。

これまで完成車メーカーを頂点とした巨大ピラミッドが日本の経済成長に果たした役割は相当大きかった。

が、このピラミッドもEV化が進むことで、この垂直統合型が水辺分業型になるかも。加えて今まで関わりの薄かったIT企業が力を増してくるのではと言われています。

商社

IT企業ができること

トヨタが先日のCESで発表した自動のモビリティカーが世の中に普及することを仮定すると、まずは運行管理などを手がけるIT企業や、決済周りと在庫管理のシステムを担う企業や、必要に応じてモビリティカーを増車させるシステムを手がける会社などが存在感を増してくる可能性も考えられます。

車も本当の意味で通信ができるようになれば、天気やニュース、メールのやりとりなどを提供するサービスが台頭。今は各社ごとで分散していますが、このサービスだけを提供する会社というのも充分考えられます。

このように今までは活躍の場が限られていたIT企業もモビリティ革命後はメインストリームを走ると考えられます。

商社

商社も虎視眈々とその座を狙う

例えば三菱商事の場合、全社横断的なEVの専門チームを結成し、部門を超えた協業も視野に入れた動きをすすめています。

三井物産はAIの活用などを全社的に進めていく様子。

先日、社長交代をした伊藤忠も、今後はデジタルの分野に力を入れていくことを表明しています。

商社

Amazonが羨ましいよ

伊藤忠の会長曰く、「Amazonのように社長の任期がなければ長期視点に立って投資ができるのに。羨ましいよ」と。

時には、任期という制度が会社の成長に影響を及ぼすことがあるんだなと。

大きな変革期だけに、特例として任期2倍増しとかあればいいんですけどね・・・

商社

商社もデジタル化

これまでの商社と自動車メーカーの関わりは資材の購入やら、完成車の販売ルートの開拓、もしくは販売。が、この先を考えると、もう少し川上よりに力を入れていかないと商社でさえ生き残りが厳しくなってくるということを示唆している感じがしました。

とは言っても、商社とデジタルという商材がかなり離れている感じがして、果たして大丈夫?と気さえしますが、そこは資金力にものを言わせてスタートアップ企業などを買収して、その仕事を強化していくのでしょうね。

とにかくピラミッドが瓦解してしまったらオマンマ食い上げにならないよう、商社も必死なんだなと感じた次第です。

カテゴリー
商社

穀物から水産分野へ。商社バトル第二ラウンドの幕開け

トウモロコシ高騰を思い出す

穀物分野と言えば真っ先に思い出すのがトウモロコシ。昔テレビで見たのは、日本のある商社が米国でトウモロコシを買い付けるといった内容のもの。

家畜の飼料やバイオエタノールへの使用とその用途が幅広いトウモロコシは値段が高騰し、農家もかなり強気の金額提示。様々な会社から買い付けの依頼が来て、結局、その日本商社は買い付けることができず、苦い経験を余儀なくされました。

あれから数年たった今、穀物分野もだいぶ落ち着き、水産分野がにわかに脚光を浴びているということで、まとめてみました。

米カーギルの買収でひとつの転換点

2014年8月、穀物メジャーの米カーギルがサケの養殖用飼料最大手を買収しました。穀物メジャーのやり口を、この水産分野になぞれば、飼料を基点に漁から養殖、加工までも視野に入れるていることは容易に想像がつきます。

この買収をきっかけに三菱商事も、この動きに触発されたのか2014年11月にサケ養殖会社を買収。米カーギルが拡大する前に、養殖部門を抑えた格好となりました。

では、なぜ稼ぎ頭の穀物分野を捨て水産分野にまで手を広げるのか、そこには中国の存在が影響しています。

爆食の終焉

2000年代以降、中国は穀物の輸出国から輸入国へとかわり、様々な穀物を海外から輸入するようになりました。例えば大豆。 こちら世界の輸入シェアの6割を占めるほどになり、商社各社がこぞって中国市場の進出を図っていきました。

が、しかし中国も海外勢に自国の産業を食い物にされるのは許容できない。

てなわけで自国の商社の強化に乗り出し、海外勢の締め出しに成功。

成長の見込める商社各社はならば、違う商材で戦うまでよと、水産分野に進出したわけです。

食料自給率の低い日本

食料のそのほとんどを海外に依存する日本。海外の大手商社に牛耳られてしまと、とんでもい価格で輸入せざるを得ず、主婦のやりくりも大変。

そう考えると、米カーギルの機先を制して養殖会社を買収した三菱商事の行動は日本の食を死守したとも言えます。ありがとう三菱商事

カテゴリー
商社

鉄道メーカーとクルマメーカーって、こうも違うの

クルマメーカーはこんな感じ

クルマメーカーは、市場のニーズをくんで、あるいは、その先の未来を見据えて、ユーザーの想像を超える商品を開発します。メーカーの、こうゆうクルマをつくりたいという想いもありますが、基本的にはユーザーありき。が、鉄道メーカーの場合は、ちょいと様子が違うみたい。

d826644dce48eb0a7093f0caafbec372_s

鉄道メーカーのユーザーは鉄道会社

日本で鉄道会社と言えばJRです。で、車両をつくるメーカーのお客様とは言えば、このJRとなるわけです。JR側から、厳しい技術要件が提示され、それに合わせて車両づくりがはじまる。んで、クルマと違って、製造できるメーカーも限られているので、そんなに競争もないわけです。

42cd086d5ef156ceaaf995b8233127f5_s

海外は、競争が激しいみたい。

海外の場合は、ちょいと様子が違うみたいで、多くの車両メーカーから製造メーカーを選別。コスト重視で、条件に合う所があればお願いするスタイル。なので、前期モデル、後期モデルではメーカーが異なることもあるんでしょうね。

ライバルに勝つために・・・。

コスト重視ということもあり、各社、メカニカルな部分では、汎用部品などを使い、コストを下げ、内外装を鉄道メーカーの要望に合わせ作りこんでいく。お金をかけるところとそうでないところでメリハリをつけているんです。

日立の本気が見えてくる。

で、鉄道車両メーカーの日立が本腰を入れて、海外に打って出たようで、各国の鉄道メーカーを招き、鉄道発表会なるものを開催。クルマメーカーでは当たり前の話ですが、鉄道となると話は別。しかも1/1スケールの模型を用意するといった力のいれよう。よく会場に入ったなと驚きましたが、そこまでしないと鉄道会社の人達に納得のいくプレができないでんしょうね。

日経ビジネスNO.1752より Casestudy 日立 鉄道,鉄道 クルマ 違い,日立 海外
カテゴリー
商社 経済ネタ

資源ビジネス活況と思いきや、結構大変かも。商社

企業別に強い資源がある

資源・エネルギービジネスで活況を呈している商社ですが、資源別に強みとしている企業が異なるようです。例えば鉄鉱石であれば三井物産、銅であれば三菱商事、ヨードであれば豊田通商といった具合に。けど、ヨードって一体何?

to_a185c68c045222a41af3540d49ce2be7_s

うがい薬に使われるヨード

身近なところで言えばうがい薬。で、最も多いのがレントゲン造影剤の原料だそうです。で、主要産出国は日本とチリと北米でかなり限られているご様子。しかし、投機マネーが入りにくく利益も出しやすいとのこと。

リチウムにも力を入れる

さらに豊田通商は、リチウムの採掘にも力をいれているとのことで、大手商社が及び腰なニッチな資源を抑えて存在感を高める戦略に出ている感じがします。

グループ会社優遇は過去の話

そもそも豊田通商は、親会社のトヨタとの関係が強く、自動車関連事業の利益が6割を占めている状況。が、足元を見れば、ロシアでは三菱物産に仕事を持っていかれ、イラクでは住友商事と競合。グループ会社だからと言って安穏とはしていられない状況のようです。

to_c62b033a7b0c83227972158cd51ea61d_s

そこで、自動車関連に偏っていた収益構造の改善をすべく、ニッチ資源にも力を入れ、事業の多角化に力を入れているのでしょう。

生き残りをかけどこも必死

外から見ていると商社業界は、景気がいい業界と見えますが、実は取るか取られるかの、仁義なき戦いが繰り広げられているのだと実感。親に頼らず、自立しなければ、この先生き残れないことを改めて学んだ次第です。

日経ビジネスNO.1739より