自動車業界

自動車業界

EV3強の仲間入り?BYD

EV御三家と言えば EV市場における御三家と言えば、テスラ、VW、ヒュンダイ。共通しているのは自国以外で販売台数を伸ばしているという点。 VWは中国、米国が主戦場で、ヒュンダイは米国、欧州。んで、テスラは中国、欧州となっていま...
自動車業界

そろそろ反撃しちゃいますか。トヨタのEV

ベンツAclassのつまづきを見ているようだ トヨタがEVラインナップを発表し、2022年は日本にとって本当の意味でのEV元年と期待した人も多かったはず。 売り方もサブスクという斬新さ。充電池のリサイクルがままならない状態を考...
自動車業界

勝者なき。車のサブスク。いつまでも続くよ改善活動

トヨタがサブスクで業界騒然だったけど 音楽のサブスクのヒット受けてか、様々な業界でもサブスクが導入が進んでいますが、どの業界も苦戦しているのが実情のようで、スーツのサブスクは早々に撤退という残念な事例もあります。 そんな逆風な...
自動車業界

漁夫の利?マツダSUVバカ売れ

受注台数9000台。計画の4倍 マツダの新型SUV、CX-60が快調に販売台数を伸ばしているということで大きな話題を呼んでいます。 価格帯は500万円台との高めCX-60。マツダが位置づける中・上級SUVのラージ商品群の第一弾...
自動車業界

唯我独尊あらため。アライアンス。ホンダ

EV化に向けて、自前を捨てて提携 国内メーカーが合従連衡する中、独立を保ていたホンダでしたが、EV化となっては話は別。巨額の開発費はかかるし、とてもじゃないけど1社で戦い抜くのはしんどい。 てな、わけで提携に舵を切り、この難局...
自動車業界

ホンダがSONYと手を組む

えっ、まさかホンダがSONYと 数年前までは、競合他社は提携などを組む中、独立を保っていたホンダですが、コネクテッド、EVという新たな波が押し寄せたことで、それまでの方針を捨て、GMと提携したのは記憶に新しいかと思います。 こ...
自動車業界

クルマ買取もメルカリ化。進む個人売買

個人売買が難しいクルマ ヤフオクにはじまり、メルカリの普及により個人売買がより身近になった昨今。使い古したものを捨てるのではなく再利用するという流れは、今流行りのSDGsも当てはまり良いことですが、全てのモノが個人売買できるとも限ら...
自動車業界

EV電池の再利用はこれからのトレンドになるか

近い将来、有名になるかも。レッドウッドマテリアルズ EV車のコストの大半を占めていると言っても過言ではない充電池。原材料の採掘までに手を伸ばす完成車メーカーの動向を見るに、事態はかなり深刻な感じに映ります。 遠い昔に耳にしたレ...
自動車業界

EVの熱管理という新たな価値。デンソー

EVの課題とは ガソリン車よりも維持費が安い、二酸化炭素を排出しないので環境にやさしいなどEVはいいぞと広く喧伝されており、デメリットはあまり知られていない気がします。 ガソリン車に比べると、航続距離が短く、給油に時間がかかる...
自動車業界

国と国とのガチンコ勝負。電池生産

中国、韓国勢にやられっぱなしでいいのかに危機感。欧州勢 欧州で販売されるEVの中で、人気の中国、韓国産。クルマの歴史も長く、見る目に肥えた人が多い中で選ばれるというのは、一昔に比べると、さぞ品質も向上しているのでしょう。 ので...
タイトルとURLをコピーしました