カテゴリー
Win10

Win10 セーフモード設定

F8で連打でも開かないセーフモード

Win10以前は、セーフモード設定と言えばファンクションキーのいずれかを連打すれば立ち上がったのに、全く効かない。

何とかセーフモード立ち上げに成功しましたが、結構面倒な作業だったので備忘録も兼ねてまとまめしました。

システム修復ディスクの作成

まずコントロールパネルを開き、システムとセキュリティを選択

win10 セーフモード

続いて、バックアップと復元を選択

win10 セーフモード

システム修復ディスクを選択。

win10 セーフモード

ひとまずシステム修復ディスクづくりを完了させます。

BIOS設定でCD-ROMより立ち上げ

起動ディスクをHDDからCD-ROMに切り替え、システム修復ディスクを入れた状態でパソコンを立ち上げる

詳細オプションが立ち上がる

システム修復ディスクで起動するとが詳細オプションが表示されます。スタートアップ設定が表示されていれば簡単にセーフモードを選択できます。

が、僕の場合、スタートアップ設定が表示されないパソコンでした。なので、コマンドプロンプトでセーフモードを設定します。

win10 セーフモード

コマンドプロンプトでセーフモード設定

コマンドプロンプトを立ち上げたら、下記コードを入力。

bcdedit /set {default} safeboot minimal

上記コードを入力後、Win10を立ち上げると無事セーフモードが立ち上がります。

セーフモードから元に戻す

通常モードに戻す時は下記コードをコマンドプロンプトに入力。

bcdedit /deletevalue {default} safeboot

カテゴリー
Win10

win10 DドライブをAドライブに名前変更

ナビゲーションウィンドウの並びが・・・

ファイルを保存したり、ファイルを探したり。何かと重宝するナビゲーションウィンドウ

ライブラリフォルダー、OneDrive、ハードディスク、ネットワークドライブ等が表示されています。

で、今回のお話は、ハードディスクの並びをドライブのパスを書き換えて並び替えるというもの。

本来、Cドライブ、Dドライブ、DVDドライブのEというのが一般的。

で、ファイル保存する際に、速やかにDドライブを選択するため、Aドライブに名前変更しました。

コントロールパネルを開く

コルタナにコントロールパネルと入力し、コントロールパネルを表示。

システムとセキュリティを選択

Dドライブ名前変更

管理ツールを開く

管理ツールを開き、

コンピューター管理を選択

Dドライブ,名前変更

記憶域を選択

記憶域のディスクの管理を開くとハードディスクと外付けHDDが表示されます。

Dドライブ,名前変更

Aドライブにしたいドライブ(ボリュームG)を選択し、右クリック

ドライブ文字とパスの変更を選択。

この後に表示される画面でAドライブに書きかければOKです。

Dドライブ,名前変更

注意点

それまでボリュームGと認識していたのがボリュームAになることでアプリケーションによってはエラーが表示が出ます。

例えばメールソフトの保存先をボリュームGにしていた場合、ボリュームGにはデータがないよと忠告されます。

メールソフト内で保存先を変更すれば問題はクリアできます。

カテゴリー
Win10

Win10のネットワークドライブの設定法 備忘録

ネットワークドライブとは

ネットワークドライブとは外付けHDDとか社内のイントラネットをさも自分のPCのドライブのように使えるにする機能だと思っています。

ネットワークドライブにするとエクスプローラーのナビゲーション部分(左サイドの一覧表)に表示され、ファイルを開いたり、保存するのがものすごく楽なんです。

ので、備忘録を兼ねて設定方法をメモしました。

win10,ネットワークドライブ

まずは共有設定

ネットワークドライブ化するにはまず共有しないと始まりません。

右クリックでプロパティを開き、共有タブをクリック。

写真は共有されていないためグレー表示になっています。

ので、こちらを共有化します。

詳細な共有を開きます。

win10,ネットワークドライブ

アクセス許可が肝

詳細な共有を開き、このフォルダーを共有するにチェックを入れます。

で、アクセス許可をクリック

win10,ネットワークドライブ

ここでフルコントロールの許可にチェックしておくとファイルを保存したり削除したり移動ができます。

win10,ネットワークドライブ

別端末から開き、ネットワークドライブ化がされていればこのように表示されます。

win10,ネットワークドライブ

割当作業をして終了

アイコンを右クリックで、ネットワークドライブの割当てを選択すればOK

これで終了です。

ナビーゲーションウィンドウに外付けHDDが表示されるので出し入れもむちゃくちゃ楽です。

win10,ネットワークドライブ
カテゴリー
Win10

OneDriveをCドライブからDドライブへお引越し

設定を開く

右下に表示されている雲マークをクリック。

んで、その他を選んで設定画面を開きます。

アカウントタブを開いてこのPCのリンク解除を選択。

OneDrive

エスクスプローラで移動を選択

現在、PC端末に保存されているOneDriveのフォルダーを開きます。

僕の場合は、このようにCドライブを開くといました。

OneDrive

エクスプローラー画面(上記画面)を開いた状態で移動を選択します。

移動先をCドライブからDドライブに変更します。

OneDrive

再びOneDriveの設定画面に

OneDriveの設定画面に戻ります。

そうすると移動前の保存先が表示され、場所の変更と表示されているので、こちらをクリック。

移動したDドライブのOneDriveを選択してお引越しは完了です。

OneDrive

最後にCドライブのデータを削除

引っ越ししても、何故かCドライブにもデータが残っています。ので、こちらを削除して完了です。

カテゴリー
Win10

ウィンドウズライブメールからアウトルックにお引越し

メッセージのエクスポート準備

ウィンドウズライブメールのファイルから電子メールのエクスポートを選択して、電子メール・メッセージを選択

エクスポートする形式でMicrosoft Exchangeを選択

エクスポートフォルダーの選択画面に移ります。すべてのフォルダーも選択もできますが、エラー引き起こすこともあるとのことでしたので、選択されたフォルダーを選択

エクスポートがうまくいかない・・・

既定のメールクライアントが設定されていないため~というエラーメッセージが出ます。

ので、アウトルックを設定して、既定のメールクライアントに設定します。

アウトルックの設定

アカウントを既に設定済みでしたので、アカウントの追加画面で説明を進めます。設定方法は一緒です。

最初の画面で一番下の自分で電子メールや~をチェック。

ライブメール、アウトルック引っ越し

サーバー情報などを入力しま。ウィンドウズライブメールの情報と一緒です。

ライブメール、アウトルック引っ越し

Officeの修復

アウトルックの設定が終わり、既定のアプリに設定したものの、まだエラーが出てしまう。

ネットではOffice IMEの削除が有効とのことでしたが、そのIMEがない場合は、Officeの修復をオススメします。

写真は修復後の画面のため、変更となってますが、ここに修復と表示されます。

ライブメール、アウトルック引っ越し

既定のMAPIというエラーが出た場合

これでエクスポートができると思ったら、今度はまた違ったエラー画面が・・・

既定のMAPIストアを開けませんでしたと出たら、プロファイル設定が有効です。

ライブメール、アウトルック引っ越し

コントロールパネルでユーザーアカウントを選択

ライブメール、アウトルック引っ越し

メールを選択

ライブメール、アウトルック引っ越し

プロファイルを選択

ライブメール、アウトルック引っ越し

プロファイルを追加して、任意の名前をつければOK

ライブメール、アウトルック引っ越し
ライブメール、アウトルック引っ越し

アカウント情報を入力して、通信が成功すれば完了です。

ライブメール、アウトルック引っ越し

アウトルックにインポート

アウトルックのファイルから、開く/エクスポートを選択

ライブメール、アウトルック引っ越し

インポート/エクスポートを選択します

ライブメール、アウトルック引っ越し

他のプログラムまたはファイルからインポートを選択

ライブメール、アウトルック引っ越し

先程、ウィンドウズライブメールでエクスポートされたファイルが自動的に表示されます。自分で探しに行く必要もありません。

ライブメール、アウトルック引っ越し

アウトルック2016、Office 365版でも行けるかも

この一連の作業はウインドウズライブメールのeml形式をアウトルックのファイル形式、pst形式に変換するもの。

ので、pst形式で吐き出すことに成功すれば、アウトルック2016、Office 365版にもインポートできると思います。

ぜひお試しください

カテゴリー
Win10

win10。コンパネの場所と起動ディスクの作り方

どこに行ったコンパネ

OSをアップデートする度に困るのが、各種設定の機能が引っ越ししてしまうこと。

特にWin10にしてからと言うもの、その酷さは目を覆うばかり

特にコンパネに簡単にアクセスできなくなったのが痛い。

なので、備忘録も兼ねてコンパネの位置を書き留めておくことにしました。

Win10のコンパネの場所

Windows システムツール内にいます。

win10

起動ディスクの作り方

コンパネの位置がわかったので、万が一に備えて起動ディスクも作ってみました。

システム・セキュリティバックアップと復元を選択

開いたページの左脇にある項目のシステム修復ディスクの作成を選択します。

win10

メディアを挿入

メディア挿入画面が表示されるので、メディアを入れてディスクの作成を選択します。

win10

何気にあっさりと仕上がるじゃん。

焼き上がるのに30分位かかると覚悟していましたが、約2分で焼き上げ完了。

これならこまめに焼いても負担になりません。

win10

続いて復元ポイントのお話

起動ディスクは、何かしらのトラブルに見舞われた時に、このメディアから立ち上げて、復元ポイントの状態に復活させてくれるというありがたい機能。

ただ残念なことにこちらは自動ではなく、手動で復元ポイントを作らないといけません。

復元ポイントの作り方

コンパネシステムとセキュリティシステムの順でウィンドウを開き、システムの保護を選択

win10

復元ポイントの設定を有効に

使用しているハードディスクの一覧が表示されます。

僕の場合、無効になっていたDドライブに復元ポイントを作ることにしました。

構成のボタンをクリック

win10

容量を設定して復元ポイントを作成

バックアップ容量は自由に決められます。

僕の場合、HDDの容量があまりないので4GBとしました。

win10

復元ポイント作成、約1分

起動ディスクの作成同様、こちらもあっさりと終わりました。

約1分ほどで復元ポイントの作成は完了しました。

win10

念のため確認

復元ポイントがた正しく設定されたかの確認をしましょう。

システム保護を選択して、システムの復元を選択。

win10

次へを選択。ここでは即開始にはなりませんのでそのまま続けてください。

win10 win10

このように復元ポイントが正しく設定されていました。

以上です。データが飛んでしまってからでは遅いのでこまめにバックアップは取ろうと思った次第です。

カテゴリー
Win10

Adobeソフトのファイル関連付け方法

アイコン真っ白で真っ青

Adobeソフトをインストールしたものの、アイコンが真っ白。しばらく放置しておけば直るものと思っていましたが一向に直る気配がないので、ファイルの関連付けを行い、アイコンが正しく表示されるように設定しました。

win10,ファイルの関連付け

歯車をクリック

画面左下のWindowsマークをクリックして、歯車ボタンをクリックしてWindowsの設定画面を開きます。

win10,ファイルの関連付けwin10,ファイルの関連付け

アプリを選択

アプリを選択して既定のアプリを選択

win10,ファイルの関連付け

ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ

下にスクロールをすると、「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」というのがあるので、こちらをクリック。

win10,ファイルの関連付け

ファイルの関連付け

拡張子の一覧が表示され、関連付けがされたいるものはアプリのアイコンが表示されています。

関連づけがされていない拡張子は、+マークが表示された状態。

win10,ファイルの関連付け

こちらをクリックして、該当するアプリを選択すれば、関連付けが行われます。

イラストレーターの拡張子aiにはまだアプリの関連付けがされていないので、+マークをクリックして、イラストレーターを選択。

これで、aiファイルの関連付けが完了しました。

win10,ファイルの関連付け

InDesignの場合

この調子でInDesignの関連付けを進めましたが、肝心のIndd拡張子がありません。

win10,ファイルの関連付け

このような時は、関連付けされていない当該ファイルを選択して右クリック。

プログラムから開くを選択します。

win10,ファイルの関連付け

いくつか関連性の高いアプリが表示されますが、InDesignがありません。

そんな時は一番下のこのPCで別のアプリを探すを選択。

win10,ファイルの関連付け

Program Filesが開くので、Adobeフォルダー内のInDesignフォルダーを選択。

exeファイルを選択します。

win10,ファイルの関連付けwin10,ファイルの関連付け

関連付け完了

関連付けがされると、真っ白なアイコンから当該のアプリアイコンに表示が切り替わりました。

win10,ファイルの関連付け
カテゴリー
ppt

テンプレつくってパワポ作業を時短化

いつもゼロからスタートの非効率から抜け出したい

僕の場合は、イチからお客様ごとに作っていますが、これって物凄く非効率。

ので、タイトルページをさくっと作る方法をご紹介します。

スライドマスターの設定

リボンのユーザー設定スライドマスターを選択

パワポ,スライドマスタ

表示スライドマスターを選択。

パワポ,スライドマスタ

スライドマスターページの構造をカンタンに説明します。

親スライドと子スライドがあって、親スライドはヘッダー、フッター、ページ番号などを設定します

子スライドは親sスライドのヘッダー、フッター情報などを引き継ぎます。 パワポ,スライドマスタ

親スライドの編集

一度、スライドマスターを閉じて、スライドページを表示。

スライドを選択して右クリック。スライドの削除を選択して、スライドを全て削除します。この作業を行わないと、子スライドが削除できないからです。

パワポ,スライドマスタ

再びスライドマスターページに戻り、子レイアウトを全て削除します。

パワポ,スライドマスタ

親スライドを編集します。コンテンツエリアとフッターのページ番号は削除します。

コンテンツエリアは子スライドで編集するため。ページ番号はタイトルに必要ないため削除します。

パワポ,スライドマスタ

子スライドの編集

スライドを選択して右クリック、レイアウトの挿入を選択します。

子スライドが出来ました。

パワポ,スライドマスタ

プレースホルダーの挿入からテキストを選択。企画書のタイトルとなる部分を作ります。

パワポ,スライドマスタ

出来上がりはこんな感じです。

パワポ,スライドマスタ

スライドマスターを閉じて、挿入>日付と時刻を選択。日付と時刻、フッターにチェックをいれます。この設定をしないと日付と時刻、フッターは表示されませんのでご注意ください。

パワポ,スライドマスタ

テンプレを編集するだけ

これでタイトルページのテンプレ作成作業は終了です。

日付は自動で変更されるので入力ミスを防いでくれます。

「タイトルを入力」部分と、中央の企画書タイトルだけを編集するだけ。

パワポ,スライドマスタ

お客様ごとに色やフォントを変えたい

親スライドを開き、配色を選べば上下の帯がカンタンに変更できます。

企業のコーポレートカラーに合わせて色を変更するといった作業もカンタンにできちゃいます。

パワポ,スライドマスタ

背景色も同様です。こちらもいくつか用意されているので、背景に色をつけたいと言うと気も親スライドを編集すれば自家をかけずにサクッとできちゃいます。

パワポ,スライドマスタ

まとめ

これでタイトルページ作りは飛躍的に向上します。今まではコピペや過去データの別名保存で対応していましたが、スライドマスタ-でテンプレを作った方が、再編集にかける時間もかなり時短化できることを知りました。これをきっかけいパワポ職人を目ざいます。

カテゴリー
Win10

wi10アップグレードの戦いに終止符

見慣れないアイコンが・・・

今から遡ること半年前。右下に見覚えないWin10のアイコン。

何かのウィルスが混入したのかと最初は焦りましたが、何てことはないwin10へのアップグレードの通知ということで、ひと安心。

が、この先このアイコンに悩まされるとは、あの時は知る由もありませんでした。

win10

消しても復活する粘着性

次第に右下のwinマークがうっとおしくなり、タスクマネージャーで非表示にしましたが、焼け石に水。再起動したらまた出てくる。都度タスクマネージャーを立ち上げOFFにするのも面倒になり、しばらくは放置していました。

次に試みたのがwin更新プログラムで、WIN10を表示させないというもの。

WIN10更新を促す更新プログラムをOFFにしておけばアップグレードされないというもの。

これは一定の効果があり、しばらくは非表示に成功したものの、違うルートで表示される機能があったのか、またまたwinアイコンが表示されているではありませんか。

で、僕は思いました。これは7/29まで待つしかないと・・・

粘着性

恐ろしい強引さ

こちらの根負けを知ってか知らずかさらなる攻勢をしかけてきました。

こっちは鉾は収めたのがら、そちらも休戦状態にしたらと思いましたけど・・・

その攻撃は、恐怖のアップグレードまであと何日といったカウントダウン表示。

この表示に焦って、会社の同僚はなぜかアップデートを実行。

速攻で電源を落とし、事無きを得ましたが、PCのリテラシーのない人はまずこの攻撃は避けられないでしょう。

攻撃

なぜ、WIN10はダメなのか

基本的にサードパーティ製品の互換性が大きく影響しています。

ウチの会社の受発注システムもXPからやっとwin7になったばかり。

多少の不具合は頻発しましたけど・・・

そんな苦労を重ねてやっとWIN7になって安定してきた矢先に、WIN10アップグレード攻撃が起きた訳です。

ということもあり、会社の基幹システムがwin10に対応していない以上、社員の端末もWIN10にはできない。

僕個人としても、やと慣れてきたWin7を手放したくない。

新聞でも大きく取り沙汰されていましたし、どの会社も迷惑がっていましたよね。

まさかのWIN10アップグレード発令

という訳で、会社も社員も2016年7月31日までおとなしくしていよう。マイクロソフトのトラップにかからないよう、互いに注意を呼びかけていた矢先にまさかのWIN10アップグレード通知の発令。

会社の寝返りっぷりにモニターを見ながら固まってしまいました。

聞けば、WIN10で基幹システムが稼働するかどうかの検証を社員に内緒で進めていた模様。で、問題なしという結果が出たということで、win10アップグレードに踏み込んだ様子。

こうして予期せぬ結果でWIN10アップグレードとの戦いに終止符が打たれたのでした・・・

青天の霹靂
カテゴリー
Win10

win10アップグレードなげーよ

さようならwindows7

xpは10年近く使ったのに、windows7はたったの3年。やっと慣れてきた矢先だっただけに・・・

これからwindows10にお世話になります。アップグレードに必ずついて回る不具合。今まで使えていたソフトが使えなくなったり、いきなり落ちてしまったり・・・

けど、会社の端末がwindows10にアップグレードすることとなり、泣く泣くアップグレードしてみました。

Win7

カウントダウンが始まっている

右下のwindowsアイコンをクリック。画面は1週間前のもの。誰も頼んでいないのにカウントダウンが始まっています。

今までは見るだけでも嫌だったあの画面だったのに、なぜか早くアップグレードしてくれという気持ちでいっぱいでした。

Win10

今すぐアップグレードをクリック

今すぐアップグレードをクリックすると、PCを再起動していますが表示されます。

この時注意したいのが、再起動と言ってしばらくこの画面状態が続きます。僕の場合、約15分ほどこの画面。

止まっているんじゃん?と再起動をしたりしないでください。

ここは辛抱強く待ちましょう。

<img src="https://charizm0407.com/wp-content/uploads/2016-07-24-14.02.08.png" alt="Win10" width="1366" height="768" class="aligncenter size-full wp-image-8851" />Win10

再起動したよやっと

15分ほどすると再起動し、画面にはwindowsをアップグレードしていますのメッセージ

ここからがまたまた長く、

ファイルをコピーしています。

機能とドライバーをインストールしています。

設定を構成しています。

の3つが作業が順番に行われます。

全てを終えるのに約30分です。

Win10

再び再起動でやっとご対面

これらを全て終了するとwindows10のタイトル画面が表示され、従来のパスワードを入力すればOK

あとはひたすら次へを押していれば画面遷移が進みます。

で、こちらがWindows10のデスクトップ画面。冒頭のwindows7時代の画面と大きく変更されていないので親しみがわきます。

Win10

懸念していたサード・パーティ製品の利用不可

Lenovoの省エネバッテリーモードが使えなくなりました。

が、元々使っていないので特にダメージなし。

しいて言えば、Kindleアプリが対象外な点。再インストールすればこちらは使えると思います。

といった感じで、心配していた互換性問題は僕の端末に限ってはさほど影響はありませんでした。

あとはソフト関係を使っている中で動作不具合が出ないことを祈るばかりです・・