カテゴリー
SNS

思わず旅したくなるを刺激。JTBのFacebookページ

販促よりもエンゲージメント

企業とユーザーのエンゲージメント確立を地でいくような取り組みをしているJTB。HISや近畿日本ツーリストなどの競合が多い中、日経BPコンサルティング調査の消費スコアにおいて同業の中で首位を獲得。

JTB

その原動力となったのが販促よりもエンゲージメントを重視した投稿内容。

行ってみたいを刺激

例えば、旅行先の息を飲むような自然の風景写真や地方ならではの催事ごと写真を掲載。あるいはJTBの企画した旅行の様子を掲載するなど。見た人が、私も行って見たいと思わせるような工夫が随所に盛り込まれている。

JTB

専任チームを結成

なかなか長続きしないFacebookページの運営。どの企業も最初に立ちはだかる大きな壁ですが、JTBの場合、Facebook事務局を立ち上げ毎月1回会議を実施。

ここに、ネタを持ち込み掲載ネタを検討。今では書く部署から様々なネタが集められており、ネタは尽きないという印象。 やっぱり長く続けるには、専任チームを置いて運営していかないとネタはもちろん、質も低下。結果、ファン数の低下に陥るのでしょう。

販促の誘惑はあるけれど

ネタが枯渇すると、当初の決め事は崩壊するもの。エンゲージメント重視と言っときながらいつしか販促ネタが投稿されるFacebookも散見される。

が、JTBは、そんな誘惑にも一切負けず当初のコンセプトを貫いているのだからすごい。 企業投稿ページがリーチされにくい中、消費者に見てもらうには、消費者自身が能動的にファンページを見にこない限り見てもらえない。

となると、いかに投稿記事の質が問われる。面白ければ必ずや見にいくだろうし・・・

カテゴリー
SNS

Facebookを活用した販促とは

エンゲージメントメインかと思ったけど

TwitterやLINEと異なり、販促よりもエンゲージメント作りに効果を発揮するFacebook。企業の無料投稿が届く範囲を制限するアルゴリズムの改変などの話を聞くに益々その傾向が強まっている印象。

けど、使い方次第では販促に大きな成果を上げている企業もあります。

Facebook広告の破壊力

投稿がダメならFacebook広告を使えばいい。この広告の特長は配信先の属性を絞れる点。下着メーカーのピーチジョンはこの広告を巧みに使いこなし大きな成果を上げています。

Facebook広告

3日間で200万人にリーチ

2013年に発売した新商品発表ではテレビCMと同時にFacebook広告を展開。20代女性を対象にした広告配信では3日間で200万人にリーチし、クリック率は20%。

ピーチジョン

通常の投稿では1万人に届くかどうかというのだから、Facebook広告の破壊力たるや半端ない。

絞込みで精度を高めるFacebook広告

例えばピーチ・ジョンのメルマガ購読者でかつFacebook利用者に広告配信することも可能。加えて、雑誌A、ブランドB、店舗Cが好きな人向けに絞って、広告配信もできちゃう。

FacebookページとFacebook広告のすみわけ

Facebookページとはファンとのエンゲージメントの構築用に、Facebook広告は販促にとすみ分けがさらに広まっていくのではないでしょうか。有料の広告配信を展開している以上、無料投稿をバンバン表示させるのは考えにくい。

ピンポインで狙いたい層に広告を打ちたいというニーズに対してはFacebook広告は有効かも。

カテゴリー
SNS

やっぱり窮屈。進むFacebook離れ

タイムラインが寂しい

海の向こうではFacebook離れが進んでいる。特に若年層においてその傾向は顕著。自分の狭い交友関係でも似たような現象が起きている。若者に限らず毎日投稿していた友人が、今では全く投稿せず。そんなお友達がかなりを占め、今ではタイムラインはお寒い状態。

Facebook

窮屈な感じが否めない

見る分には楽しいんですけどね、いざ投稿となると、リア充自慢にとられるとか、この前と同じ投稿じゃつまらんとか、プライベートを詮索されるのは面倒とか、色々な事を考えてしまい、「やーめた」というのがここ1-2年の傾向。

窮屈

Facebookページバブル

Facebookが盛り上がっていたのが2年前位。その頃は無料だからって、色々な企業がFacebookページを立ち上げたけど、その後の運用につまずき開店休業状態の悲惨な状況。

いいねも、そのほとんどが社員または関連会社の人というお寒い状態で、今では、そんなバブル状態も落ち着きました。

SNSの雄、スターバックスにも変化

SNSを販促に使って成功している会社と言えばスターバックス。Facebook、Twitterを使い、フォロア数、いいねの数は100万規模。はっきり言ってお化けです。

スターバックス

それまでは、Facebookに力を入れていたのがファン数の減少に伴いTwitterに鞍替え。グングンフォロアを伸ばすTwitterで情報発信した方が販促に効果的と踏んだわけです。

Twitter鞍替え。効果てきめん

Twitterで、新商品の発表をするや、店頭では当初計画した数量の2-3倍の販売を記録し、ある新商品ではリツィート数が3万件と過去最高を記録。しばらくは品薄となったというのだから、Twitter鞍替えは大成功でしょう。

スターバックス

即効性のTwitter、エンゲージメントのFacebook

販促のTwitter、エンゲージメントのフェイスブックと使い分けが、この先、より鮮明になってくる感じがします。タイムラインでもゴリゴリの販促情報は、お友達の近況ネタに混じって入ると、ものすごい浮いて見える。

しかも写真が重過ぎて表示に時間がかかるような時は、嫌悪感すら覚えちゃいます。

匿名性が高く窮屈感がなく雑多な情報が入り時混じるTwitterが企業販促には向いていると思います。