化学&繊維業界

化学&繊維業界

長く愛されるには理由がある。アタック30周年

今から30年前に誕生 小さい頃に見た洗剤のCMで記憶に残っているのがトップ赤のパッケージに小学生ながらこいつは凄い洗浄力だと想いました。洗濯はしないくせに。けど、それから数年後に誕生したのが花王のアタック。小さいパッケージで、家の置き場所...
化学&繊維業界

生き残るには新陳代謝が必要。三菱ケミカルの件

時代に合わせて変容 よく企業が生き残るには、事業の新陳代謝が必要とよく聞きます。世界に目を向ければデュポンやGEがまさしくそれですよね。過去の記事はこちら。デュポン潔さがかっこよすぎるGEの家電事業売却今回お話する日本の化学メーカーの雄、...
化学&繊維業界

攻める。SEIKO

時計にはまったわかりし頃 携帯電話の普及で最近ではすっかり出番のない腕時計。学生時代にはスウォッチが爆発的に売れ、ブームにのかって2-3本は所有していました。当時からG-SHOCKも人気で、ポストGショックなんて持てはやされたブランド時計...
化学&繊維業界

アパレル業界のインダストリー4.0

インダストリー4.0のメリット、少量多品種 日本版インダストリー4.0で触れた時は、日本のIoTはまだまだ先の話としていましたが、あれから時を待たずして実践している業界があります。まずは製造業からと思いましたが、アパレル業界でその取り組み...
化学&繊維業界

昭和から続く増配記録に仰天!!花王

26期連続増配 2015年度で26期連続の増配を記録した花王。26年前と言えばまだ昭和。ネットも携帯電話もない時代から、今の今まで増配し続けているのだから、ビックリ仰天。 なくてはならない花王製品 花王と言えば、洗剤、ヘアケア製品など...
化学&繊維業界

質と量の両面狙いで大丈夫?YKKの成長戦略

ファスナー業界でNO.1 ファスナーと言えばYKKという位に認知されている同企業。金額ベースの世界シェアは4割というのだから、そのブランド力は世界の誰もが認めるところ。主に欧米の高級ブランドやスポーツアパレルなどの採用が多く、これがシェア...
化学&繊維業界

危機を克服したアシックス

思わぬ所で足元救われる 社会の信用を失う事件は色々。マクドナルドの混入事件であったり、ベネッセの個人情報の漏洩、ワタミのブラック企業問題などなど。本業ではない所で思わぬ所で足をすくわれたと感じていることでしょう・・・。 信用を築くのにと...
化学&繊維業界

加工まで手がける、三井化学の勝算

部品メーカーがクルマを造るようなもの? 素材メーカーとして知られる三井化学。そもそもBtoBを主戦場にしてきたのに、米国の子会社「ホールユー」を通じて、消費者向けに市場にも参入もするとのこと。 クルマ業界で言えば、BtoBメインの部...
化学&繊維業界

エチレンって何もの?初めて知る化学業界

そもそもエチレンって何者? エチレンの代表的な加工品と言えばレジ袋。この原料、日本ではナフサというものを分解してつくられているようで、供給元は石油の元売り会社。JXや出光興産がそうです。 ナフサの市況は? 昨今の原油価格の低迷で、...
化学&繊維業界

辛くても踏ん張っているといいことあるかも。東レの繊維事業

始まりは商社から 東レの歴史をさかのぼると三井物産に行き着く。当時、英国からレーヨンを輸入販売していて、その国内生産を目指そうということで設立されたのが東洋レーヨン。これが東レの始まり。 100年企業デュポンと提携。 デュポンがナ...
タイトルとURLをコピーしました