カテゴリー
景気ネタ

EU離脱で商売繁盛?日本企業

税関手続きのシステム開発。NTTデータ

現在はEU加盟国のため税関なるものはありませんが、離脱となったら話は別。

新たに通関手続きなるものが発生します。となると、いかにこの手続をスムーズにしていくことが肝となるわけで、滞るようであれば英国経済にとっても輸出企業にとっても大打撃を被るわけです。

てなわけで、今流行りのICタグをつけた通関システムの構築が検討されていおり、それを狙いにNTTデータが攻勢をかけています。大規模なシステム構築が必要となり、そこはNTTデータの得意とする所。

受け入れ体制の強化すべく、人材増強やシステム構築を得意とする企業買収などを積極的に進めています。

税関

倉庫不足も懸念材料。日本通運

先の税関手続きと切っても切れないの物流。配送網も当然ですが、倉庫ビジネスが熱い模様で、現状ではかなり倉庫が不足しちえる模様。

通関手続き待ちの大量の荷物を保管する場所が圧倒的に少ないため、倉庫の建設が急がれています。

また荷物の輸送の面でも今以上にスピードが求められることは必至。ITを駆使した運行管理システム、荷物追跡システム、倉庫の自動化などなど派生ビジネスは間違いなく盛り上がっていくことでしょう。

倉庫

セキュリティ人材確保。セコム

EU離脱後に、移民の流入が大幅に制限されます。となると深刻な人手不足になると予測され、とりわけ警備関係は、これまで移民の方々にお願いしていたものだから、さあ大変。

この問題に大使、セコムでは、ITやAI技術を駆使しして、人手不足の解消を狙っています。

異常時にだけ警備員が駆けつける無人監視サービスで実績があるだけに、このシステムを使い、攻勢をかけていくことでしょう。

監視カメラ

離脱は当初懸念されていたが・・・

といった具合に、英国のEU離脱は経済を停滞させるなんて論調が散見されていましたが、むしろ経済を好転させている感じすらします。

日本企業による英国への投資も離脱表明後も伸びにのびているとか。

他にも企業が撤退するのではと懸念されていた事案も、アップルやグーグルの新オフィスを開設計画を見る限りに杞憂に終わった感じすらします。

グーグル、アップルの場合は、オックスフォードやケンブリッジ大学などの優秀な人材を獲得したいという目的があるようですが・・・

とは言え、離脱交渉ブレグジッドは難航しているようで、未だにモヤモヤが取れないといった感じ。英国、海外企業ともに喜ばれる点にうまく着地できればいいんでしょうけど・・・

カテゴリー
新商品・サービス

AI化進む。セコムしてますか?

東京オリンピックを控えて

東京オリンピックまであと3年。世界中から多くの人が集まり開催中の東京は外国人でどこもかしこもあふれかえることでしょう。

人が集まるってことは、テロ対策はもちろんですが、日本の威信にかけても警備はかなり厳しくなることが予想されます。

民間警備会社も、総動員でことにあることでしょう。その中で総合警備保障会社のセコムは、前回の東京オリンピックで、大会の警備全般を任され、今回のオリンピックも警備を請負、その規模は何と5万人規模というのですから驚きです。

そんなにスタッフを抱えていたのかと改めてセコムの凄さを知るとともに、ビルや住宅の警備に回るスタッフは不足しないのかとちょいと心配になりますが・・・

警備

画像認識技術は相当なもの

クルマなどでここ最近注目の集まっている画像認識技術ですが、セコムは古くからこの技術を導入し、磨きをかけてきていたというのは、あまり知られていないのではないでしょうか。

1998年には、カメラに映る光や影、昆虫などを誤認しない識別技術を既に開発。2010年には、マスクやサングラスした人物を不審者と認識する技術を確立したとか。これらの画像認識の技術をさらに向上させたのが、先の東京マラソンで試験的に導入されたAIと連携した技術。

警備

東京マラソンの裏で最新のセコム技術が・・・

まず、大会中に使用されたカメラが何と100台。コース沿いを監視するカメラ、警備員の胸に取り付けたカメラ、案内看板に設置されたカメラなどなど。

んで、大きな荷物を持っていたり、同じ場所を何度も往復したりといった不審な行動を、AIに事前に登録しておき、同じような事象が起きた場合に、AIが通知してくれるというもの。

実際にあったかは知りませんが、AIが警告を発動すると付近にいる警備員に通知され、現場に急行といった感じなのでしょう。

これにより、省人化はある程度、図れると思います。

他にも群衆が急に動き出すような状況は、何かしらの事件が起きた可能性が高い。

例えば血まみれの人がいきなり集まれば、皆我先に逃げまくるでしょう。その動きが群衆の急激な動きとAIは認知して警告を発動すると思います。

警備

けど、これ全て人力

製造業で、AIを教育していくのも人の手によるところが大きいという話を聞いたことがあります。

AIに不審者の動きを登録するのも、これまた人力によるもの。

セコムはその道のプロですから、色々な不審者の動き事例を持っていることでしょう。

後は、誤認をいかに避けるかでしょうね。例えばマラソン大会中に、引っ越し作業をする輩などがいたら、不審者と間違えることは可能でしょうね。

いきなり怖いお兄さん方に囲まれたら、ビビるまくるのもいたしかたないかも。

まぁ、観客側も、大会中にそんなことをする人はいないと思いますが・・・

警備[amazonjs asin=”4883386260″ locale=”JP” title=”セコム (リーディング・カンパニーシリーズ)”]