ロスジェネの逆襲

働き方

出生数100万人割れ。ロスジェネの逆襲

池井戸 潤のロスジェネの逆襲でありませんが 有効求人倍率が1%を下回り就職活動がとてつもなく厳しかった就職氷河期時代。ちょうどバブル崩壊後の時期でどの会社も採用を絞込み、チョ~がつくほどの買い手市場でした。そんな時代をロストジェネレーショ...
書籍レビュー

企業買収の仕組みの勉強にもなる「ロスジェネの逆襲」

半沢直樹シリーズ第三作目 シリーズ1作目から連続して読んでいる半沢直樹シリーズ。今回の舞台は出向先の証券会社。そうですね、元々は銀行マンだった半沢直樹が、子会社の証券会社の部長という設定で登場します。ネタバレになりますが、反しの大まかな流...
タイトルとURLをコピーしました