徳川家康

書籍レビュー

家康拡張の時代。三河物語 三方原の惨敗

狙うは今川家の遠江、駿河 国内の一向一揆を平定した家康。これで領土拡大の準備が整いました。家康の統治する三河は西に織田信長、東に今川家、北に武田という大変な場所に位置します。それぞれと敵対しようものなら、一瞬でその領地を奪われる。ので、戦...
日記

家臣目線の戦国時代。「三河物語」一向一揆収束

今までとは毛色が違う家臣目線が面白い 信長、秀吉、家康などなど今まで読んできた歴史小説の主役は、皆全て親分の生涯を描いた作品ばかり。信長の天下統一までの流れ、秀吉の全国制覇、そして家康の江戸幕府設立などなど。共通して言えるのは主要な戦、出...
タイトルとURLをコピーしました