カテゴリー
書籍レビュー

歴史に葬り去られた感動秘話「この生命、義に捧ぐ」

日本軍人が台湾を救う

こんな映画のようなお話が実際に起きていたのに今の今まで世に知られてこなかったというのは驚きました。

話の内容は、陸軍中将根本博という人が蒋介石から受けた恩に応え、見事その恩に報いたというもの。

その恩とは台湾の建国と言ってもいいでしょう。

毛沢東率いる赤軍との戦争でほぼ敗色濃厚となった国府軍を助け、最後の最後に見事なカウンターパンチを食らわせたというもの。

このカウンターパンチが決まっていなかったら今の台湾はなかったと言ってもいいでしょう。

台湾

中国と台湾の歴史的背景を知るのにはもってこい

よく新聞などに取り上げられる中国と台湾の問題。中国にとって台湾は中国の一部であって独立国家ではないとう主張なんです。

というのも、第二次世界大戦後に、ほぼ完膚なきまでに台湾、当時で言えば国府軍を叩きのめしたわけです。

中華人民共和国の建国が全世界に発信したのもこの戦争の勝利を確信したものと言ってもいいでしょう。

なのに、台湾を独立国家と認めるものだから、この戦いの勝者は未だ決まらず休戦状態ですよと言っているようなもの。

中国が気分を悪くするのもわかるような気がします。

台湾

日本の軍人って頭の良すぎ

これも全て赤軍VS国府軍の最終決戦で国府軍が勝利したことが大きく影響しているのでしょう。

上海、重慶、厦門を制圧され、台湾に逃げ込んだ国府軍。両国の間にポツンと存在する小さな島、金門島が最後の砦となりました。

で、陸軍中将根本博は国府軍の軍事コンサルというポジションで次々と司令官に進言に行い、赤軍の上陸地点を見極めて上陸させてから一気に殲滅させる戦術を取ります。

加えて島に上陸した船を全て焼却することで、再び大陸への足を奪い、かつ増援部隊が送れない状況を作り上げたのです。

この一連の戦術を知り、この陸軍中将根本博という人がいかに頭の切れた人であるかがわかりました。

日本軍人は論理的というよりも根性論がまかり通る集団かと思いましたが、中には優れた人もいたんだと関心させられました。

台湾

なぜ歴史上から葬り去られたの?

では、何故、ここまでの大勝利をもたらした陸軍中将根本博がピックアップされてこなかったのか

台湾にとっては、この劇的な勝利を日本人の手を借りていたというのも、口が裂けても言えなかったのでしょう。

そっちの方が民意発揚にももってこいですし・・・。ということもあってか日本でも長く知られていなかったのです。

でも、こうして書籍として世の知ることとなり、嬉しい限りです。とにかく感動しました。映画化されることを切に願うばかりです。台湾

カテゴリー
Blog 反省

長宗我部家を知るにはこの順番がおすすめ

功名が辻、夏草の賦からの戦雲の夢

戦国武将の中で、生まれる時代と生まれた場所によって儚くも天下統一を成し遂げられなかった武将は数多くいます。

東北で言えば伊達政宗、戦上手の武田信玄、上杉謙信、長い歴史を誇る関東の雄北条家

で、忘れてならないのが長宗我部家

おすすめの順番はこちら

この家系を知るには、歴史小説の大御所司馬遼太郎さんの作品が一番。

僕がおすすめするのは、後に土佐藩主となる山内一豊が主役の功名が辻(二) (文春文庫) 、続いて一代で四国統一を成し遂げつつあった長宗我部元親が主役の夏草の賦(下) (文春文庫)、そしてその息子、確か三男坊だったと思いますが、長宗我部盛親が主役の 戦雲の夢 (講談社文庫)です。

外者から見た土佐とはこんな感じ

関ヶ原の戦いの戦勝により土佐一国の藩主となった山内一豊(通称:伊右衛門)

その様子はまるで企業買収した会社経営陣と企業買収された社員の間で繰り広げられる戦いを見ているようで、とにかくあちらこちらで暴動で起き、まともに国を治めることがでできません。

そもそも、上意下達の文化のない土佐の人たち。よそ者の言うことなど聞けるかといった感じで、あちこちで新藩主への抵抗を続けます。

この作品で、当時の土佐の慣習、文化、民度などを知ることができ、次に読む「夏草の賦」を、あのことねとスンナリと入ってきます。

生まれた場所で人生が決まる戦国武将の悲哀

続いて、長宗我部元親が主役の夏草の賦。群雄割拠の四国をあと一歩の所で統一というという所まで追い込みます。

その失敗も出る杭は打たれるとでも言いましょうか、まず最初は織田信長にその夢を潰され、そして豊臣秀吉に潰され、彼の心境から言えば無念という言葉がピッタリと言えます。

豊臣家の武将として島津征伐の戦に加わった時のこと。過去に戦をした敵方の人間を大将に仰ぐという屈辱。

その戦術は明らかに間違っていても、それに従う男気を感じました。

この作品ではバラバラだった四国が統一されていく様子が描かれています。

ちょうど中央では織田信長が天下統一の向けて八面六臂の活躍している時代と一緒。時を同じくして四国でも激しい統一戦がなされていたので勉強になります。

最後に息子さん。これがまた残念すぎる

長宗我部元親の三男坊にあたる長宗我部盛親

かれの人生も、親を選べない子供の大変さと言いましょうか、藩主という人生を歩んでいなければ、また戦上手の武将として、後世に名を残したことでしょう。

関ヶ原の戦いでは特に深い理由もなく石田方につき、それによりお家を潰され浪人となってしまいました。

それでも卑屈になることなく、与えられた場所で一生懸命に生きる姿はどこか胸を打つ感じがしました。

大阪夏の陣で、天下に戦上手が知れ渡ったのに、これが最初で最後の戦だったとは・・・

この作品で、長宗我部家は完全に消滅したと語られていますが、後に明治維新の原動力になるあたり、何か運命めいたものを感じずにはいられません。

カテゴリー
書籍レビュー

信長天下統一前夜もまた面白い「風は山河より」

主役は家康組傘下の菅沼家

宮城谷昌光作品で初めて手にする日本史作品。描かれている時代は信長が生まれる戦国時代から豊臣秀吉が天下を取る頃まで。

信長、秀吉、家康というメインストーリーではなく、家康傘下の家臣、言わばサブストーリーにスポットを当てています。

で、この菅沼家が、当時最強を誇っていた武田軍を撤退させたという歴史に名を残す偉業を達成するまでの話が描かれています。とは言っても、菅沼家も3代にわたる世代交代を経ています。

世代ごとにカンタンに紹介していきます。これを読めば、本作品の理解も進むのかなと思います。

戦国時代

お爺ちゃんの頃の菅沼家のお話

当時は西三河で、一大勢力となっていたのが、家康のお爺ちゃんこと松平清康。とにかく戦上手で、5年ほど長生きしていれば天下も取れていたと言われるほどの逸材でした。

当然、菅沼家も松平清康に与して、西三河の平定、そして今川家の遠江進出に助力していきました。

が、思わぬ落とし穴が・・・。尾張の信長の父、織田信秀を攻める途中で、何と家臣に殺され、天下統一の夢が潰えてしまうことに。そしてこの清康の死から家康が三河に帰還するまでの長い間、松平家の苦難が続くことになるのです。

戦国時代

お父さんの頃の菅沼家のお話

清康の死により、すっかり西三河は分裂状態。群雄割拠の時代を迎えます。西からは織田信秀勢、東からは今川勢。今川もこの頃は世代交代が進んでおり、ボスは今川義元に変わっています。

驚くことにこの頃の今川家の勢いは近隣諸国の間でも群を抜いているほど。それを支えていたのが軍師とも言える雪斎という僧侶。とにかく俯瞰して物事を見ることに長けていて、この人が長生きしていれば、もしかしたら、三河も尾張も今川家になっていたかもとも思います。

この頃の菅沼家は不安定な松平家から袂を分かち、今川勢につくこととなります。

お家を存続させていくためには苦渋の決断を迫られる。

戦国時代の厳しさをを感じました。

戦国時代

そして歴史に名を残す菅沼家

そして、武田軍を撃退した菅沼家の世代に入ります。

この時は歴史の教科書にも乗っている桶狭間の戦いが起きますね。信長の天下統一のきっかけとなるエピソードで語られていますが、アナザーストーリーとして、家康が今川家から独立したり、東三河の豪族達が今川家から松平家に乗り換える大きな転換期でもありました。

さらに今川義元の死は、当時最強の武田軍を動かすこととなり、三河は最大のピンチを迎えます

とにかく天下一だけあって、とにかく強い武田軍。東三河の城がカンタンに落城され、遠江と三河の分断する信玄の戦略は一定の成果を上げていきます。

が、ここで唯一踏みとどまったのが菅沼家の野田城だったのです。

当時の信玄の大軍勢であれば、こんなチッポケな城をスキップして、西進すればよかったのに、意地をはってしまったのでしょう。こんな城をも落とせず天下統一をしても、恥を晒すだけだと・・・。

結局これが信玄による天下統一を潰えさせたと言っても言いでしょう。

結局は、この城攻めで何が起きたかは定かではありませんが、西進することなく再び甲斐に戻り、信玄は帰らぬ人となったのですから。

戦国時代

風は山河なりを読むにあたって

最後の信玄VS菅沼家の戦いは、かなり読み応えがあります。寡兵が大軍勢を相手に一歩も譲らず戦い、その消耗は日に日に武田軍の方が増しているというのですから。

戦国時代のサブストーリーにも胸を熱くするようなドラマがあることを知り、日本史の歴史小説にも面白いと思った次第です。

[amazonjs asin=”410144451X” locale=”JP” title=”風は山河より〈第1巻〉 (新潮文庫)”]
カテゴリー
書籍レビュー

武士はつらいよ。超高速!参勤交代

武士の世界も接待が必要

この作品を読んで、接待されたら土産品を持っていきなさいと当時の上司に言われたことを思い出しました。

相手の接待に対する心からのお礼という意味。確かに接待する側でも、お土産を持ってくるお客様もいました。

なんて気配りのきく人なんだろうと。

社会人になると、このようなほぼほぼ形式化された気配り、心配り、目配りの多いことに気づきます。

で、この気配り、心くばり文化というのは、江戸時代の参勤交代によって育まれたのではないかと。

とにかく江戸まで参拝すればいいんでしょう位にしか思っていませんでしたが、これがとてつもなく気苦労が多く、藩の財政を逼迫させるというのがわかるような気がしました。

お土産

とにかく土産品が多い

まず大勢で動くわけですから、宿泊費・飲食費がかかります。しかも道中は数カ月にも及びます。加えて人数を減らすことも許されない。減らそうものなら幕府の威光に泥のぬるような行為と厳しいお叱りを受けてしまう始末。

で、行く先々でも接待を行い、返礼品を渡さないといけない。

江戸についたらついたで将軍家へのお土産はもちろんですが、その部下連中、奥方連中にもお土産を渡さないといけない。

これでは確かに藩の財政が逼迫するのは確か。しかも2年に1回。ある意味、参勤交代のためにお金を貯めるようなものでしょう。

参勤交代

そりゃむちゃでしょ、5日で江戸に来い<

この作品の主人公は、陸奥・湯長谷藩の内藤政醇。幕府の嫌がらせで参勤交代が終って一安心している所に、また江戸まで来いの無茶な要求。しかも5日間で来いというもの。

時間も、お金もない中で、湯長谷藩の取った行動とは数を思いっきり減らしての10名以下。山道を経由してショットカットして、何とか5日間で江戸にたどり着く偉業を達成するのです。

当時の移動手段と言えば、徒歩か馬。

今で言えば柏から江戸城まで半日で辿り着いているのですから、馬って相当早いんだなと違う意味で関心させられました。

参勤交代

行列人数の水増し

参勤交代もある意味、セレモニー、見世物的なものでした。なので、見栄えよくするためには人数をとにかく増やさないとかっこが付かない。

てなわけで、当時はさくらを使って人数を水増ししていた藩もあったようです。

しかもそれがビジネスとして成立しているというのだから、日本人のこれは商売になるという目利き力は昔から凄いんだなと関心させられました。

まとめ

史実に基づき緊張感ある空気漂う歴史小説が好きな人にはちょっと・・・といった感じがします。

ユーモア系の要素が多分にあり、個人的には作品にグッとのめり込むところまでは行きませんでした。

カテゴリー
書籍レビュー

NARUTOほどじゃないけど忍者は強い「忍びの国」

伊賀は攻めるなと信長に言わしめた?

海外でもファンが多い日本の忍者。黒装束に見を纏い暗殺やら、金品強奪を生業にする彼ら。

半端ない跳躍力やら、手裏剣の技などあまりにも作り話では?と疑ってしまうほど。

じゃ、実際の忍者はどのレベルことができちゃったの?というのを和田竜さんの忍びの国で、確かめようと思い手に取りました。

本作品で描かれているのが織田信長VS伊賀忍者が描かれています。

信長は嘘か本当かわかりませんが、息子には「伊賀だけには手を出すなよ」言っていたほど、その強さを認めていた程でした。

忍びの国

そもそもお金に目がない忍者

この作品で描かれている忍者は基本お金で雇われる傭兵みたいなもの。

戦国の世ですから各国から、「忍者を数百名派遣してくれ」と声がかっていました。

親方はその発注を聞いて、社員を派遣。しっかりと忍者派遣システムが仕上がっていたんですね、この時代は。

で雇われの身の社員も、唯々諾々とボスの設定する金額に納得する訳でもなく、平然と値上げを要求し、金額に応じた働きをきっちりとこなしていきます。

忍びの国

織田方1万人に対し、伊賀勢5000

織田信長の息子、織田信雄。父の言いつけを守り伊賀攻めは封印してまいました。

が、度重得る挑発に血管ブチギレ。それでもこわーい、こわーい父の教えを守らなければと必至に我慢をしていました。

が、部下からの「あの言葉はあなたを試していると。その言葉の裏には伊賀を攻めて男になれ」と言っているを言われ、そうかとばかりに開戦のスイッチがON。

ここに1万人VS5000の戦いの火蓋が切って落とされたのでした。

忍びの国

主人公、無門強し

数では絶対的に劣勢の伊賀勢でしたが、戦場が自分達に有利な山地ということもあり、戦いを優勢に進めていきます。

これも主人公、無門の人参作戦のおかげ。

とにかくお金にめがない伊賀の忍者ですから、この戦の働き具合によっては1年間遊んで暮らせるほどの報酬を与えるということで、一気に士気が高まっていきます。

個人能力は信雄勢を圧倒。特に主人公の無門の超人レベルの技は圧巻。

とにか跳んで跳ねて、その後は死屍累々。防御も凄まじい。後ろ手に跳んできた矢を停めたり、忍者しかできない芸当がチラホラ。

忍術の真意はさておき・・・

これらの忍術が実際行われていたかはさておき、とにかく数ででは劣勢だったものの、見事勝利を飾った伊賀勢。

惨敗した信雄は父にお詫びに行くのですが、チンチンに叱られ、攻めるなと言うのは本心で、そこに裏も表もなかったことに気付かされるのでありました。

カテゴリー
書籍レビュー

もっと評価されるべき忍城の勝利「のぼうの城」下巻

上巻までの流れをまとめ

2万を超す大軍勢の石田三成率いる上方。対するは領民を併せて1000をやっと超す程度の成田家。大方の予想を裏切り開戦を決意した城主、のぼう様こと、城主成田長親。さてどんな戦をするかと期待が膨らむ中、下巻ではその戦いの様子が描かれています。

数十倍の敵を相手にどんな秘策があるのか、城主、のぼう様の本領発揮を期待したのですが・・・

地の利を活かした成田家

そもそも、このお城。周囲を湖または田んぼに囲まれているだけあって、数の優位性を発揮できない。

なので、2万人が一斉に攻め入ることはできず、どうしても相対する時は少人数になってしまう。

歴史上の数多い戦でも、狭い場所というのは、何かと数の少ない側には有利に働くもの。橋の上であったり、峡谷などなど。それに輪をかけて城攻めというのは難儀で、かつ自然の要塞ですから、攻める石田三成も苦労も想像を絶するほどでした。

のぼうの城,忍城

各個撃破で成田家緒戦大勝利

まずは丹波守の守る城門では、田んぼに囚われた敵兵を見るや鉄砲隊が出撃し、ズドン。面白いように敵方がバタバタと倒れていきます。

加えて鬼神のごときに活躍の丹波守が、敵将のバッサリと一閃するや、敵方の士気はタダ滑り。恐怖におののき逃げ急ぐ兵士続出。

この丹波守の活躍で敵方も撤退を余儀なくされます。

他の戦地でも同様。和泉守兼定の守る城門では、敵兵を引きつけるだけ引きつけ、頃合いを見てせき止めていた川を一気に放出。これって劉邦の家臣、韓信が項羽軍に使った戦術ですが、自然の力を借りて、数に勝る石田三成軍を一掃したのです。

最初の赤子の首をひねるようなものとタカを括っていた上方も、これって手強いかもと見方もかわり、恐怖心が支配されるようになります。

となると、士気も下がりそれまでの積極性がなりを潜めてしまいました。

のぼうの城,忍城

石田三成の秘策水攻め

この小説で、石田三成の見方が変わった方も多いハズ。

関が原の戦いでは、小ずるさだけが目立ちましたが、今風に言えばかなりまともで、深謀遠慮な面もあります。

緒戦で大敗したものの、あたふたと焦る所など一切なく、秘策の水攻めにかかります。

このスケールたるや今の時代においても、ここまでの土木工事をそんな短納期でできるのかというもの。

荒川と利根川の水を引き込み、お城を水攻めにすべく10kmに及ぶ土手を領民の力を借りて、わずか5日間で作り上げてしまうのですから。

この土木に参加した人数はおよそ10万人。

この人数を集めるにも相当な時間がかかるはず。

が、そこは石田三成。しっかりと高額な日当をつけて、領民達をあっさりと集めてしまいました。

のぼうの城,石田三成

まとめ

この水攻めをのぼう様がいかに破るかが、下巻のハイライト。

そうゆうことねと後で気づきますが、正直この人は天才なのか、素なのかが、未だ判別できませんでした。

とにかく小田原城攻めで上方で落とせなかった城は、この忍城のみということだけは後世にしっかりと伝えていくべきことではと思った次第です。

カテゴリー
書籍レビュー

今までにはないキャラかも。「のぼうの城」上巻

村上海賊の娘に続いて

ベストセラーの呼び声高い村上海賊の娘を読み、和田竜先生の作品にどっぷりとハマりました。

てなわけで、こちらも話題となったのぼうの城を続けざまに読んでみたらこれまた面白い。

上巻を読み終えたので感想をまとめました。

のぼうの城

時代背景は秀吉の天下統一中

物語で描かれているのは、秀吉が西日本を制圧し、残すは関東の北条家のみとなった時代。

まあとにかく、この時の秀吉は国内に敵なし。圧倒的な数に物を言わせ、戦わずして相手を降伏させちゃいます。

なのに、北条家は血迷ったのか、秀吉に対し、戦いを挑む暴挙に出てしまいます。

で、今回の作品の主人公の成田家は北条家側。親の北条家が戦うとなれば、子供参戦するしかない。

数の上では圧倒的な不利とわかっていても・・・

成田家に見る戦国時代を生きる術

村上海賊の娘でも触れていましたが、いかにお家を存続させていくかが、この時代の武家の悩み事でした。

強いものの下についてお家を存続させる。親が不利とあれば、さっさと親を変えて、敵方につくという寝返りも当たり前。

そうでもしないとお家を守れないのです。

成田家も同様。今は北条家についてはいるものの、その昔は上杉家。その繰り返しの末、やっと北条家の下につくに収まったわけです。

で、今回は北条家につくと見せかけて、豊臣家に内通しているのですから、したたかとしか言いようがありません。

のぼうの城,忍城

のぼうとはでくのぼう略称

耳馴染みのないのぼうという言葉。これ、でくのぼうの略称で、作品の主人公、成田家の長親のことを指しています。

城主として家臣をグイグイと引っ張る信長タイプでもなく、直感型の秀吉タイプでもなく、部下の意見も聞いて戦略を立てる家康タイプでもない。どれにも属さない、ホント掴みどころのないボス。

下巻で豹変するのか、楽しみでなりません。

中国を含めると漢を設立した劉邦タイプです。

この親分はオレがいないとダメになるという、どこかほっとけないような性格。

家臣もさることながら、領地内の百姓にもそのような気持ちを抱かせる不思議な魅力を備えているのです。

のぼうの城,忍城

手柄を立てたい三成やいかに

豊臣側につくのは既成路線だったものの、留守を預かるのぼう様は開戦を決断します。

お相手はなんと関ヶ原の戦いで西軍のボス、石田三成

三成側の出した正使が、あまりにも失礼きわまわりない態度にブチ切れ、開戦に至ります。

その豹変ぶりに家臣が諌めるもの、その時の理由が胸のすくようなセリフで、この人、でくのぼうなんかじゃないと思いました。

三成側は2万の軍勢。一方ののぼう様側は500人。圧倒的な武力の差に降伏かとたかをくくていたので、この結果にはビックリ。

ただ一人、思い通りになったほくそ笑んだのが、三成

失礼きわまわりない正使も、開戦を狙いとしていたわけで、知ってのこと。

この戦力差をいかに克服するのか、今から下巻を読むのが楽しみです。

のぼうの城,石田三成
カテゴリー
書籍レビュー

戦国武将が霞むほどの強さ。「村上海賊の娘」

毛色の異なる歴史小説

吉川英治にはじまり、司馬遼太郎、山岡荘八、宮城谷昌光などなど、歴史小説の人気作家の作品は一通り読んできました、この村上海賊の娘の作者、和田竜さんの作品は初めて

先に挙げた作家は、その時代に合わせた言葉のやりとりが中心。

御意○○候しかるに・・・など。

で、この和田竜さんの作品は、会話がほぼほぼ現代語っぽく、物凄く読みやすい。

場面、場面の情景も浮かびやすい。

ということもあり、全4巻を僕の中では最短の約1ヶ月で読破しまいました。

ということもあり、しばらくは和田竜さんにはまりそう。早速のぼうの城をダウンロードしました。

海

局所的な戦にスポットが斬新

今まで読んできた作品は、天下統一、中国統一といったかなり大きな話ばかり。

ひとつひとつの戦いも細かく描写されていません。ましてや大将にスポットを当てた作品ばかりで戦場の生々しい斬った、斬られたという話もありません。

村上海賊の娘で取り上げられている木津川合戦は信長の天下獲りの過程に出てくる主要な戦でもなく、言わばマイナーな戦。

なのに和田竜さんが描くと登場人物が個性的すぎるので、話が面白い。現場レベルの細かい戦術やら駆け引きにグイグイと引き込まれていきました。

海

戦国時代という特殊な時代

戦国時代という乱世ということもあってか、登場人物がかなり自由奔放。村上海賊と相対する泉州海賊は織田信長方で、孫請けみたいなものでしょう。

なのに、信長とはほぼ対等な感じで話をしているし、信長の形勢が怪しくなればいつでも他家に鞍替えというのが当たり前のように行われていました。

村上海賊も一緒。毛利家から戦に参加してくれと頭を下げる立場。

なので、まだまだ下克上を起こしてやる空気は、信長の天下統一直前まで残っていた感じがします。

安宅,和船

村上海賊って何もの?

瀬戸内海を中心に活動していた海賊で、自分たちの海域を通る船に通行料を支払わせて生計を立てていました。

お金を支払えば、とやかく言われませんが、無視して通り過ぎようものなら、ボッコボコ。

相手が悪ければ命さえも奪われてしまいます。

秀吉の天下になってからは、このような働きはアウトとなり、海賊業から足を洗うことになるのですが。

とにかく当時の海賊は、大名クラスから頭を下げられ、ウチと手を組まないかと言われるほどですから、海戦となれば大きな戦力になっていたことは容易に想像がつきます。

のめり込むこと間違いなし。

とにかく歴史小説が大好きな人には是非読んでもらいたい一冊です。

こんな描き方もあるだなと関心させられること間違い無しです。