積水ハイム

住宅・不動産

内需産業から脱皮、「住宅産業の今」

先細りの内需 少子高齢化ということもあり、住宅産業の未来は厳しい予想ばかり。年間の新規住宅着工数は今後90万戸から減り続け、2025年には62万戸と激減。内需依存では未来はないという所まで来ています・・・。 海外に目を転じれば・・・ ...
タイトルとURLをコピーしました