カテゴリー
景気ネタ

景気はこれからよくなるの?

アベノミクスで景気好転

2012年末に安部政権が誕生し、それまでの民主党政権から景気が上向いたのは周知の事実。

それまで株価が8000円前後だったのが、2015年6月には2万円台に届くまでになったのですから・・・。

で、この恐ろしい伸びを示したのは外国人投資家によるところが大きい。

2013-2014年の2年間で日本株を合計16兆円をも買い越したのですから。

外国人投資家さまさまです。

景気

2016年年初から景気減速の理由は

2015年まで絶好調だったものの、2016年からそれまでの勢いが嘘かのように景気が減速。円高が進み株価も下落。

またデフレかよと焦りました。

この株価下落も、元を辿れば外国人投資の動きに左右されていたようで、それまでの買い越しの動きから売り越しに反転。年初から9月までで約6兆円にものぼるそうです。

景気

少しは光が指してきたかも

このままズルズル言って、また民主党政権時代の暗黒のデフレ状態に戻るのかと思いましたが、日本はひとまず置いといて外部環境が改善してきているので、もしかしたら、再び上昇に転じる可能性もあります。

まずは米国の利上げ

米国の利上げが実施されれば、日本との金利差が拡大して、ドル高円安となる。円安となれば、株価上昇も期待できます。

中国景気上向くかも

2016年の日本景気減速の一因に中国経済の減速も取り沙汰されていましたが、ここにきて景気対策の小型車減税やら、政府主導のインフラ投資が功を奏し、景気減速に歯止めがかかっています。

原油も安定

一時は26ドルと目もあてられてない惨状でしたが、OPECで減産が決まり、今では50ドルを回復し、大幅安の不安が一層されました。

外部要因は日本に追い風

といった具合に外部要因が、日本の景気に対して追い風になっていることは間違いない。

外国人投資家もさすが機を見るに敏です。

日本株への投資をしたいという声が上がっています。

景気

後はトランプさん次第か

あとはトランプさんの政策次第といった所。

大統領就任決定後、株価は上昇していますが、それもトランプさんの減税やら大型インフラ投資を実施していくという演説のコメントを受けたもの。

これが現実のものとなれば、再び日本経済も上昇トレンドに乗っかるのではと期待しちゃいます。

あとは国内の政策次第

現状では外部要因の改善で景気が上向きそうですが、内部要因も改善されれば、力強い経済成長が実現すると思います。

医療やら介護の規制を緩和して、社会保障を抑制したり、民間に仕事を解放したりと。

既得権益は半端なく厚いですが、そこを突破すれば3度目のアベノミクスが実現できると思います。

景気
カテゴリー
金融保険業界

金余りということ?信用金庫の低い預貸率

そもそも信用金庫と銀行の違いって何?

銀行と言っても、三菱東京UFJやみずほ銀行のようなメガバンクやら、伊予銀みたいな地方銀行、信用金庫など種類は色々。

ネットで調べると信用金庫とは、主な融資先が中小企業で、営業活動範囲も限られているようです。表にまとめてみるとこんな感じです。

信用金庫 信用組合 銀行
融資先 中小企業 中小企業 大企業
エリア 限定 限定 限定なし
業態 非営利 非営利 営利
会員 資格なし 資格あり なし

信用金庫の大ボス、信金中央金庫

年金なんかにも見られるように、会員企業から集まるお金をまとめて金融商品に投資して運用し、運用益を膨らまそうという例のあれ。

信用金庫の世界にも、皆からお金を集めて運用する機関があります。それが信用金庫の大ボス、信金中央金庫。

各信用金庫が融資などに使いきれなかったお金を集めて、まとめて運用しています。運用資産は30兆円。全国に約270の信用金庫があるといわれているから、1信用金庫あたり9兆円の計算になります。

過去の運用は失敗

2009年にもお金を集め運用はしたものの、リーマンショックの影響で多額の損失が発生。お金を出した各信用金庫にしてみれば、俺らのお金を何してくれてんねんという声が聞こえてきそうですが、2015年にも実施するようで、今回はどちらかと言うと歓迎ムード

運用がうまくいくと踏んでいるんでしょうか・・・。

配当利回りがいいんです

この歓迎ムードの主な要因としては運用利回りの高さが上げられます。国債の利回りが10年債で1%を下回る中、信金中央金庫にお金を預ければ、1.5%の配当利回りとのこと。

ならば、国債よりも信金中央金庫へとなるのもわかります。

信金をなめたらあかんぜよ。

歓迎ムードの要因として、もう一つ。金余りとうい側面もあります。信金は業界全体で130兆円以上の預金を集めているものの、中小企業などへの融資比率が他の銀行に比べるとものすごく低い。

ということで、余ったお金を寝かせておくのはもったいない。ならば比較的安定している信金中央金庫にお金を預けるのもうなづけます。

どうして金余り。

ここで気になるのが貸し出しのだぶつき。信用金庫の主な融資先は中小企業ですが、企業側からお金を貸してくれという声がかからないのか、はたまたメガバンク系の営業攻勢に押されているのか・・・。

昔勤めていた会社にもメガバンクが融資しますよって毎日のごとく電話と訪問活動をしてたっけ。金利も信金よりも低いようなことを言っていたような気がします。

アベノミクスの波及は限定的?

今回のお話をまとめていくうちに、景気は上向いているものの、まだまだ末端の企業までには波及していないのかなと。業績が上向かなければ、融資を受けることもしませんしね・・・

低い預貸率(預金のうち、貸し出し金に回している比率)も、対象が限定され、かつ中小企業というのも影響しているのかも。 地域経済の活性化という理想には、まだまだ時間がかかりそうな雰囲気です。