カテゴリー
ハリウッド

tedより数倍面白い!!「荒野はつらいよ」

残念すぎる主人公

ドジでおバカで、人がいい主人公のセス・マクファーレン。あまりのヘタレっぷりに彼女のアマンダ・セイフライドに逃げられるわ、羊達にバカにされて脱走されたりと見事なまでの残念な感じ。

が、そんな彼の魅力に気づいてくれる天使のような存在が現われます。それがシャーリーズ・セロン。相変わらずの美貌でアマンダ・セイフライドが霞むほど美しさ

しだいに二人は恋人へと発展していくわけです。

荒野はつらいよ

相変わらず絶好調の下ネタ

セリフの端々にゲスい下ネタワードが散りばめられていますが、全然いやらしくないのが不思議。

娼家で働く彼女にボスが、お尻の穴でのプレイにボーナスをつけるというセリフには爆笑もの。それに対して臨時ボーナスと喜ぶ彼女の笑顔もさらに追い打ちをかけます。

仕事では毎日15人位の男性を相手にしているのに、彼氏とのセックスはまだといか。突っ込みどころ満載。そんなゲスいセリフや設定が数多く散りばめられていますが、全ては笑いのため。日本でも話題になったtedよりも個人的にはこちらの作品の方がオススメ

荒野はつらいよ

アマンダ・セイフライド扱いにエッ

この作品、個人的に大女優とも言える2人が出演しています。アマンダ・セイフライドとシャーリーズ・セロン。どちらも主演を演じるほど実力者ですが、本作品でのアマンダ・セイフライドの役どころが、明らかにサブキャラ。

しかも、お金に簡単になびいてしまう軽く、そして意地の悪い女役ですからね。だったら、無名の女優を使ってもいいのではと。正直、アマンダ・セイフライドの出番も少ないですし・・・。宝の持ち腐れって感じです。

荒野はつらいよ

話はいたってシンプル

素性の知らない美女が街にやってきて、何故か主人公に優しくしてくれる。別れた彼女に仕返ししてやろうと偽装彼女を依頼すれば快く引き受けてくれるし、アマンダ・セイフライドの彼氏と決闘となったら、拳銃の打ち方を懇切丁寧に教えてくれたりと。

最初は別れた彼女を見返してやろうという軽い気持ちだったのが、どんどんとその美女、シャーリーズ・セロンに主人公は惹かれていくのでした。

素性を知ってビックリ仰天

そもそもシャーリーズ・セロンが親身になって主人公をサポートしたのは、彼の人柄。優しくて友人想いな所に彼女自身もどんどん惹かれて入ったのです。互いの気持ちが近づくにのはとってもいいこと。なのにその彼女が実は極悪犯の奥さんだったら・・・

荒野はつらいよ

当時、泣く子も黙るとも言われたギャングのボス。現代になぞれば、怖い人の奥さんに手を出しちゃうようなもの。まずは命を狙われるでしょうし、同じことが作品でも起きます。ギャング達に家まで押入れられ、すんでの所で馬に乗って逃げるのも後ろから追いかけられて拳銃で打たれまくり。何とか逃げ切ったのも束の間、今度は新たな敵に遭遇し、万事休す。

最後はギャングのボスとの一騎打ち。女性をかけた一大勝負に挑みます。見応えありです。

カテゴリー
ハリウッド

わずか17日間の事だったのに「ラブレース」

日本で言えば日活ロマンポルノ

アメリカのポルノ映画事情は全く知らないので、日活ロマンポルノになぞって考えてみる。

今回の主演のリンダ・ラブレースが、日本で言うところの美保純。その半生を綴った映画と見れば、なんとなく当時のヒットのイメージがわく。

空前の大ヒット「ディープ・スロート」

リンダ・ラブレースが主演を果たしたディープ・スロートは、空前の大ヒット。美保純で言う所のピンクのカーテンシリーズ。様々な賞を受賞し、本格女優へ羽ばたいていきました。

ラブレース

一方のリンダ・ラブレースは、この作品のヒットをきっかけに苦悩の日々が始まるわけです。

親の一言がきつすぎ

ポルノ女優として一躍、時の人としてテレビにひっぱりだこ。で、彼女が出演するとテレビを消す母。父からはどこで育て方を間違っただろうと電話の向こうで泣かれる始末。

これは、さすがに堪える・・・。

ほぼ奴隷扱いの夫婦生活

そもそもポルノの世界に足を染めたのは夫の借金。自分の妻を売春婦として働かせるのもいかがなものかと思うけど、それにも増して、ひどいのは妻をほぼ奴隷扱いして絶対服従を強いること。

ラブレース

少しでも、自分の意にそぐわなければ、殴る蹴るのフルボッコ。

白馬の騎士の登場

この不幸な暮らしから救って上げたい。と思っていた矢先に白馬の騎士が登場。彼女のDVに気づくや否やすぐさま住まいを用意し、救出作戦に成功。

たった17日間の話なのに。

後にテレビで語ったの彼女の言葉がものすごく印象的でした。ポルノ女優としての期間はわずか17日間。なのに、そのことで後の彼女の人生を苦しめることになったと。

若さゆえの勢いも、時には将来にわたって爪あとを残すこともあるんだなと。

カテゴリー
ハリウッド

ミュージカル調セリフ回しがしっくりこない「レ・ミゼラブル」

ミュージカル作品としては知ってるけど

ミュージカル作品としては、タイトルは知っているけど、中身は全く知らない状態で鑑賞。ミュージカル作品の映画版「ドリームガール」は、最後までガン見状態になるほどはまったので、「レ・ミゼラブル」もかなり期待したのですが・・・

テーマとしてはとてもはまるネタ

時代設定はフランス革命の数年後からスタート。市民革命として成功したものの、また王政に戻って市民の生活は革命前に逆戻り。市民生活は困窮を極め、打倒王政に立ち上がる市民を描いた作品かと思いましたが、予想は大外れ。

レ・ミゼラブル

メロディにのせたセリフがどうも

歓び、悲しみ、怒り、笑い全ての感情が、メロディ化されたセリフによって表現されるので、どうも物語を深く追うことができず・・・。たまーに、素のセリフ回しがあります。そん時は、グッと物語に入り込めるのですが、すぐにミュージカルがはじまるものだから、どうしても集中力も散漫になってしまう

ミュージカル映画の字幕は無理

気持ち良く情感たっぷりに歌っている様を見ていても、英語が聞き取れない僕にとっては字幕を追っていくしかない。一方は文字ズラだけを追いかけ、そこにはメロディはのっていない訳で、映画は動の状態でも、僕は静の状態な訳です。英語が少しでもできれば、この作品の良さに触れることができたかもしれません。

カテゴリー
ハリウッド

参りました!! 「時間」を売買する世界を描いた「TIME」

納期に間に合うか、マジ不安

納期が1週間後ってのに、納品物はまだ海上。無事つかないと鬼の形相で怒られちゃうよ

そんな時に時間をお金で買えるならっていつも思う。で、そのありえない話を映画化したのが、TIME

寿命が長い=お金持ち

身を削るという言葉がピッタリはまるのがこの映画。自分の寿命を売って、食べ物を買う、洋服を買う、電気代を払う。

ってことはお金持ちイコール、長寿ということになる。しかも容姿は若いママ。なんて素晴らしい世の中のことやら

time01時間が自由に売買できたら、なんて素晴らしいことだろ。

長生きも考えもの

と言っても、人間にも適正時間というものがある。300年も容姿変わらぬまま生きるって、結構しんどそう。

江戸時代から現代まで生きるとなると、生活様式の違いやら価値観の違いやらで相当息苦しい中、暮らすことになりそう

TIME

色々と考えされる

有限だからこそ、その価値を実感する訳で、だっらーとした生活を改めないと思ってみたり。明日から、まともな生活を送ろうと反省させられっぱなし