カテゴリー
ハリウッド

押出の良さがいい。映画マイ・インターン

老後も希望が持てるかかも

現役引退までまだまだ時間はありますが、老後にこんな暮らしが待っていれば、さぞ幸せだろうなというお話。

この映画に出て来るシニア優遇雇用施策って物凄くよい制度だと思いますね。年上のパイセンの経験ってのは、やっぱり得難いもの。今の時代にマッチしていないから、そもそも年配の人の声なんぞ役に立たないよという声もありますが、僕としては前者。実際の仕事でも、キャリアを積んでいる年配の方々のアドバイスってのは、自分とはまた違った角度でモノを見ているので、気付かされることもしばしば。

で、この作品も、どちらかと言うとそっちら系のトーンでまとまっています。

マイインターン

急成長のネット企業にシニア

舞台は新興のネットEC企業。取扱商材はアパレル。

アン・ハサウェイ演じる女社長、ジュールズが、個人で初めたサイトが、今では社員数300名弱の会社にまで急成長。

仕入れの商品から、サイトデザイン、お客様相談、物流、データ解析全てをチェックするというワンマンぶり。

分刻みで会議や打ち合わせを紹介し、時短化で社内は自転車で移動。

マイインターン

新興ネット企業ならではといった感じ。

そんなスピーディな会社に、何故かスピード感の乏しいロバート・デ・ニーロ演じるベンが、ジュールズの御用聞きに配属されます。

最初は煙たがるジュールズ

ある意味、企業イメージの改善で雇われたシニア組ですから、実務レベルの戦力としては見ていない訳です。

なので、「私がメールするまで特に仕事はしなくていい。」と冷たくあしらわれます。

が、ベンは落ち込むそぶりも見せず、ただだひたすら自分の机で新聞を広げながら、ただただボスからの指示を待ちます。

んで、初めて任されたのがスーツの染み抜き。

ネット企業に採用されたのに、クリーニング屋が行う仕事を任されます。

けど、落ち込むことなく淡々と仕事をこなしていきます。

マイインターン

立ち入らない紳士的振る舞い

現役時代はそこそこの規模の企業で部長職を任されていたベンですが、今の立場、置かれている自分を客観視できているのか、出過ぎた真似は一切ない。

立ち入ったような発言をした場合には、素直に謝ったりと、年の功と言いますか、紳士だなと感じました。

こうゆういい意味で押出の弱い人は個人的に一緒に仕事をする仲間としては大変助かります。

マイインターン

ジュールズもそんなベンの紳士的な姿勢に好感を持ち、特別待遇枠からそれなりのポストへ昇格させていきます。

しまいにはプリベートなことまで相談してしまう程。

年上の人を敬う現役の姿勢とほどよく自分を出すシニアの想いが見事にフィットしました。

どちらか一方にその姿勢がないと、この関係は破綻するでしょうね。

カテゴリー
ハリウッド

マジで怖わっ「アン・ハサウェイ 裸の天使」

悪い事に憧れる年頃?

何かと背伸びしたいお年頃の高校時代。日本に限ったことではなく海を超えたアメリカでも、考えることは一緒のようです。

ただその背伸びの仕方がとんでもない突き抜けていて、到底日本人には真似できないでしょう。

だって、それやったら少年院でしょのオンパレードなのですから・・・

白人敵視ってあるんだ

人種差別はまだ残っているとは聞くけれど、この作品では白人とメキシコ人のいがみ合いが描かれていますね。

移民の街なのでしょうか、白人が歩こうものなら怖いお兄ちゃんがスッと寄ってきて「この街から出ていきな」と怖い声をかけられちゃいます。

夜なんて、まず外には出れない。裏道入れば、タトゥを入れたごっついお兄さん方がウロウロしていて、クスリを売っているんですから。

裸の天使

アン・ハサウェイノリノリ

身の危険を感じながらも、そんな危険な場所に足繁く通うアン・ハサウェイ。

悪いことは一通りやってきましたというお友達も、その場所に行くのだけは勘弁と腰が引いちゃっている状態。

最終的にはメキシコ人ギャング達の仲良くになり、しまいには仲間に入れてくれと懇願。

裸の天使

親は裕福

学校にも通わせてもらい、何不自由ない生活を送っているのに、どうしてまた進んで悪の道に進んでいくのかが、どうも理解できない。

変化のない決まりきった世の中というのが却って退屈に感じちゃうのか

娘が補導されて、悲しむ両親。わかるわ~その気持と共感していましまいた。

極めつけはレイプ事件

そんな親の心配をよそに、ある事件が勃発。俺たちのギャングに入りたいならサイコロの数だけ仲間と寝ろというもの。

そんな無茶な条件もあっさり承諾。ところが自分達からOKはしたものの、何故かレイプ事件として、取り上げられギャングたちは皆逮捕。

一見、ハニートラップにも見えますが、その時は同意していたものの時間が経過するにつれて意識の変化が起きたのでしょう。ギャングが同意のもとと言っても、まずは聞いてもらえないでしょう。

アン・ハサウェイがバッサリ

ところがまた話は二転三転。今度はアン・ハサウェイ自身が、あれは私達も同意したものであり、レイプじゃないときっぱり。/p>

友達もポカン状態。てなわけで、これで友人との関係もこじれるわけですけど・・・

とにかくティーンのちょっとした心変わりの早さにビックリするとともに、アン・ハサウェイ演じるこの女子高生はどこに向かっているのか、いささか不可解な作品でした。

カテゴリー
ハリウッド

ミュージカル調セリフ回しがしっくりこない「レ・ミゼラブル」

ミュージカル作品としては知ってるけど

ミュージカル作品としては、タイトルは知っているけど、中身は全く知らない状態で鑑賞。ミュージカル作品の映画版「ドリームガール」は、最後までガン見状態になるほどはまったので、「レ・ミゼラブル」もかなり期待したのですが・・・

テーマとしてはとてもはまるネタ

時代設定はフランス革命の数年後からスタート。市民革命として成功したものの、また王政に戻って市民の生活は革命前に逆戻り。市民生活は困窮を極め、打倒王政に立ち上がる市民を描いた作品かと思いましたが、予想は大外れ。

レ・ミゼラブル

メロディにのせたセリフがどうも

歓び、悲しみ、怒り、笑い全ての感情が、メロディ化されたセリフによって表現されるので、どうも物語を深く追うことができず・・・。たまーに、素のセリフ回しがあります。そん時は、グッと物語に入り込めるのですが、すぐにミュージカルがはじまるものだから、どうしても集中力も散漫になってしまう

ミュージカル映画の字幕は無理

気持ち良く情感たっぷりに歌っている様を見ていても、英語が聞き取れない僕にとっては字幕を追っていくしかない。一方は文字ズラだけを追いかけ、そこにはメロディはのっていない訳で、映画は動の状態でも、僕は静の状態な訳です。英語が少しでもできれば、この作品の良さに触れることができたかもしれません。

カテゴリー
ハリウッド

格闘シーンに派手さが欲しい「ダークナイトライジング」

派手さのないヒーローってどうよ

スパイダーマン、Xマン・・・、思い浮かばないけど、色々あるけど、他のヒーローものに比べると

格闘シーンが地味すぎてゲンナリ。

生身の人間のストリートファイトにしか見えず、特別なヒーロー感が全く皆無。

乗り物系は豪勢なのに・・・

乗り物はと言えば、チョーがつく程の近未来的な者ばかり。縦横無尽に走るバイクやちょっとした小型宇宙船などワクワク感はたまらなくあるものの、格闘シーンが・・・。

ダークナイト・ライジング

飛んだり、跳ねたり、ふとばされて、鉄骨の中に埋もれてしまうとか・・・。

けど、ケロリとした表情で、ムクッと立ち上がり再びに敵に向かい、目から光線でも出してくれれば、さぞ盛り上がっただろうに

と思ったわけです・・・ [amazonjs asin=”B00LLU7XWQ” locale=”JP” title=”S.H.フィギュアーツ バットマン バットマン (INJUSTICE ver.) 約160mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア”]
カテゴリー
ハリウッド

もどかしすぎる・・・「ワン・デイ」

友達以上恋人未満

よく耳にする友達以上恋人未満。その関係が20年近くも続くという、気持ちもてあそび全開の作品

one day

踏み込めない一線

友達からある日を境に特別な存在へ。それらしき行動を取れば一気に恋人同士になれるのに今の関係が壊れることに臆病になり、なかな踏み込めない。観ているこっちとしては何とも煮え切らない二人にイライラが募るばかり。

oneday2

最後は納得のエンディング

ネタバレになるので、これ以上は、踏み込みませんが、いい映画です。ありです。

それと、時代のファッションを忠実に再現。どでかい携帯電話や派手なメイクに、イケてないヘアスタイルなどなど。時代、時代のツボを抑えた演出は見ごたえあり

自分を重ねて、恥ずかしくなることもしばしば。