カテゴリー
IT業界

アップストアに物申す。提供会社

手数料30%って。旨すぎる商売

iPhone向けアプリ開発会社がアップルに支払う手数料は30%とのこと。今どき10%って取るだけでも一苦労なのに、まさに殿様商売。

Appleの事業別売上高ではiPhoneが全体の半分を占めているものの、アップストアがらみのサービス事業も年々右肩上がりでiPhoneに次ぐ稼ぎ頭に成長。今後もさらなる成長が期待できる分野とも言えます。

フォートナイトの反旗

有料アプリの場合、徴収したお金はAppleを経由して手数料30%をひかれて開発元に支払われますが、この支払いの仕組みとは別に支払いルートをこさえたのが、あの世界的なゲームとも呼べるフォートナイト。

これまで独自の徴収ルートをこさえて、アップストアから退場させられた例はいくつもあります。

日本で言えば確かヤフーがゲームサービスで、独自の徴収ルートを作った記憶が。ところが即Appleから指導命令が入ったのか、開設してまもないのに閉鎖。それ以降、ヤフーの公開処刑を知ってか、この独自ルートに関する目立った動きありません。

フォートナイトもアップストアから退場の憂き目に合い、従順に従うかと思いきや、訴訟騒ぎに発展。徹底抗戦の構えを見せています。

反プラットフォーマー同盟結成?

フォートナイトの開発元エピックは、Googleに対しても同様の訴訟を行っており、ある意味、プラットフォーマーに対して戦っていく強い意思を感じます。

ビッグ4が反トラスト法などで裁判沙汰になっている絶好のタイミングに提訴した所も見逃せません。

さらに音楽配信のSpotifyにも声をかけ、一緒に戦っていきましょうと反プラットフォーマー同盟を結成。

世界的音楽配信サービスのSpotifyが仲間に加わったのはエピックにとっても大変心強い。これにNetflixも加わったら、プラットフォーマーもなす術なしといった所でしょう。

強気のAppleが譲歩したけど・・・。

エピックに訴えられたのが相当応えたのか、これまで全く聞く耳を持たないAppleにも変化が現れました。

それが手数料の減額。これまで30%だった手数料を半分の15%にしたというもの。

アプリ提供会社に歩み寄った大きな譲歩に見せますが、対象は年間の販売額が1億円以下の会社。つまり中小企業を対象したもの。

当然、エピック、Spotifyなどはこの恩恵に預かれない。世間の目を気にしてなのか、一部だけ切り取るとAppleのこの対応は好意的に受け止められることでしょう。

利用者に還元されるのなら独自ルート大歓迎

裁判の行方次第になりますが、仮にアプリ開発会社側で支払いの独自ルート構築okともなれば、これまでの課金もお安くなるかと思いますね。

とは言え、そもそもスマホで動画視聴やゲームをしない僕にとってはあまり関係のない話なのですが・・・。

とは言え、中小企業の手数料半額は、もしかしたら今利用している有料アプリに何かしらの影響を与えてくれるかもしれません。

そんな日が早くこないかと思った次第です。

カテゴリー
IT業界

いよいよWinの牙城を崩せるか。Apple

ビジネスシーンではWindowsが圧倒的

長きにわたりビジネスシーンではWindowsが圧倒的なシェアを誇っていました。

Appleも手をこまねいている訳ではなく、CMなどでは明らかにWindowsと仮想敵と見なし、その違いをアピールしていました。

が、全く持って効果なし。ということもあってか、WindowsとOS争いをやめようということで、あからさまにWindowsを攻撃するようなことはなくなりました。

PCじゃない所でじわじわと浸透

加えて、Apple内の主力製品の変化もあり、MacOSよりもiPhoneが稼ぎ頭となり、こちらに注力した方が会社の未来にとって有用とでも思ったのでしょう。

で、PCでじゃない所で法人需要と取り込もうということで、スマホ、タブレットに力を入れ、見事にこのデバイスではWindowsを圧倒する成果を上げることに成功しました。

この方針変換の成功で気を良くしたのか、再びPCも力を入れていこうという動きが高まっています。

法人攻略パートナーにドコモ

法人を攻略するにあたり、Appleでは通信会社として提携してこれまでシェアを伸ばしてきました。

日本国内で言えば、auやソフトバンク、ドコモなどの3大キャリア。米国ではAT&Tと組んで法人開拓を進めています。

んで、今回、iPhone、iPadにPCを加え、本格的な法人攻略を進めているとか。既に本国ではAT&Tとこの取組を推進。日本国内ではドコモと組んで、このビジネスを推進していく予定だとか。

パートナーにドコモを選んだ理由は、企業のシステム部門などと幅広くつきあいがあるという点。その関係に便乗してPCのMac化もしれっと進めていこうというわけです。

ITに精通したシステム部門の人間に「Winに比べMacの方がセキュリティ面、使い勝手、テレワークという面で優れている」なんて言われたら、信じて疑わないでしょう。

在宅勤務が追い風になるかも?

在宅勤務で広がる中、セキュリティをどう維持していくか、Web会議をトラブルなく進めるとおか、色々な課題が見えてきました。

これらの課題を受け、新型iMacはフルHDのカメラと高品質なマイクを搭載。Web会議もストレスなく、オンライン上の共同作業もラクラクという点をアピールしているとか。

PCもApple化したら本物だけど・・・

一度は諦めかけていたかに見えたPCのMac化ですが、もしかしたらスマホ、タブレットとのスムーズな連携を武器にシェアアップも期待できます。

Mac ファンとしては、長年の夢が実現することを期待しています。

カテゴリー
IT業界

Macがインテルを卒業。独自CPUは世の流れ?

Apple、独自CPUを開発だって

Macが15年連れ添ったインテル製CPUと袂を分かち、自社開発のCPUを載せたMacを今後発売していくことを発表しました。

とは言え、このニュース、関係者の間では規定路線でさほど驚きの声はありませんでした。

というのも、既にiPad、iPhoneに搭載の半導体は全てApple独自で開発されたもの。この動きをMacまで広げたというもの。

期待するのは消費電力は低く、サクサクと動く性能アップ。中の人のコメントから、今後発表されるMacは相当期待できます。

MacBookのあまりにもプアなバッテリー問題が解消されることを願うばかりです。

今流行りのファブレスだからできた

独自CPU開発では、設計部門はAppleが担い、製造は台湾のTSMCやサムスンに委託。

このファブレスの動きは、スマホにより普及したとも言え、結果的に製造会社の技術を飛躍的に向上させたとも言えます。

半導体の雄、インテルにも匹敵する製造技術を持つとも言われ、かなりの技術力の高さが伺えます。

この製造専門部隊がなければ、Appleも自社開発CPUも思いとどまったことでしょう。

Google、Microsoftも追随?独自半導体

Appleの他にも、汎用品の半導体ではなく、自社で製造する動きが加速しているのが最近の傾向。

GoogleやAmazon、Baiduなどは、AIの学習処理を実行する半導体を自社で開発しています。

Microsoftは、タブレット用の半導体の開発。ハイシリコンはスマホやタブレット用の半導体設計を進めています。

国内でも半導体開発始まる

1990年代前半に我が世の春を謳歌した日本の半導体。その後はWindowsなどのパーソナルコンピュータの普及に伴い、海外勢にごぼう抜かれして今や開発している会社は皆無という所まで落ち込んでしまいました。

が、ファブレスという仕組みが普及したこともあり、再び半導体の開発が進められています。

NTTとNECによる共同開発で、通信機器用の半導体開発が進められています。

汎用品よりも専用品が何かと良い

これまでは出来合いの半導体を組立ててデバイス製造を行ってきましたが、帯に短したすきに長しとでもいいましょうか、スピードは申し分無いけど、消費電力が凄すぎるというものがあり、どうしても不満が残っていました。

それが、今の世の専用半導体の動きに移行させたと言ってもいいでしょう。スマホ、タブレット用、AI用、通信機器用とデバイスの用途に応じて開発した方が合理的。

この先もこの手の動きが続くことでしょう。

カテゴリー
金融保険業界

クレジットカードの新しい形。「Apple Card」

モノ自体がAppleらしい

Apple Payの導入でいよいよAppleも決済事業に乗り出しました。

Apple Pay対応のSuicaは、新たに登録する人でサーバーがパンク状態となり、幸先の良いスタートを切りました。

で、さらに決済利用者を獲得すべく導入されたのがApple Card

こちらはApple Payに対応していない店舗での利用を狙ったもの。

カード自体の素材はチタンが使われており、高級感抜群。一般的にはプラスチック製ですが、素材からこだわるあたりAppleらしさを感じました。

Apple Card

iPhoneとの併用が基本

他にもカードには名前のみタイプされており、カード番号や有効期限、裏面のCVVコードのタイプも一切なし

あまりにもスッキリしていますが、これiPhoneにかざせば、カード番号などは確認できます。

ので、Apple Cardの利用は、iPhoneとの併用が前提になるわけです。

iphonex

ここが革新的。Apple Card

そもそもカード面からカード番号やCVVを廃したのはセキュリティ強化の一貫。

米国ではカード番号やCVVを盗み見られて不正に利用される事件が多いからとのこと。

他にも、このまっさらな仕様にはメリットもあります。

iPhoneにかざせばカード番号やCVVを自由に変更できるというもの。

仮に落としてしまった、不正利用されたとなればカード番号をリモートで変更できちゃう。ので、被害も最小限に抑えられる訳です。

個人的にはこちらのメリットの方が魅力的に映ります。

ポイントカード

審査の緩さをITでカバー

この新クレジットカードの開発に参画したゴールドサックスマンでは、数百円規模の投資を行ったとか

Appleと組めば損はしない、むしろ収益拡大に寄与するのではと計算が立ったのでしょう。

懸念材料としては他のカードに比べ審査が緩い点

返済能力が怪しい人でも作れうちゃうということになりますが、これまでのクレジットカードであれば審査段階でペケとなっていましたが、Apple Payで支払い履歴を抑えられ、かつaiなどを駆使しして、今後の利用予測、返済の滞納期間なを考慮して、場合によってはストップもかけたりできるのでしょう。

恐らく、その点もしっかりケアしていると思われます。

レッドカード

他社の追随してくれないかな

といった具合に、クレジットカードの世界にも一石を投じた感のあるAppleCard。他社も追随してくれないかと思った次第です。

この仕組なら、カード更新の時も新たにカードを発行する手間も省け、カード会社、ユーザーにとってもメリットは大きいかなと思うのですが・・・

日本のクレジットカード会社も検討してみてはいかがでhそうか。