カテゴリー
App

ニッチなSNSが盛り上がっている。センセイノート

SNSと言っても色々あるけれど

フェイスブック、インスタグラム、Twitterと様々なSNSが世に出ており、いわば飽和状態。かと思いきや、ニッチなSNSという点に目をつけ盛り上がりを見せているSNSがあります。

センセイノート

紹介するSNSが、学校の先生に会員を限定した「センセイノート」。先生同士の情報共有ツールとして、全国6000校、1万人以上が利用されているとのこと。

センセイノート

お悩み相談所的な感じ

自分の学生時代に比べ、色々と大変な先生方。新聞などで見ると、労働時間が半端ないとか心労で休職される方が多いとか、果てはモンスターペアレンツとの付き合い方など、聞くだけでぞっとするような労働環境

センセイノートに寄せられる悩みでは、生徒指導でのお困りネタから、保護者との付き合い方の相談など多岐にわたっています。その悩みに対し、他校の先生からコメントをいただけるのですから、それは大変ありがたいアドバイスだと思います。

閉鎖的な教員の世界

校内の組織体系や指導方法でも学校ごとに異なっており、なかなか他校の情報を知ることができない。その閉鎖的な環境に風穴を開けたと言ってもいいでしょう。

勤務先や実名登録を原則としているセンセイノート。なので、「へぇ~、あの学校では、こんな事しているんだ」といった具合にわかっちゃうわけです。

恐らく、学級主任やら校長先生の許可を得て登録しているとは思いますけど・・・

どうやってお金を稼ぐ?

で、気になったのがお金の回収方法。システムの運用だって、莫大な費用がかかっているわけですし、コストをどう回収しているのか?非常に気になりました

教員でも何でもない自分なので、サイトに入ることはできませんが、先生向け広告がベタベタ入っているんでしょうかね。

とにかくSNSはもう参入余地なしと諦めるのではなく、仕組み次第ではまだまだネタのつきないコンテンツであることをあらためて感じた次第です・・・

約1万人が使う小中高の教師限定SNSアプリ「SENSEI NOTE(センセイノート)」
カテゴリ: 教育, ソーシャルネットワーキング

カテゴリー
App

参考書も自作する時代。ノート共有アプリ「Clear」

今更ながら世界史を勉強したい

高校時代の鬼のように勉強した世界史。大手予備校の模試では自慢になりますが、全国でもそこそこの順位でした。

当時の世界史の先生がアタリだったことが大きい。この先生の自作の世界史資料がよくできていて、時系列に、その国の歴史を学ぶのに最適

ノートの数も5-6冊位に膨れ上がりましたが、今となっては貴重な参考書だったことに気づきます。

自作ノートは参考書に勝る

受験の時には何度も何度も参考書を見返しては、新しく学んだネタがあれば、書き加えたりなどして、ノートも日々アップデートされます。自分の学習レベルに寄り添うカタチでノートは成長していくので、自分自身にとっては最良の参考書にもなります。

なので、ノートを完璧に仕上げれば参考書なんぞ要らなくなるわけです。

見せびらかしたい衝動

自画自賛のノートを、友人に見せたくなる気持ちはいつの時代も一緒のようで、その想いを汲み取ったアプリが話題のようなので、記事にまとめてみました。

ノート共有アプリ「Clear」

キャプチャーを見ると、他人のノートが見放題。眺めているだけでもゾクゾクしてきます。

共有の仕掛けがいい

ノートをアップし続けるモチベーション喚起の仕掛けもきっちり備わっており、いいねをしたり、お気に入りの著者を登録したりもできるそうです。

国内のユーザー数は55万人。9割が中高生だそうで、現在、データベースには4万冊分のノートが蓄積されているそうです。

参考書にすればいいじゃん

行く行くは、いいねの数の多いノートを集めて書籍化して欲しい。久しく学校教育から離れているけれど、出版されれれば見て見たいと思います。

自分が学生時代にこんなサービスがあれば、良かったのにと現役学生はうらやましい限りです。

Clear-勉強ノートまとめアプリ
カテゴリ: 教育, ソーシャルネットワーキング

カテゴリー
App

2段階認証の方はご注意!! Googleアプリパスワードの設定

全ては2段階認証のせい

自分は無縁と思っていましたが、知り合いがGmailを乗っ取られたことで、危機意識が一気に上昇。いちいち携帯電話で暗証番号を聞くのは面倒だけど、いたしかたない。

けど、これが同期しているアプリにも影響しているので、さぁ大変。

アプリ専用パスワードの設定法

iPhoneのメモ、カレンダーなどをGoogleアカウントと同期して使っていますが、通常のパスワードではダメ。アプリ専用パスワードでないと同期できません。

設定方法はこんな感じ。

①アカウントをクリック

Google アプリパスワード

②セキュリティをクリック

Google アプリパスワード

③アプリをクリック

Google アプリパスワード

④アプリ用パスワードが自動生成される

Google アプリパスワード

無事に同期OK

賞味5分ほど。新アカウントで、同期ができました。

[amazonjs asin=”4844335960″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”スマホ+PCで極める! Gmail &カレンダー”]
カテゴリー
App

激戦! ニュース系アプリ 群雄割拠

スマホと言えば

昭和の人間ということもあり、テレビ、ゲームは体に毒というのが染み込まれている。スマホも同様で、あまり接触時間を持たないようにしているので、見るのは帰りの電車に乗っている40分ほど。SNS系を見てからのニュース系アプリチェックというのがお決まりのパターン。

重いAntenna

最初にダウンロードしたのがAntenna。写真とテキストで見え方は良いんだけど、難点は重い。回線が混雑している時は必ずと言っていいほど、繋がらない。そんなこともありここ最近は疎遠気味。

キュレーションマガジン antenna[アンテナ]
カテゴリ: ニュース, エンターテインメント

ダウンロードがネックSmartNewsも

見やすいということで重宝しているのが、スマートニュース。ジャンル別に情報がまとめられていて、起動時に記事をダウンロードするんだけど、ここを乗り越えれば、閲覧時のストレスもない。けど、必ずと言っていいほど、ダウンロードが遅い。固まる。そんなこんなでSmartNewsも疎遠気味

スマートニュース / 圏外でもニュースがサクサク読める!(SmartNews)
カテゴリ: ニュース, エンターテインメント

原点回帰Gunosy

発表当時に使用していたGunosy。何でも自分の好みのニュースを届けてくれるということで、当時は画期的なサービスだった。けど、これが閲覧中に落ちる、落ちる。これが原因でしばらく使用していなかったけど、最新バージョンにしてからは、落ちることなくストレス。ニュース系アプリでは最近一番使っているアプリかも。

マンガも全て無料で読める総合ニュースアプリ グノシー(Gunosy)
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化

資金調達で注目集まる

最近、ニュース系アプリ界隈がちょっと騒がしい。大型資金調達が続いているようで、Gunosyが36億調達に成功。SmartNewsも海外に進出だの、各社拡大路線まっしぐら。ダウンロード数はではGunosy、SmartNewsと続くが、その差は100万ダウンロード。どこがトップになってもおかしくない状況。

この戦国時代を制するのは、Gunosyなのか、それとも新興勢力なのか、今後の動向が楽しみ。個人的にはGunosyに頑張ってもらいたいんですけどねー。

日経ビジネスNO.1756より [amazonjs asin=”B009M2QRO0″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”カリスマニュースサイト管理人が15年続けたシンプルな情報収集術 (impress QuickBooks)”]
カテゴリー
App

Googleプラスでフォローを削除する方法

Facebook、Twitterに慣れていると戸惑うことも

Facebookの友達、TwitterのフォローをGoogleプラスではサークルと呼んでいます。で、登録時に勧められるがままにサークル化していったら、タイムラインがつまらなすぎ。ので、サークルを掃除することに。

その他をクリック

ここに初期設定のサークル名と自分で作ったサークルの一覧があります。クリックすると一覧がでます。「写真」、「アートとデザイン」、「自動車」は初期設定時に勝手につくられたものだと思います。登録した記憶がないので・・・。

g01

ニュースサークルでこんなに登録

サークル名をクリックするとメンバーが表示されます。写真は「ニュース」のメンバー。登録した覚えのないものばかりで、自分にとって無意味なものも多いので、大掃除しました。

g02

フォロー削除はメンバーをクリックして、チェックを外すだけ

メンバーのアイコンをクリック、もしくはマウスオーバーで拡大表示されます。で、ニュースボタンをクリック。チェックを外すだけでOK。

g03 000googlepurasu

フォロー削除後はこんな感じ

フォロー件数を5個まで削減。かなりすっきり。これで少しはニュースフィードもすっきりします。

g04
カテゴリー
雑感

IFTTTを使って、ブログ更新を自動ツィートしてみた

IFTTT(イフト)とは一体何?

IFTTTとはTwitter、Facebook、ブログ、Evernoteなどのサービスを簡単に連携させるサービス。ひな型もいくつか用意されているので、ITに詳しくない僕でも簡単にできました。

01_iftt

ブログ更新をTwitterに自動ツィート

IFTTTで登録をすませ、右上のBrowseをクリック。ひな型がいくつか表示されます。で、その中のブログとTwitterの組み合わせを選択

01_iftttt

Twitterで使用許可を承認

次にIFTTTが、Twitterを使うことを承認すべく、下記のボタンをクリック。次いで、ブログのRSSフィードのURLをコピペ。これでほぼ8割方は終了。

01_iftttttt 01_iftttttttt

Twitter上での表示方法を決める。

表示メニューの中から、好きなものを選択します。全て英語のため、とりあえず左頭のメニューを選択すると、表示サンプルが現われ、「ブログタイトル」と「ブログURL」ということがわかります。最後に「Recipe」ボタンを押して終了。

01_ifttttttttttt

ちょいとタイムラグはあるけれど。

設定後、即反映されるわけではありませんが、10分ほど待ってみると確かに表示されました!!

カテゴリー
Evernote

Skitch for Windoowsでの画面キャプチャーが捗りすぎる

ショートカットで画面キャプチャー

Skitchを立ち上げた状態で、ショートカットCtrl+Shift+5。すると、ガイドが出現。

01

選択範囲を対角線上に囲めばOK。

02

キャプチャー画像に文字を入れる。

「a」を選択した状態で、キャプチャーした画像の上でクリック。文字入力のラインが出現。

04

移動したい時は、入力済みの文字上で、クリック。4隅にポインターが出現します。この状態だと移動ができます。

05

拡大縮小はポインターをドラッグするだけ。

06

Skitchの主なショートカット

画面拡大縮小 Ctrl+Shift+「+」or「-」

ファイル保存 Ctrl+Shift+S

画面キャプチャー Ctrl+Shift+5

まとめ

今までは、画面キャプチャーした画像をパワーポイントに貼り付けして、文字を書き入れていましたが、んな手間がなくなり、かなり作業が短縮できました。

カテゴリー
App

まさか自分が不正ログインされていたとは・・・

リスト型アカウントハッキング

不正ログインの手口は、「リスト型アカウントハッキング」というもので、流出済みのIDとPWを元に、自動でログインを繰り返すというもの。なので、SNSなどの運営会社は、この動作を検知して、「異常だっ」ということで不正ログインであることを把握しているんだと思う。

01_index_1

各社の対策が凄まじい

まず「はてな」は全登録者に対して、パスワード変更を促し、「ニコココ動画」、「mixi」は被害に会った本人がパスワードを変えるまでログインできないという、かなり利用者に負担のかかる対応を余儀なくされた。

自分には関係ない話と思っていたのに・・・

メルマガしか送信されない僕のメール。なので、ほとんど見ないのですが、先日、あまりに目にしない「はてな」からのメールが・・・・。で、開いてみると、不正ログインをされた形跡がありますということで、びっくり仰天。

早速、パスワードをチェンジ

この不正ログインの怖いのは、同じID、PWを使っていると、芋づる式に、他のSNSサービスにも被害が及ぶ可能性がある点。僕の「はてな」のIDとPWは幸いにも、このサービスにしか使っていないIDとPWだったので、被害の拡大は避けることはできたけど・・・・

01_index

パスワード管理は一括が便利

で、今回の事件をきっかけにパスワード管理をしていこうと思い、行き着いた先が、PassFolder。有料アプリですが、IDとPWを登録でき、かつアプリ自体にもパスワードがかけられる点。

01_appli

PWを決めるのに、一苦労の方も安心。このアプリではPWを自動で生成してくれるので、助かります。

が、スマホを落としてしまうと全てのID、PWがわからなくなるので、メモ帳などでバックアップを取ることをおすすめします。

カテゴリー
App

iNOTE:syncでEVERNOTEとiPod touchのメモを同期

バラバラに保存した情報で探すのに一苦労

仕事ネタやWebネタをメモ帳やEvernoteにとにかく放り込む。何か調べたい時に、メモ帳を開いたり、Evernoteを開いたりと何かと面倒。

ということで、Evernoteにこの雑多なメモを一本化してやろうということで標準メモアプリとEvernoteを同期してくれる、iNOTE:syncを入れてみました。2014年5月現在で400円です。

iNOTE:sync

iNOTE:syncの初期設定でいきなりつまずく

インストール後、EvernoteのIDとパスワードを入力。セットアップの手順なるページに遷移します。これをどんどんめくって、最後のセットアップを押すと、インストールプロファイルの画面が立ち上がるとのことでしたが、サファリでは読めませんとエラー画面になり、インストールできず・・・・

インストールプロファイルのインストール方法

以下の方法を試したところインストールできました。どれが正解だったかはわかりませんが、僕のようなエラーが出た方は一つ一つ試してみるのも良いです。

  • インストール済みのインストールプロファイルを削除
  • iNOTE:sync

  • 一度、iPod touchの電源を切り、再度電源ON
  • iNOTE:syncを立ち上げ、EVERNOTEのID、パスワードを入力せずに、3STEPSをクリックし、最後のセットアップをクリック。
  • iNOTE:sync

    インストールプロファイル後の設定は簡単

    セッティングを開き>Mailの初期画面を開く>iNOTE:syncを開き、メモ帳をONにすればOK

    iNOTE:sync

    メモ帳を開き、アカウントで、iNOTE:syncを選択すればOK

    iNOTE:sync

    本当に同期しているの?

    アカウントをiNOTE:syncにして、メモを入力。で、iNOTE:syncを開き、同期が成功していると同期件数が表示されます。

    追記|2016年06月

    現在では、このiNOTE:syncは配布されていません。

    iPhoneの標準機能で、Evernoteに保存できるようになったからでしょう。

    加えてEvernote保存に対応していないiOS6以前でiNOTE:syncを試しましたものの、今では同期すらしてくれません。

    本アプリを開発したサイトに訪れても何ら解決策を提示していたいなし、困ったものです。

    当初のメモ帳&Evernoteの1本化はできたので困り事は解消したので良いのですが、何か釈然としません・・・

    [amazonjs asin=”4798132438″ locale=”JP” title=”ポケット百科 EVERNOTE 知りたいことがズバッとわかる本”]
    カテゴリー
    App

    結構ライバル多いのね、チャット系アプリ

    世界を見渡せば、強敵揃い

    日本では他の追随を許さないLINE。中東、東南アジアでも人気が高く、日本が世界に誇るチャット系アプリですが、世界を見渡せば、チャット系アプリがゴロゴロ。

    アプリ 登録者数 月間利用者数
    WeChat 6億人 2.7億人
    WhatsApp 非公開 4.5億人
    LINE 3.6億人 非公開
    Viber 3億人 1億人
    Kakao Talk 非公開 1億人

    LINE vs Viber

    スマホ黎明期とでも言うのでしょうか、僕の周りでは、この2つを利用している人が多かったですね。当時はほぼ互角で、音質にすぐれるViberは、海外先でも音声がクリアで、結構使ってましたね。
    一方のLINEは、音声通話は厳しいものの、インターフェイスが日本語でわかりやすい。それと愛らしいスタンプの数々。その後、TVCMなどの影響もあってか、周りのほとんどはLINEメインで、Viberとの差をグイグイ開いていったのです。

    LINE

    WeChatって何モノ?

    中国で圧倒的なシェアを持つアプリ。機能は音声チャットやskypeのようなお互いの顔を見ながら会話ができる機能がLINEとの大きな違いでしたが、LINEもビデオ通話機能を追加するなど、機能的な違いはなくなっている印象。

    WeChat

    今話題のWhatsAPP

    Facebookに買収されたことで話題となりましたね。しかも、このアプリ、2年目から有料というのに、グイグイ登録者を増やしているのだから、すごい。広告を一切、排除してかシンプルに、そして軽くがモットーな感じ。スマホ利用では軽さは重要ですよね。
    FaceBOOKのあのモッサリ感も、ホント、もう少し何とかならんかいなと思うわけです。

    なかなかスイッチしにくいチャットアプリ

    相手あってのアプリなもんで、自分だけアプリを変えても使えない。となると、日本人とのやりとりはLINE、米国人とはWhatsApp、中国人とはWeChatと使い分けるしかないかも。
    3アプリを併用する中で、自分の中で淘汰が始まり、一番使いやすいアプリが絞られ、それを友人、知人に紹介し、そして普及していく。そんな流れ。ViberじゃなくLINEを広めたのも、そんな感じだった。

    日経ビジネスNO.1731より