カテゴリー
IT業界

新たな東西冷戦?主戦場はIT

言わずとしれたGAFA

世界をリードすると言っても過言ではない米国ITの最大手Google、Apple、Facebook、Amazon。頭文字を取ってGAFAという便利な造語が生まれ、かなり浸透していきた様子。

最近では、あまりにも巨大するので彼らに支配されるのでは?という懸念が広まっています。様々な情報が彼らに集まることで、色々と問題が出てくるのではと?

とは言え、本当に彼らによるIT支配が強まるというのは早計。対抗馬となりう勢力が中国ですくすくと育っているのですから

GAFA

対抗馬にBAT?

検索のBaidu、ネットショッピングのアリババ、SNSのテンセント。これらの頭文字を取って、中国版GAFA、BATと日経ビジネスでは命名しています。

言葉の響きからするとあまり良いイメージは持ちませんが、それはさておき現在GAFAに対抗する勢力として一番ではないかと思います。

全世界で見れば規模はまだまだGAFAに劣るものの、中国国内では絶対的王者

中国当局が全面バックアップする強みを活かしているのがGAFAにはない特長だと思います。

アリババ

情報統制のはずが思わぬ産物

中国で絶対的王者になれたのも、中国当局による強い情報統制のおかげ。GoogleやTwitter、Facebookを閲覧禁止にしたことで利用者は国内のサービスを使わざるを得ない。

14億人の国民を相手にするわけですからサービスに磨きがかからない訳がない。

というわけで、すくすくと成長を続け、その先を見据えて発展途上国に進出するという計画が始動しているのです。

どちらに与した方がメリットあり?

これも政府の強力なバックアップがあってのこと。ネットやインフラが不十分な東南アジア、アフリカを中心にBATの展開するサービスを提供。

生活インフラ、ネット環境が不十分なルワンダに救いの手をさしのべ、ルワンダ産コーヒーをアリババで販売を開始したのも、この取組の一環です。

こうして先進国GAFA、途上国BATという新たなIT圏が形勢されるのではと言われています。

まるでソ連崩壊前の東西冷戦のようですね。

日本もどちらに与するのか、判断を迫られる時が来るんでしょうけど

アフリカ

中国はどうも・・・が拭いきれない

個人的には中国産にはあまりいいイメージがありません。遠い昔、Baiduの文字入力ソフトで痛い目に合いましたので・・・

とは言え、あれから数十年経っているので変わっているかもしれませんが。

なので、両方を使ってみるというも良いのかなと思った次第です。

カテゴリー
新興国ネタ

あちらこちらで存在感を増す、中国の技術力

3つの事例から見る中国の技術力の高さ

あらゆる分野で中国の技術力が高まっているというお話。ここに挙げる5つの分野を並べてみると、日本もウカウカしれらないなと思った次第です。

タッチの差で世界初を取り逃す。半導体

半導体の世界で技術力の高さを知る上で、わかりやすいのが微細化技術。これは半導体の性能を表すもので、微細であればあるほど高い技術が必要となるというもの。

iPhonexで、Appleはそれまでの10ナノから、一気に7ナノまで微細化に成功させ、より高性能なスマホに仕上がったと誇らしげに語っていました。が、この発表から1ヶ月後にはファーフェイがこれまた7ナノに成功したとのことで大きな話題となりました。

ほぼほぼ同時期に開発が進められていたと思われますが、その世界の大手クアルコムインテルすら、まだ実現てきない技術を、わずか創業15年のハイシリコンという会社が開発したとうのですから、中国の技術力の底力の高さがいかに高いがわかります。

半導体

パナソニックをごぼう抜き車載用バッテリー

続いては、EVカーの肝とも言えるバッテリーのお話

この世界では、テスラとも提携しているパナソニックが強さを発揮していましたが、これまた創業2011年と間もない会社が、生産能力でパナソニックを抜き去るという偉業を達成しました。

その会社こそ、ここ最近、やたらと新聞やテレビで話題になっているCATLです。

BMWとの提携で知られる同社は、その後もダイムラーVWなど大手カーカーメーカとの取引を成立させ、CATL包囲網を構築している所。

今はライバルの関係にあるパナソニックですが、全く相手にされないほどその差が開く可能性は大アリです。

電気自動車

AIの中国御三家、BAT

個々数年注目されている技術、AIの分野でも中国の躍進が目立つのは周知の事実。

中でも、BaiduアリババテンセントはAIの御三家とも呼ばれ、世界トップクラスの技術を誇ります。

Baiduは自動運転におけるマップのAIアリババは顔認証技術テンセントは音声認識、互いが競争関係にあらずそれぞれが得意の分野で存在感を高めているというもの。

全ての会社が世界トップになったら、AIはほぼほぼ中国のものとなるんでしょうね。

AI

驚異に感じるアメリカ

ここに挙げた3つの事例が全てこれからの技術というのが注目に値する点であり、世界がしのぎを削る分野と言ってもいいでしょう。

この手の技術分野ではこれまでアメリカのほぼ独壇場と思われていましたが、この中国の躍進を見て驚異と感じているのは間違いないでしょう。

日本勢にもぜひとも頑張って欲しいものです・・・・