カテゴリー
ハリウッド

主役級ヒーロー大集結。結局の所、スーパーマンが群を抜いて強かったですけど。「ジャスティス・リーグ」

チームリーダーを務めますのは、バットマン

DCコミックのヒーローが一堂に会する本作品。ラインナップはバットマンを筆頭に、ワンダーウーマン、アクアマン、フラッシュ、サイボーグの面々。

ワンダーウーマン

ある化け物の復活で、このままでは世界が滅亡していしまうと危機感を顕にするバットマン。ゴッサムシティという小さな社会の話ではなく、今回は世界の危機を救うという壮大なテーマ。

バットマン一人でこの困難は乗り越えられないと仲間探しに奔走します。もともとワンダーウーマンは旧知の仲なので、残るは3人。アクアマン、フラシュ、サイボーグ。

アクアマンこそ仲間入りに渋ったものの、何とか全員、バットマンと共に地球を危機から救うことに賛同してくれます。

バットマン

ヒーローが束になっても勝てない悪者って何者?

世界を危機に陥れようとしているのが、ステペンウルフという悪者。遠い昔にワンダーウーマン、アクアマンの祖先との戦いに敗れ、封印されていましたが、何かの手違いが発生したのか、それとも封じ込めた箱の経年劣化のせいなのか、数千年ぶりに現世に復活。

大男のアクアマンが対峙しても、その大きさが霞むほどの図体で、ヒーローが束になってかかっても互角に渡り得るほどの強さ。

三国志で言えば、関羽、張飛を相手に互角に渡り合える呂布みたいなもの。

見てくれは、まさに悪の化身。ドラクエのガークドレアムを彷彿させる兜をかぶり、自慢の斧を振り回し、付け入る好きは一切なし。

ダークドレアム

初対面では、バットマンチームは木っ端微塵にシバかれ、力の差を痛感。ある人の復活にのぞみを託すことにします。

強すぎるよ、スーパーマン。何で死んだの?

その人こそ、バットマンが死に追いやったスーパーマン。本作と繋がっている映画「スーパーマンvsバットマン」でスーパーマンは、バットマンの手によって殺されました。

それをある力を利用して生き返らせることに成功。生き返った直後、暴走したかに見えたスーパーマンを、ヒーローたちが束になってかかるもの指1本で退けてしまうほどの強さ。

DCコミック,サイボーグ

同じヒーローでも、ここまで力の差があるのかと正直驚きました。というのも、各ヒーローは自分の作品に戻れば、絶対的強さを発揮して敵を圧倒するのに、スーパーマン相手だと全く歯が立たない。

DCコミック,フラッシュ

これでは、その強さにマイナスイメージがどうしても付いて回ります。けど、話の流れ上、ヒーローの中でも格付けをしないと成立しなかったのでしょう。

真打ち登場。スーパーマン

ラストシーンのヒーローたちとステペンウルフの一騎打ち。非人間のワンダーウーマンとアクアマン二人がかりで挑むも、ビクトもしないステペンウルフ。バットマン、フラッシュも雑魚キャラ相手に大忙し。とても助ける余裕もない。

そんな絶体絶命を救ってくれたのがスーパーマン。ステペンウルフの攻撃を鼻歌まじりで避けきるほどの圧倒的な力の差を見つけます。

まさに救世主。彼の登場によりバットマンチームは危機から救われ、ステペンウルフを封じ込めることに成功するのです。

これ、スーパーマン一人でも解決しちゃうんのでは思った次第です。

カテゴリー
ハリウッド

難解すぎるので勝手に解釈。最凶の芸人。ジョーカー。底冷えする恐怖感ありありのあの笑い

バッドマン3部作でおなじみのジョーカー。

虎の穴で心身共に鍛え上げたバッドマンに対し、身体は細く明らかに見た目は明らかにいじめられっ子のジョーカー。勝敗は火を見るより明らかなのに、何故かジョーカーが軍配が上がってしまう。

とにかくこの御方、頭の切れ方がするどく、バッドマンが嫌がることを常についてくる。弱者でも頭脳勝負であれば、強者に勝ててしまうのかとある意味、感心しましたよ。

ジョーカー

そんな彼の生涯を追った本作品。どのようにしてジョーカーが生まれたのか、どのようにして切れ者の頭脳を手に入れたのかが、描かれていると思い期待しましたが、全くその点は描かれて居なかったのは残念でした。

バッドマンに挑む理由がわかった気がする

国も手を焼くほどの治安が悪いゴッサムシティ。とにかく富めるものと貧しいものの差が激しく、貧者は常に不満を抱えていました。

そんな空気の中で起きたエリートサラリーマンの殺害事件。これが市民を2分する格好となり、その犯人がジョーカーだったのです。

ジョーカー

ピエロ姿の犯人ということも市民の注目を集めたのでしょう。貧者ピエロが富めるモノを成敗したという見方をする人が増え始め、次第にジョーカーが反逆者の象徴として崇められていきます。

ジョーカー自身も自分がそのような立場に見られることを自覚したのでしょう。ゴッサムシティを弱者に優しい、住みやすい街していこうと思った矢先に、正義の見方バットマンが出現。

自分の理想の街づくりを脅かす存在は潰すに限るということで、バットマンとの対決姿勢を強めていきます。

お互いの正義がぶつかり合うということになったんですね。

ジョーカー

最後までに残る謎。ジョーカーの親は一体誰

何度も何度も見返してみたものの、最後まで理解できなかったジョーカーの生い立ち。僕なりに解釈したのがこんな漢字。

病に冒された母の看護をしつつ暮らしを支える孝行息子のジョーカー。自身も病気を患いながら、何とか必死になって働いていました。

が、自分が幼い時に親から激しい虐待を受けてきたこと、また突然笑いがこみ上げてくる病気は先天性のものではなく、親の激しい暴力で脳みそがおかしくなってしまったという事実を知ってしまったことで、彼の中に眠っていた凶悪性が一気に噴出したのです。

隠された衝撃の事実を知ってからのジョーカーは、今に通じるヤバい奴に豹変。エンディングまでに数人の人を一切の憐れみの気持を持たずに次々と殺害していくのですから。

ただし1点だけ変わらない性格と言えば、幼い頃から憧れたコメディアンのように多くの人の注目を集め、そして喜んでもらうこと。当然、自分がしたことに後悔もなく、ちょっとしたユーモア性がなければならない。

ジョーカー

彼が犯罪を犯す際に、笑顔でいられるのも、彼なりの笑いの解釈の元、行われているのでしょう。凡人には理解できない境地に至っていることを感じた次第です。

カテゴリー
ハリウッド

バットマン3部作を見て思うこと

第一話 バットマンになるまで

幼くして両親を失ったお坊ちゃまことウェインがバットマンになるまでを描いた第一作。

生きる意味を失ったと言いますか、自らを精神、肉体の両面を鍛えるべく虎の穴に入所。そこで良きパイセンに出会い、メキメキと力をつけていきました。

虎の穴の大ボスを倒し、パイセン共々命からがら脱出に成功。お互いの健闘を祈るようにお別れしたのですが、まさかのそのパイセンが自分の敵になるとは知るよしもなかったでしょう。

お互いの正義を主張して相まみえる訳ですが、結果はぜひ御覧ください。

第二話 好敵手ジョーカーとの戦い

第二作は好敵手とも言えるジョーカーとの戦い。見た目はそんなに強さに見えないのに、やることなすことが常軌を逸しています。

また頭が切れ切れで、バットマンの嫌がること常についてくる。まるで相手の出方をすべてお見通しといった感じ。

しかもこのお方、仲間うちからも狂犬として恐れられているほどのヤバいお方。マフィアでさえ恐れられている存在。

強烈な組織を持っている訳でもないのに、病院爆破はどのようにしてこんだけの爆弾を仕込むことができたのか?と不思議な点もありましたが・・・。

この先、ジョーカーとの戦いが続くんだろうなと思い、期待して三作品目を見ましたが、ジョーカーは登場せずちょっと残念な気持ちになりました。

第三話 マスク男との戦い

第三話の敵は明らかにバットマンの相手にとって申し分ない見た目のマスク男。この御方も虎の穴出身であまりの態度の悪さに破門をつきつけられたという札付き男。

バットマンをフルボッコにしてしまうほどの強さを誇り、従える部下は元刑務所ぐらしの人たち。数でも警察と対峙できるほどの規模で第二作に比べるとかなりスケールアップした印象を持ちました。

最後は街中でバットマンvsマスク男の大乱闘になるわけですが、この混乱に乗じてジョーカーが出てこないかなと期待していましたが、最後まで姿を表すことはありませんでした。

ゴッサム市民は苦難続き

それにしても、話の舞台となるゴッサムという都市は、代わる代わる怖い方々に襲われて大変。

しまいには中央政府からも見放されるし・・・。ここまで治安が悪いとさじをなげてしまうんでしょうね。

圧倒的強さがないのがちょっと・・・

3部作を見ていた中で、感じたのはバットマンがヒーローのくせして圧倒的な強さがないこと。

他のヒーローものなら、地球外生物的な怪物を相手にするのに、バットマンは生身の人間。強さとしては劣るのに、互角または負けてしまうというテイタラク。

ジャンル的にはヒーローモノというものではなく、世直し作品として見た方がいいのかなと思った次第です。

カテゴリー
ハリウッド

悪魔の実の能力者が大活躍「スーサイドスクワッド」

こちらの作品、バッドマンやスーパーマンがちょいちょい出てくるなど、これらの作品と一応の関連性を持っています。

例えば、悪魔の実の能力者に対抗するために結成された悪のチームのメンバーには、バットマンに逮捕されちゃった人がいたり、あのバットマンの親友をロビンを殺したジョーカーも出てくるのです。

極めつけはスーパーマンが亡き人にされていること。作品の中では彼も悪魔の実の能力者、作品の中ではメタヒューマンと読んでいます。

で、スーパーマン亡くなったとは言っても、次なるメタヒューマンが現われれるだろと予測。しかもそいつが必ずしも善人とは限らない。悪人だったらたまったもんじゃない。ということで、事前に対メタヒューマ対策として結成されたのがスーサイドスクワッドだったのです。

スーサイドスクワッド

ヨーガフレームすげー

メンバーのほとんどは極悪人にしか収監されない刑務所。凄腕のスナイパー、精神的におかしくなった女の子、下水道を住処にする怪物、そして火を自在に操り、まるでストⅡのキャラばりの怪しい感じの男。

時限装置をクビに仕込まれ、命令に背けば爆弾が起動という言わば政府の飼い犬状態で刑務所から出所することを許されたのです。

スーサイドスクワッド

現われちゃったよダークサイドのメタヒューマン

彼らを待ち受けていたのが、スーパーマン以上の能力者ではないかと呼び声の高い魔女。雷のような光を身にまとい、都市をどんどん破壊していきます。加えて一般人をゾンビ化して、街を占拠。

軍隊もお手上げの所に現れたのがスーサイドスクワッド

群がるゾンビをバッタバッタとなぎ倒し、見事勝利。

別格の強さを見せつけます。

最初、このタスクに後ろ向きだった火吹き男も、仲間に弱虫呼ばわりして発奮。ビル全体を覆う巨大な火を吹き、仲間も固まるほどの活躍を見せます。

スーサイドスクワッド

いよいよ魔女との戦い

本丸となる魔女が拠点にするビルに侵入成功。

いよいよボス退治かと思いきや、前座試合ということで、魔女の弟が登場。腕がとてつもなく伸びる能力者で、スーサイドスクワッドの面々も手こずっている中、またまたやってくれました。火吹き男が猛チャージ。火を吹くものの軽く吹き飛ばされ、これで終わりと思った瞬間、覚醒してたのか、人間の姿からイナズマンのような姿に変身。身長も倍以上に伸び、弟に再度アタックし、あの絶対王者を仕留める寸前までに追い込みます。

もしかしたら、魔女を含めて、この火吹き男が一番強いんじゃないかなと思うくらい。

で、最後は観てのお楽しみということで、気になるのがこの次の話。エンディングにシリーズもの?と思わせるシーンがありました。今回の悪魔の実の能力者的なメタヒューマンがもっとクローズアップされた話が展開されるのでは?といった感じです。

XMENのミュータントみたいで、さらに話が広がる予感。次回作が楽しみです。

[blogcard url=”https://charizm0407.com/movie/foreign/xmen04/”]