カテゴリー
ハリウッド

次回作是非やって欲しい。女CIA「SPY」

異色のスパイ映画

スパイ映画と言えば007シリーズ、ミッション・インポッシブル。

冒頭にあのジュード・ロウが犯罪組織主催のパーティに潜入し、見事ミッションを成功させますが、どうも見慣れた風景を見せられている感じがして、最初は全然惹きつけられれるものがありませんでした。

が、ジュード・ロウが次のミッションでヘタをこき、しかも殉職してしまうところから、加速度的にこの作品の面白さが増していきます。

あの世界的名俳優を開始早々になきにものにしてしまうという思い切りの良さもこの作品も魅力でもあります。

spy

事務職の女性が現場エージェント

殉職したジュード・ロウの仇討ちをすべく、CIAが白羽の矢を立てたのが全く現場経験のない女性。

しかもポッチャリときているものだから、不安でしかたない。とは言うものの、犯人グループに顔が割れていないのは彼女だけ。彼女自身も現場に出たいと常々口にするどほど念願の夢がかないました。

ポッチャリ体形なだけに、大丈夫かと見ている側も不安を感じましたが、そんな不安をよそに、手際よく敵方を葬り去り、これなら行けると確信に変わりました。

ナイフを突きつける敵方に対し、焦る素振りを一切見せず落ち着いて胸ポケットから拳銃差し出し、一気に形勢逆転。状況判断はベテランCIAばりと言ってもいいでしょう。

敵方との取っ組み合いも、俊敏な動きで防御、攻撃を的確に繰り出し相手をノックアウト

これがポッチャリ体形で成立させる所に、他のスパイ映画にはないまた違った楽しさを醸し出しています。

spy

他にも登場人物が個性的

この作品、ジュード・ロウやジェイソン・ステイサムなど主演級を張るような俳優が脇役というのも見所の一つ。

トランスポーターではクールな2枚目役を演じていたジェイソン・ステイサムが、この作品では3枚目役として、することなくなすこと全て空回り。

「現場はまだまだ素人だから俺に任せろ」と言うわりには結果的には仕事を増やしてしまう有様。

他にも犯罪組織の女ボス。ジュード・ロウの侵入を先回りしてキャッチして、見事彼の倒しちゃう程の切れ者のくせに、お嬢様育ちだけにどこか抜けている所があって、本当に同一人物かと思うほどです。

最後に警察に連行される時に、頭を触らないでと今の自分の立場をわきまえないシーンは秀逸です。

spy

パート2を是非やってほしい

腕の立つポッチャリ女スパイというありえない設定と、どこか抜けっぷりが半端ない憎めない脇役たち、そしてチョイチョチ顔を出す軽妙な笑いのトークなどなど、スパイ映画の新ジャンルを確率したと言ってもいいでしょう。

ぜひパート2をやって欲しい。

カテゴリー
ハリウッド

英雄となった狙撃手「スターリングラード2001」

ソ連も結構苦戦していたのね

第二次世界大戦ものは数多く見てきましたが、ソ連をメインにした映画は初めて。

ドイツ軍が失速したのもソ連への攻撃が原因。という事実から、破竹の勢いかとおもいきや、結構ドイツの攻撃に手を焼いていた様子。

この映画でまざまざとその苦境が描かれています。

廃墟と化すスターリングラード

ドイツとの戦いの激戦区となったスターリングラード。この街を突破されたら雪崩を打ったのごとくヒトラー率いいるドイツ軍がソ連国内を襲ってくる。

てな訳で、ソ連軍も次々と軍隊を送りこの街を死守します。

とは言っても、空はドイツの戦闘機が飛び交い、街はドイツ軍の戦車が走り回り、ほぼ占領されている状態。

ソ連軍はゲリラ戦でしのいでいるという感じです。

スターリングラード

野球に例えれば、5点差リードで風前の灯火状態。そこから見事大逆転して、ドイツ軍から勝利をもぎ取ります。そこには1人の狙撃手の活躍がありました。

狩猟で磨いた狙撃の腕

主人公の狙撃手、ジュード・ロウは幼い頃は、狩猟の家系に生まれおじいちゃんから狙撃を受けるほど5歳にして狼を撃ち殺したという伝説付き。

この彼が、第二次世界大戦でドイツ軍のお偉いさんを次々と暗殺し、次第に国内の英雄へとなっていくのです。

スターリングラード

見事なまでのプロパガンダ

彼が英雄になっていったのも腕利きの編集者のおかげ。

この編集者が、新聞でヒットマンを紹介し、英雄化。今日は男人の将校を暗殺したとか、ことこまかに新聞に掲載することで、ソ連軍の士気も向上させることにも成功していきました。

ドイツ最強のヒットマン

ソ連軍のヒットマンに手を焼くドイツ軍は最後の切り札を投入。

目に目をということで、ドイツ最強の呼び声高いヒットマンを本国から呼び寄せ彼の暗殺を命じます。

スターリングラード

ヒットマン同士だけに互いの出方を知り尽くしています。

この二人の攻防は見ていて迫力があります。

ヒットマン、ジュード・ロウは、一度対戦しただけで、明らかに自分より上と自信をなくし、軽いスランプに陥ります。

が、市民兵としてドイツ軍に立ち向かう女性、レイチェル・ワイズに支えられ自信を取り戻します。

スターリングラード

友人の犠牲を無駄にしない。

最後の戦いでは、親友でもあり、彼を英雄化した編集者が彼をサポート。自らが犠牲となり、ヒットマンの所在を彼に教えるという手段を取ります。

彼は一撃のもと、ヒットマンにやられ、所在が明らかに。

ドイツ側の最強ヒットマンは仕留めたことを確認すべく、隠れ家からテクテクと彼の元に向かいます。

その道すがら、自分に照準を定めるソ連兵に気づき、ライフルに手をかける暇もなく、ソ連のヒットマンの手に落ちることとなりました。

戦争後、このヒットマンは本当の意味での英雄となり、今も語り継がれているとか。いい作品でした。

カテゴリー
ハリウッド

このサービス使ってみたい「the ホリデー」

Airbnbより先言ってるサービス

この作品の話の要とも言える自宅交換サービス。実際にあるかどうかわかりませんが、実際にあったら試したいですね。

このサービスがよく考えられていて、長期ヴァカンスともなれば、お家を空けますよね。それがクリスマスや年末年始などの世界的なイベントが集中していれば、お互いがの話がまとまればお家の交換が成立します。

この作品では、米国住まいのキャメロン・ディアスが英国へ。英国住まいのケイト・ウィンスレットが米国へ。互いの利害が一致したのでお家交換が成立。

加えてお互い傷心旅行という点も一緒でした。

主なあらすじ

映画の予告編映像制作の会社社長、キャメロン・ディアスは夫とはしばらくセックスレスが続くなど夫婦生活がスレ違い状態。そんな矢先に夫の浮気を知り大激怒。即離婚を決意し、このモヤモヤした気持ちの整理をすべく旅に出ることにします。

一方、ケイト・ウィンスレットは、新聞社に勤める優秀なライター。社のクリスマスパーティの時に3年間付き合っていた彼の結婚を知り失意のドン底に。

彼女も結婚する彼への思いを断ち切るべく旅に出ることにするのです。

ジュード・ロウは反則すぎる

ケイト・ウィンスレットの自宅まで無事辿り着いたキャメロン・ディアス。娯楽、ショッピングに事欠かない自宅と異なり、宿泊先は何もないようなど田舎。

着いて6時間で帰国することを決意し、荷物をまとめてみると玄関のチャイムが鳴りドアを開けてみると、ビックリする位のイケメンが家に上がらせてくれと懇願。

ホリデー,映画

こちらケイト・ウィンスレットの兄役のジュード・ロウ。同性から見ても何んてハンサムなんだろうと惚れぼれするほどのマスク。

キャメロン・ディアスもあまりのイケメンぶりに不信感よりも、性欲が優り出会って数分でベットイン。お互い深入りしなように注意していたのに、ドンドンとのめりこんでいきます。

ジャック・ブラックはありかも

一方のケイト・ウィンスレットはと言えば、まずキャメロン・ディアス邸っぷりにビックリ。お城のような住まいに、お庭にはプール。全自動でシャッターが閉まり、この上ないセレブ暮らしを満喫します。

で、こちらも新しい恋の予感が芽生えます。お相手はキャメロン・ディアスの仕事仲間のジャック・ブラック。

お家に招いたり、料理を作って上げたり、時にはジャック・ブラックの恋の悩みに聞いてあげたり・・・

ホリデー,映画

ジャック・ブラックが失恋すると、お互いの距離は急速に縮まり、あともう一歩でお付き合い成立というところで、元カノからの復縁連絡・・・

ケイト・ウィンスレットとっては短期間に2度の失礼を経験するという苦い思い出に・・・

着地点はハッピィエンド

旅先で恋が芽生えるというのは素敵なこと。けど、その旅行が終わったらどうなる?先々を考えると、中々踏み込めない。が、そんなもの関係あるかいと、軽々と飛び越える威勢の良さが二人から感じられました。女子は強い。

カテゴリー
ハリウッド

ハチャメチャが過ぎる「アンナ・カレーニナ」

何、不自由のない生活を送っていたのに・・・

日本の士農工商のような身分制度が、帝政ロシア時代にもあり、アンナ・カレーニナはいわば貴族階級。豪華な宮殿に住み、住み込みの世話役を数多くかかえ、ほぼ毎日が社交界。しかも旦那は役人と来れば、将来にわたって安定した生活は保障されたようなもの。なのに、これが軍人と恋に落ちたものだから、さぁ大変

ANNA_01

自由奔放すぎるだろ

この恋はいけないことと自制はしていたものの、本能には逆らえず、抑えられない気持ちがついに決壊。旦那の浮気はよく聞く話だけど、奥様が浮気って・・・。

ANNA_02

大人すぎるだろう

で、アンナの旦那役、ジュード・ロウが、これまた紳士。アンナの浮気を知りつつも、取り乱すことなく淡々と、諭すように浮気をやめるよう説得。ジュード・ロウが演じると、さらに輪をかけていい旦那に見える

世間の目は冷たい・・・

人の道をちょいと外した行動を取ったがために、貴族連中から厳しい仕打ちを受けるはめに。まともに会話もしてくれず、会話しようものなら、会話した人が非難されるって、学校のいじめ状態。

さすがの破天荒アンナも、徐々に情緒不安定になり、最後は・・・。あらゆる人を巻き込み暴れるだけ暴れまくり、台風のごとく駆け抜けた感じが、最後のジュード・ロウの微笑むシーンに凝縮されていた感じがした。

[amazonjs asin=”4102060014″ locale=”JP” title=”アンナ・カレーニナ〈上〉 (新潮文庫)”]