カテゴリー
IT業界

新規事業がなかなか育たない。IT企業の苦悩

ゲームで一世風靡。DeNA

ガラケー時代は絶対王者だったDeNA。コンプガチャがまだ緩かった時代、グリーと共に圧倒的な力を発揮していました。

コラボ企業も多く、ゲームアプリのことなら、まずはDeNAに相談といった風潮だったと記憶しています。

ガラケー

が、ガラケーからスマホに移行するにあたり、その勢いはなくなり、ゲーム開発アプリ会社の中の1つに落ちぶれてしまったというのが僕の印象。

ゲーム開発1本足打法からの脱却を目指し、キュレーションサイト事業を立ち上げたものの、捏造事件をきっかけに本業務も第二の柱まで育つまでには行かず・・・。

んで、配車サービスを2014年に立ち上げることになりました。神奈川県のタクシー業界と協力し、本事業は順調に推移していたかに見えましたが、2019年日本タクシーと提携。

結局の所、配車サービスも第二の柱までには育たなかったことを暗に示す結果となりました。

配車サービス、群雄割拠

そもそも、配車サービスの利用者はタクシー利用者全体の約2%。ほとんど利用されていないというのが実情。

加えて、最大手の日本タクシーが2011年から本サービスを進め、じわじわと利用者数を増やしていき、DeNAとっては厳しい状況が続いていました。

さらにソニーが都内を中心に配車サービスを始めるにいたり、より一掃生き残りが難しい状況となり、日本タクシーとの提携に至ったというわけです。

立ち上げから約5年。短いという声もありますが、早めに手を打ち、損失を最小限に収めたという感じがします。

とは言え、第二の柱づくりは、これまた振り出しに戻ってしまったのですが・・・

タクシー

個人間売買はてっぺんとったけど。メルカリ

第二の柱探しで言えば、個人売買の雄、メルカリも同様でしょう。

競争激しいQR決済。後発で厳しいとはわかっていながらも、IDを仲間に加え、これは行けるかなと思いましたが、イマイチ業績は芳しくないようで・・・。

QR決済では苦境

老舗QR決済のOrigamiやドコモとの提携で息を吹き返すか、今後の動向を見てみないとわかりませんが、現状はかなり厳しい模様。

登録者数でメルカリを圧倒するPayPayですら、苦戦している市場ですからね。

政府による5%還元というドーピングを注入しても、利用者が伸び悩んでいるというのですから、もう少し時間がかかりそうな感じがします。

メルカリも第二の柱づくりに苦労していることが伺えます。

QRコード決済

本業を喰い潰さなければいいけど・・・

第二の柱づくりも、勢いをつけるために、それなりの投資をしないと成立しません。

QR決済企業では、どこも赤字。先行投資ということで事業を進めていますが、それも本業がウハウハ状態であることが条件。

メルカリも本業はウハウハ状態。が、昔は5-6割の成長率だったのが、直近ではは2割ほど。

PayPayが個人間売買に参入し、競争が激化していることも挙げられますが、ウハウハ状態が終息してしまったら、第二の柱づくりも難しくなってくるでしょう。

こうしてみると、いかに多角化経営の難しさを感じます。生みの苦しみもそうですが、育ての苦しみもかなりあるのかなと。

とにもかくにもDeNA、メルカリともに頑張って欲しいところです。

話は変わりますが個人的には地方でタクシーアプリが使えるようになると利用者が増えるのではと思った次第です。

カテゴリー
Blog 反省 新商品・サービス

カーシェアの新しい形「エニカ」

カーシェアと言えば・・・

カーシェアと言えば駐車場の時間貸しで有名なTIMESのサービス。レンタカーじゃないよカーシェアリングでクルマ生活でも触れたように、レンタカー市場を喰うほどの活況を呈しています。

で、今回紹介するのが個人間の貸し借りによるカーシェアリングサービスが始まりました。

サービス提供元はベイスターズでも有名なあのDeNA。2015年の秋から本サービスを開始しています。

DeNA発カーシェアリングの仕組み

このカーシェアリングの仕組みはクルマを貸したい人、クルマの借りたい人を仲介する形でDeNAが介入。一定の使用料がDeNAの懐に入るという仕組み。

仕組みとしてはヤフオクと一緒です。出品者と落札者の間にヤフーが入って売買を成立させる。が、モノとは違いクルマとなれば不安はつきまといます。貸したは良いけど傷つけられたらどうしようとか、自家用車を悪用されたらどうしようとか・・・

保険加入は良いけれど・・・

で、そんな不安を払拭するかのごとく日割りの損害保険への加入を義務付け、事故が起きれば当事者同士での話し合いで解決してください戸の事。

保険は安心ですが、事故を起こした人と話し合いというのは何とも面倒な話。その交渉に時間を割かれるのはちょっと・・・と個人的には厳しいなと思いました。

交渉ごとまで含めてDeNAが代行してくれれば非常に素晴らしいサービスかと思いますが、そこは個人責任ということなのでしょう。

不安をよそに順調な売上

2016年1月現在で、サービス開始から4ヶ月。登録台数は500台に達し、利用介すは1500回。1日1万円前後で高級車に乗れることもあり、順調な滑り出しを見せています。

エニカ

レンタカーで輸入車を借りたことがありますが、確か1日レンタルで1万円はゆうに越えていたことを考えると、いかにエニカが格安なことがわかります。

ちょっとまったの国交省

道路運送法では、レンタカー業の許可を得ずに有償で自家用車を貸す行為は禁じており、この法律にエニカが抵触しているのでは?というのが国交省の見解。

レンタカー業も黙っちゃいません。クルマの整備や貸し渡しに関する約束事をきっちり守っている。コストも時間もかけて商売しているのに、エニカだけ特別扱いじゃんと非難ごうごう。

法の網を潜り抜ける見解の相違

これに対し、DeNAではサービスを開始する前に国交省にはきっちりと事業内容の説明をし、このサービスはレンタルではなくシェアなんだよと。

とまぁ、見解の相違である点を強調しているわけです。今回のクルマに関わらず、今問題になっている民泊にも当てはまるとは思います。

シェアするというは非常に良いことですが、それで既存の事業者がワリを喰うというのは何ともやるせない感じが・・・

既存事業者に対する規制を緩めるか、新サービスの創出を狙って認めるのか、お国にとっても厳しい選択を迫られている気がします・・・

カテゴリー
新商品・サービス

便利すぎる生活習慣予防。遺伝子解析サービス

40を過ぎると何かと不安

40を過ぎると、なにかと身体の不調が気になる。原因不明の頭痛やら、身に覚えのない腰の痛みなどなど。とは言っても会社を休んでまで病院にも行けず、時が過ぎれば直るだろうと。

けど、回りに、重度の病気にかかってしまいました的な話を聞くと、自分の身にもいつ起こるのかと不安にさいなまれることも。

生活習慣もあるけど遺伝という要素。

糖尿病や高血圧、がんなど、発症するリスクは、その人の不摂生、食習慣などの外部要因もあるけれど、遺伝的要因も少なからず影響しているみたい。

遺伝子解析サービス

なので、このような病気を発症しやすいか否か、あなたの遺伝子を検査しますというのが、今話題の遺伝子解析サービス。

遺伝子解析サービスってどんなサービス

唾液や口内粘膜を郵送で送るだけ。後日ネットでその診断結果を見ることができるといもの。遺伝子解析を行い、病気を引き起こすリスクや体質を分析し、生活習慣の改善やら病気予防に役立てられるというもの。

IT企業が目立つ遺伝子解析サービス

遺伝子解析サービスを始めて知ったのがDeNAの参入。確か南場さんの肝いり事業だった気がします。

んで、Yahooも参入したことで、参入企業がドッと増加。医学系が多いかと思いきや、その構成はIT企業が中心だとのこと。

遺伝子解析サービス

いかがわし事業者は排除

参入企業がドッと増えたことで市場拡大の期待は高まりますが、中にはいかがわしい企業もいるみたい。

科学的根拠のない性格診断やらダイエット診断など・・・。これでは、遺伝子解析サービスが怪しいサービスだと思われても仕方がない。

そこで、経産省と公的団体が立ち上がり、お墨付サービスを実施することになりました。

○○省認定なんて、看板がつけば利用者も安心してサービスが受けられますし、認定を受けない事業者はサービスの質を高めるか事業をたたむかを迫られ、業界は自然と整理されていくと思います。

医学からまったの声

そもそも、この遺伝子解析サービス、医療という扱いではないものの医学界からは、このサービスを危ぶむ声もチラホラ。

遺伝子解析サービスを受けた利用者から、「こんな診断結果が出ましたけど大丈夫ですか?」なんて問い合わせがあり、たんに利用者の不安を煽るサービスとあまりよろしくないと思われています。

根拠はありまっせの遺伝子解析事業者

DeNAでは、何千という論文から科学的根拠を提示してたり、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターと言う字ズラからして、安心感プンプンの専門家と提携しているなど、信頼性は高いように映る。

加えて診断結果を受けて、問い合わせしてくる利用者向けて荷カウンセラーや医師などの相談窓口も設置するなど、安心してサービスを受けられる体制を整えている。

まとめ

年に1回の健康診断だけでは心もとないし、改善内容も、お酒を控えましょうとかタバコをやめましょうとか、ちょいと通り一遍等な内容では、物足りない。

年を重ねるにつれ糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などの不安がつきないことを考えると、遺伝子解析サービスを受けることもありだなと。

後は、悪い結果が出た時に、通院できる時間を確保できるかどうか。

とにもかくにも、自分の遺伝子を知ることが、グッと身近になったのは確か。

色々と障壁はあるようだけれど市場が発展することを見守りたい。

カテゴリー
玩具・キャラクター

スマホ参入は定着できるかが肝、任天堂

大きな話題となったスマホ参入

ようやくと言った方がいいのか、それとも遅すぎるという表現が適切なのか、その判断は歴史が証明することを待つとして、とりあえず任天堂がスマホの世界に進出を表明。

ファミコン

ブームで終わるだろう

任天堂の社長いわく、ゲームコンテンツに対して正当な対価を得られる環境が整ったとのこと。2009年頃からスマホ向けゲームが拡大していたけれども一過性のブームとして捉えていた。

任天堂としては、長く楽しんでもらうことこ注力してきただけに、この状況は看過できなかったのでしょう。

DeNAの変心

任天堂のスマホ参入を後押ししたのは市場環境の成熟化に加え、DeNAの変心も大きく影響している。社名を出さずブランド名を出さず裏方に徹するというもの。名より実を取ったとも言える潔さ。DeNAの社長が男前過ぎてならない。

モバゲー

専用ゲーム機とスマホゲームの違い

専用ゲーム機は発売したら任務完了。スマホゲームは発売してからが勝負。継続して遊んでもらえるよう、利用実態を分析しながら、改善を繰り返しユーザーを離さない。

相当なノウハウのいる技だけに、それをDeNAから提供してもらえるのだから、任天堂としてありがたい話

ゼルダの伝説がスマホで遊べる日も

任天堂の過去名作がスマホで楽しめるのは大きな魅力。加えて継続して遊べる機能が付加されていればなおのこと。

ゼルダの伝説

ファミコンディスクで全国の小中学生を熱狂させたゼルダがスマホに移植されるのであれば、ぜひともやりたい。課金次第で、追加シナリオもプレイ可能ともなれば、お金を惜しまず投下するだろうな。

日経ビジネス NO.1785