カテゴリー
自動車業界

新興国の壁は厚かった。トヨタの仕切り直し?

ダイハツの完全子会社化の真意

トヨタがダイハツの完全子会社化を発表しました。元々トヨタ資本がガッツリ入っているし、個人的にはさして驚きはしませんでしたが、その真意たるを知りちょいとビックリ

その理由とは選択と集中。よく社長会見で耳にするあれです。

ダイハツには新興国向けの特攻隊長として頑張ってくださいというもの。

完全子会社化することで、よりスピード力を高めるといったところでしょう。

握手

インドでは鳴かず飛ばずのトヨタ

世界NO.1の販売台数誇るトヨタグループですが、地域別に見るとシェアが10%満たない国が・・・。

それが、かの成長著しいと将来を期待されているインド。4割以上のシェアを持つスズキに対し、トヨタのそれはわずか4%。

インド

そもそもインドでのトヨタブランドはSUVブランドとして高価格帯のブランドとして認知されているようで、台数の稼げる大衆車クラスではイマイチ認知が進んでいない模様。

同価格帯のエティオスも約90万円前後と同クラスの小型車と比べると割高。苦しい状況が続いています。

地場メーカーと伍して行くには?

トヨタはTNGAと呼ばれる開発手法で車種横断の設計や部品、モノづくりの共通化を進めてます。が、この開発基準が高いのか地場の部品メーカーでは、その採用基準を満たすことができないないのか、全くと言っていいほど地場部品メーカーを取り込めていないのが実情のようです。

そこでトヨタは、インドネシアで実績のあるダイハツに地場部品メーカーの開拓を任せることにしたのです。

クルマ

ダイハツ主導でちょいと気になる点が・・・

ダイハツのインドネシアにおける部品メーカーの開拓実績は確かに素晴らしいようですが、コレ、現地の人間に聞くと微妙な感じがします。

圧倒的なシェアを握るトヨタは壊れにくいクルマとして認知されていますが、ダイハツに対して低価格だけど壊れやすいクルマという評価。

品質を下げて価格勝負という感じが否めません。果たしてこの調子でインド攻略も行われるのかと思うと、チョイと不安な感じもします。

部品メーカーを育てる

トヨタの完全子会社化になったことで、部品メーカーの開拓と同時に育成にも本腰を入れて取り組んでいくことでしょう。となれば、インドネシアの現地人のような評価も払拭できるかも。

新興国攻略の特攻隊長として今後のダイハツの活躍が楽しみです。

カテゴリー
ハリウッド

スタンド・バイ・ミーを彷彿させる良作「トラッシュ」

ブラジル版スタンド・バイ・ミー

子供同士の旅を描いた作品で今なお心に残る良作「スタンド・バイ・ミー」。中学生時代にこの映画を見て自分もこんな冒険をしてみてぇと何度も思いました。

で、この作品もそんな少年たちの冒険を描いた作品。

トラッシュ

冒険といってもた旅に出るわけでもなく、ある謎を解き、国をも揺るがす大スキャンダルに行き着いちゃったって話です。

舞台はブラジル

作品の舞台はブラジルの貧困街。明日の食べ物もままならず、住まいは吹けば飛ぶような粗末なバラック。

唯一の仕事と言えば、ゴミ投棄所で拾ったガラクタの売買。BRICsと騒がれたブラジルですが、貧富の差があまりにも激しいことがこの作品から伺い知れます。

拾った財布が裏世界のもの

ある日、ゴミ投棄所でオシャレな財布をゲットした主人公。中には大金と写真、ロッカーの鍵、指紋などワケありグッズがてんこ盛り。

加えて翌日には警察が大挙して押し寄せ、見つけた人には報奨金を与えるとの事。

そこそこの中学生ならお金に目がくらんで、早々と警察に拾ったおサイフを差し出すでしょう。けど、主人公ラファエルは「こいつは怪しいぞ」と警察にお財布を差し出すのはやめ、この持ち主とおサイフの中の謎解きを進めていきます。

トラッシュ

手の込んだ謎解きのスートーリー

この謎解きがまぁ手の込んでいること。Aの謎を解けばBの謎にぶちあたり、Bの謎を解けば今度はCの謎解きと。そう簡単には謎が解明できないようになっっています。

加えて途中には命を取られるほどの危険な目にも会います。

なのに諦めない少年3人。

そこには腐敗にドップリ使った世の中をただしたいという強い正義感がありました。

腐敗にドップリはまる警察

本来なら不正を取り締まる側の警察なのに、悪者に加担して一緒になって悪事を働く。口封じなら人を殺めるのもいとわないといのは驚きました。

主人公ラファエル君も警察に拘束され、自白を迫られ、ボッコボコにされたり、拳銃を向けられたり、この国に正義はないのかと思いました。

正義は勝つ

この後はネタバレです。

いくつもの謎を解き、ようやく最終ゴールに行き着いた3人。そのゴールで目にしたのが、何と一生遊んで暮らせるような大金。

けど、この大金、正規ルートではなく不正して集められた言わばダークなお金だった訳です。持ち主は大物政治家。

で、財布の持ち主はその大物政治家の側近で、裏金をありかを自白するよう拷問され殺されることになりました。

トラッシュ

で、彼ら3人は考えました。この謎解きの一部始終を動画に残すそうと。で、この動画を学校の先生に託し、ネットを通じて政治家と警察のズブズブの関係が白日の下となり、大スキャンダルに発展。

主人子ラファエル君らによる真っ当な社会の実現に一歩近づくことができました。

これがほんのすこし前まで小学生だった少年がやってのけた世直しということを考えると、スタンド・バイ・ミーを超えるインパクトががありました。半端ない怖い思いはしますけど。

カテゴリー
新興国ネタ

祝!、経済制裁解除、イラン

売る覚えの歴史的背景

小説、「海賊と呼ばれた」にも出てきたイラン。作品中では国交のないイランとの原油契約を結び命からがら契約を成立し、日本にイラン産の原油を輸送しました。

当時は、まだイギリスが幅を利かせていた時代。自国がいかに搾取されていたかを知り、不満が大爆発。自国の原油は自分たちで売る。てなわけで白羽の矢がたったのが国岡商店でした。

イラン国内もイギリスの支配からの独立を叫び、王政が復活。民衆もさぞ喜んでいたのもつかの間、クーデータが起きて王政すぐに崩壊。裏ではCIAが動いてたとの噂がありますが。

てな訳で、またまた欧米の傀儡政権が誕生し、搾取されまくりの時代がしばらく続きますが、かのイラン革命で民衆が立ち上がり、政権もイラン人に戻り、ハッピィかと思いきやアメリカの経済制裁により長く苦しい生活を余儀なくされるのです。

ここまでが、うる覚えレベルですが、イランの歴史です。で、2015年に入り、経済制裁が解除されることなり、諸外国から注目されはじめています。

高いポテンシャルのイラン市場

まずは人口の多さと豊富な若年層というのが魅力に挙げられています。ほかにも石油やガス産業、製造業の基盤などがしっかりしているのも、諸外国は進出する上でも有利に働くことは間違いありません。

しかも今の経済状態は、日本の30-40年前の高度成長期に差し掛かった時と同じと言われています。てなると、日本のように年率10%以上で成長していくことも期待できます。

日本にとっても有利

それまでのイランでは国内産業の保護・育成から高い関税がかかっており、輸入品の多くが密輸品。

経済制裁が解除されれば、外国資本の流入が加速し、国内産業の成長スピードも上がり、中国のように合弁会社がポコポコ立ち上がり、質の良いメイドインイラン製も市場にあふれることでしょう。

密輸品が9割とも言われるイラン。それだけ需要があるとも言えますし、消費という面でも期待できるのではないでしょうか

原油価格にも影響

原油にしても、輸入国が増えることになりますし、今よりもさらにお安くガソリンが手に入ることも考えられます。イランの原油輸出量は現在、日量100万バレルと言われていますが、経済制裁解除後には200万バレルに回復するとも言われてもいますし・・・

これで少しは、家計も楽になればよいのですが・・・

世界経済で流動性高まる、世界経済

わけあって国際社会から、社会的制裁を受けていた国と国交が回復するとなれば、モノやサービスの流れも変わってくるかなと。

例えば今まではサウジアラビアから買っていた原油も、イランからも購入ともなれば競争原理が働き、サウジからお安く原油を調達できることもできるし、輸入いたっては輸入先が増えるわけで、それはそれで日本にとってもありがたいこと。

目に見えての変化はまだまだ先になるかと思いますが、イランの経済制裁が今後の世界経済にどのような影響を与えていくのか今から楽しみです。

カテゴリー
新興国ネタ

SIMカード20万円。バブルが弾けたミャンマー

民主化に舵を切り経済上向き

ビルマと聞くとピンと来るこの国。その歴史を辿れば1962年に社会主義政権が誕生し、1988年以降は軍部が政権を運営。アウン・サン・スー・チーさんの軟禁などで経済制裁を受けていたけど、2010年に民社化に舵を切り始めてから、経済制裁も緩和され、経済も上向いています。

ミャンマー

バブルのきっかけは投資マネーの流入

経済制裁が解除されたことで堰を切ったかのように海外マネーがどんどん流入。中国、インドなどの新興国に投資するよりも、ハイリターンが見込めると踏んだのでしょうか。

ミャンマー

結果、物価はとんでもないことに。ホテルは1泊5万円、オフィス賃料が丸の内レベル。はてはSIMカード20万円というとんでもない事態に発展。

バブルが弾けて正常化

そんなウハウハ状態もそう長くは続かず、海外マネーが引き上げられると、とたんに物価は下落。海外企業の進出によりSIMカードは150円に。安すぎるとは思いますが。それと宿泊代や賃料も正常値に戻り、バブルは終焉を向かえました。

進出企業にとっては問題山積み

バブルも弾け、進出しやすい環境は整ったかに見えますが、長く鎖国状態だったこともあり国際ルールが全く通じない。契約の履行、投資家の保護という点では評価が低い。

ミャンマー

日系企業も進出企業は増えているものの、製造業では縫製業だけ。クルマ関連、半導体関連はまだ進出していない。

この先魅力的な市場となるか

アジアインフラ投資銀行も設立されるし、そうなれば生活インフラの貧弱な新興国も進出国として価値も高まると思う。

ベトナム、バングラディッシュ、タイ、ミャンマー。ブリックスの第二世代として期待される日が来るんじゃないかな。