カテゴリー
新商品・サービス

待たれる。空を飛ぶ宅配便

海外では既にチラホラ始まっているらしい。

空飛ぶ宅配便として期待されているドローン宅配。海外では確かAmazonが一部の地域で実用化しているような話を耳にしたことがあります。

州ごとに法律が決められるので、日本に比べ新技術を受け入れる土壌ができているのでしょう。

日本はと言えば、長野県で自治体がドローン宅配を始めたとのこと。

とりあえず収益は二の次で、福祉的な色合いが濃いものになっています。

長野県でも既にドローン宅配が実用化

長野県伊那市では、買い物難民向けに自治体が主体となってドローン宅配を実施しています。

当初は、自動化した販売カーも検討していましたが、採算面、そして万が一の事故を考えると実用化は難しいと判断。

そこでドローンに白羽の矢が立ちました。仕組みとしては注文はケーブルテレビの専用チャンネルから。注文を受けたドローンが最寄りの公民館まで注文品を届けるというもの。

注文者の自宅までは行きませんが、万が一の事故を想定して公民館を選択したがのこのサービスの特長と言えるでしょう。

配送ルートも墜落などに備えて住宅地を避け河川を経由するというもの。ここまで安全面を徹底しないとドローン宅配は難しいと言えます。

KDDIが名乗りを上げる

このように自治体が主体的に動きを見せる中で、民間も遅れまいとしてKDDI、日本航空、ウェザーニューズなどがドローン宅配の実験に乗り出しました。

KDDIはラストワンマイルの課題克服のためのもの。宅配拠点から各住宅地に商品を届ける、もっと実用化のハードルが高い部分になります。

当面は、医薬品や軽量物の配送に限定して実験を進めるようです。

ウェザーニューズはドローン宅配向けに新しい気象予測システムを開発中。超高層ビルなど建物周辺の天候や気流を250m司法、高度10<span class=”marker”>単位で予測できるうようにするとか。

この情報をドローンを運行する会社に提供し、安全に飛行できるようにサポートしていくのでしょう。

ゲリラ豪雨を喰らってドローン墜落ともなれば、ドローン宅配の普及に水を指すことにもなります。

そういった意味で、ドローン宅配の周辺ビジネスに目をつけたウェザーニューズはかなり先を行っている感じがします。

乗り越える課題が山積みか

長野県伊那市の墜落を想定した安全な配送ルートの確保や、天候などを勘案した運行、そして荷物の受け渡しに、運行管理などなど、実用化には超えなければ課題が山積み状態。

ドローン宅配を進める中で、さらに想定外の課題もいくつか噴出してくることでしょう。

2022年度には実用化と言われていますが、今の進み具合からするともう少し時間がかかりそうな感じがします。

一層のこと、規制がちょい緩のドローン特区を作ってみたらと思った次第です。

カテゴリー
新商品・サービス

感染リスク防止の側面で目立つ自動化

そもそもはライドシェアを目的にしたものだったけど

バスなどの交通インフラとして、活躍が期待されていたライドシェア。

現在は人が運転していますが、将来的には自動化することで地方を中心に広がりを見せるのではと期待されていました。

が、その状況もコロナ禍で一変。狭い車内空間はある意味、3蜜。感染リスクも高まる恐れあり。

てなわけで、交通インフラとして自動運転カーの期待は一歩後退。

代わりに配送分野で自動運転カーの試験利用が進んでいます。

医薬品、食料品の配送に

米ニューロでは、コロナ感染者を収容する施設に、自動運転カーを使い医療品や食料、水を配達。

これにより人と人の接触が避けられるという訳です。

無人のクルマが病院の玄関前に到着。扉が自動で開いて院内スタッフが荷物をピックアップし終わるとドアが自動で閉まり、再び配送車が何事もなかったように病院を後にする。

宅配

どこか異様な光景にも見えますが、これが当たり前の世の中になってくるんでしょうね。

買い物難民向けサービスとして

他にも同社では、店舗の商品を無料で配送する試験を始める予定。コロナ禍で、やむなく店を閉じざるを得ないお店にとってはありがたいサービスと言えます。

トヨタが4億ドルの出資をした中国系のポニーエーアイも食料品や荷物の宅配を開始。買い物難民の救済に一役買っています。

ドローン配送も感染リスク防止で脚光

配送となると、クルマだけが目につきますが、海外では空輸、ドローンを使った配送も始められています。

店舗の商品を運んだり、ドラッグストアの商品を運んだり、高齢者居住地域に医薬品を運んだりとコロナ禍で利用が一気に活発化になりました。

日本ではドローン規制が厳しいこともあり、もう少し時間がかかるとは思いますが・・・。

配送の自動化元年となるか、2020年

これまで紹介した自動運転カーによる配送、ドロンによる配送、そのほとんどが試験的に行われていることもあり、無料で現在行われています。

試験を通して、様々なデータを収集し、実用化に向けた準備を進めている所。

早ければ2021年から本格的に実用されるかもしれませんね。

日本も法規制のからみですぐにとはいかないでしょうが、

宅急便も、家の近くまで配送車が来たらスマホに通知され、外に出てみると自動配送車がこちらに向かってドボドボと走ってきて停止するやガチャガチャのごとく、自分の配送物だけが飛び出してくるんでしょう。

もの凄く未来的でぜひ経験したいものです。

カテゴリー
ハリウッド

あのドローンが兵器だった「ドロン・オブ・ウォー」

あの話題のドローンは元を辿れば軍用品?

昨年から今年にかけて何かと世間を騒がせたドローン。あまりの流行りっぷりに国が色々とルールを定めるほどになりました。

裏を返せば、それほど普及が進んでいる証拠。

知り合いですら、ドローンで撮影した動画をFacebookなどにあげているほどですから、僕にとってはかなり身近に感じます。

動画撮影に使われたり、モノを運んでみたりその用途は様々ですが、軍事兵器として既に使われていたのですから驚きを隠せません。

無人飛行機,ドローン

みてくれはシュッとしたドローン

一般的にドローンと言えば、4つのプロペラがついているイメージですが、軍事兵器としてのドローンは戦闘機そのもの。翼が2つあって胴体があるといもの。それが目標めがけてミサイルを飛ばすのですから恐ろしい世の中になったものです。

ドローン・オブ・ウォー

その操作はまるでゲーム

この軍用ドローン。当然パイロットは乗っていません。遠隔操作で上空を飛ばしています。

んで、カメラを仕込み紛争地上空に飛ばして、撮影した映像が遠く離れたアメリカの地で見ることができる。

しかも機体の操作も可能。標的地まで機体を移動させ、照準をセットしたらあとミサイルのボタンをポチッとするだけ。

まさにゲームをしている感覚。無人ですから人命を脅かすことありませんが、パイロットとしての達成感がないと主人公がと宣う訳です。

ドローン・オブ・ウォー

軽いバーニングアウト

主人公はそもそもF16戦闘機のパイロット。戦地での経験も豊富で、今の無人戦闘機ドローンによる攻撃がどうも性に合わない。

何度も現場復帰を望みますが夢叶わずで、お酒に溺れ、家族との関係もギクシャク

パイロットと言えば、チョ~がつくほどエリートですから、それが実地経験のない若手と一緒に仕事をするのは我慢ならないのでしょう。

今後の軍事兵器は無人が主流か

人間の仕事がAIやらロボットにとって代わると言われていますが、軍事兵器の世界も無人が中心となり、自ら戦闘機を操作したり、戦車を操ったり、銃を片手にドンパチすることも減ってくるのではないでしょうか。

となれば、戦争での死者も減るこにも繋がりますし・・・。

ドローン・オブ・ウォー

軍事目的ではない使い方ができれば

この軍用ドローンで映し出される映像は上空3000mながら、かなり高精細に撮影できます。

肩にかついだライフル銃なやら、民間人が庭掃除をしているホウキなどが確認できるほど

ならば、軍用ではなく民間サービスで使えないものかと思ってみたり。スポーツの試合映像なんかは面白いとは思います。

ドローン・オブ・ウォー
カテゴリー
農業

農業の世界でも進む、経験の数値化

経験と勘に頼っていた農業

高齢化が進む農家の救世主となるか期待されているのが土壌のデータを数値化した技術。

今までは農家の方の勘と経験に頼り、肥料を巻く量やらタイミングを決めていました。

肥料を上げすぎても少なすぎてもダメ。微妙なさじ加減が肝でした。

水田

画像解析で育成状況を判定

まずは田んぼの上空にドローンを飛ばし、稲を撮影。

葉の色や茎の数を分析し、ここから窒素タンパク質、含有量を弾き出します。

これにより育成状況はもちろん味までデータ化できるそうです。

水田

お次は肥料散布

このデータを元に、稲の育成状況を把握することができたので、次は育成状況に応じ肥料を散布する工程に移ります。

ヤマハが開発した肥料散布ドローンが田んぼの上空を舞い、5㎡ごとに投下する肥料を変えながら散布していきます。

今までは背中に散布機をしょって行っていた作業が、ドローンに置き換わることで、作業の省力化と最適な肥料散布量を実現したのです。

これにより経験と勘に頼っていた作業が、一般化されることに大きく前進したとも言えます。

収穫量アップで証明

まだ実証実験段階ながら、収穫結果は上々。食味によって価格が左右されにくい普及米で14%の収穫量アップ。ブランド米と呼ばれる食味重視の米でも、収穫量は落ちたものの、収入は33%アップ。

収穫量と食味アップの両者を実現させたことは非常に大きい成果と言えます。

トータルで考えると20万㎡換算の田んぼで300万~700万の増収なったと言うのだから、今後の普及に期待が膨らみます。

水田

人間知に近づくデジタル技術

囲碁の世界で、AIが人間を打ち負かすというニュースが話題になりましたが、これに近いものが今回の事例でも起きています。

この実験で、田んぼの窒素量を調べる実験で、その数値は農家の経験値と一致したそうです。

さらに賢くなるデータ

さらにこのデータに、様々な水田のデータをぶち込めば、人間の知見を超えるようなことも考えられます。

今後、震災で津波を被った土壌やら稲が病気になった田んぼのデータを収集していく予定だとか。

日本農業もITの力で、斜陽産業から成長産業に移行するかもしませんね。

[amazonjs asin=”4539724819″ locale=”JP” title=”改訂版 新規農業参入の手続と農地所有適格法人の設立・運営”]
カテゴリー
新商品・サービス

世間を騒がすドローンとは

首相官邸に墜落

首相官邸の屋上に墜落したことで、一気に世の注目を集めたドローン。このニュースを聞き、ドローンって何モノ?と思った人も多いはず。

てなわけで、ドローンについてのカンタンにまとめてみました。

業界トップクラスの中国企業

今回墜落したドローンの製造メーカーは中国のDJIという企業のもの。この会は2006年に設立され、既に何百件もの特許を申請するほど、その開発力は業界随一と言ってもいいほど。

ドローン

新モデルを矢継ぎ早に発表

2015年3月には、新製品のファントム3を発表。前期型モデルのフォントム2ヴィジョンも高く評価されていたようで、それを上回る機能が搭載されている。

ドローン

売りはカメラ機能。静止画は12メガピクセル、動画ならフルハイビジョンの撮影が可能。機体が縦横に回転してもカメラの安定を保てる架台も備えている。

各社も黙っちゃいないよ。

DJIの成功を指をくわえて待っているほど、この業界は甘くない。この商売をはお金になると様々な企業が参入を表明。

米国の3Dロボディクスは約60億円の資金調達に成功。別の中国メーカーも資金調達に成功。

プレーヤーが増えれば、市場が益々活性化するのは間違いない。

先を行くDJIと言えば

迎え撃つDJIと言えば、意に介さずといった所。技術的優位は圧倒的で新規参入しても製品化に至るまでには5-6年はかかるだろうと余裕のコメント。それ程までに技術的ハードルが高いようです。

市場規模は6000億円

将来的には市場規模は爆発的に膨らむと予想されています。長らく民生用に開発を進めていたDJIも、ここに来て方針を転換し、ビジネス市場向けに力を入れ始めました。

例えば農作物のモニタリングから、大気状態の調査、油田調査など、あらゆるビジネスに活用できると予想されている。

成長を阻害する規制強化を懸念

このDJIのドローンですが、首相官邸の他にもホワイトハウスに墜落というとんでもないことをやらかしています。

DJIも規制が強化されることを恐れ、先回りして、飛行禁止区域を大幅に増やす措置をとり、これにより飛ばそうしても飛ばすことができないよう、対策を打ちました。

日本でも普及が進むか

気になるのは日本での普及。首相官邸墜落を受けて、届出制が検討されたり、免許が必要だったりなど規制強化のニュースを見かけます。

個人的には、墜落の危険をいかに減らす方が先かなと。ドローンの墜落事故は他でもよく聞く話。幸いにも大きな事故に繋がっていないですが、この先、何が起こるかわからない。

大怪我を引き起こして、さらに規制が強化される前に、墜落防止を強化した方が良いと思います。

ドローン普及の世界

塀に囲まれているからと言って安心とういこともできなくなる。庭先で日焼けをしたり、ベランダでバーべキューをしたり、ひと目もはばからず出来たことが、できなくなるかも。日中なのにカーテンを閉め切っちゃうのも嫌だし。

となると、プライベート防止機能をつけてくれるといいな。水平撮影は無理だとか・・・。

カテゴリー
新商品・サービス

波チェックに確実に使える「無人飛行機(ドローン)」

波チェックは意外に面倒

いい波を求めてポイントを色々と移動して見て回るけど、決まって、いい波に出くわすことは少ない。結局、最初にチェックしたポイントに戻って波乗りってこともざら。

この移動で時間とガソリンを浪費するのが、悩みのタネだったけど、無人飛行機(ドローン)があれば、こんな無駄がなくるかも・・・。

波チェック

空撮用に活躍。無人飛行機(ドローン)

中国のDIJイノベーションでは、無人飛行機の世界ではその技術力に定評のある会社。最新機種でhあ、HD画質の動画撮影が可能で、空撮用として世界のテレビ局に採用されている。

この実例を読んだ時にピンと来ました。これなら波チェックに使えると

無人飛行機,ドローン

遠くに見えるあの白波は、どーよ

海岸線を走っていると、遠い先の方に、波が白波を立てて割れているのが見れる。けど、近くまで行かないといい波かどうかわからない。そこで無人飛行機(ドローン)の登場。

波の割れているポイントまで飛行させて、撮影した映像をスマホで確認すれば、その場に行かずして波チェックができちゃう。こいつは素晴らしい進歩です。

波 チェック

ネット普及で波チェックに第二の革命?

ネットが普及する前は、友達からの情報や天気図を見ながら予測を立てていたけど、ネットの普及で、各ポイントの波状況がすぐにわかっちゃう。ポイントパニックの原因でもあるんですけどね・・・。

波 チェック

けど、無人飛行機(ドローン)が普及したら、どうなるんだろう。ネットを見ないで自分で無人飛行機(ドローン)に頼る人達が増えるんだろうな。複数でお金を出し合えば無理な話でもなさそう・・・

日経ビジネスNO.1757より Casestudy