カテゴリー
為替話

日本への出稼ぎは、もう旨みはないかも

インドネシアから日本へ出稼ぎ

自国を飛び出し、日本で一攫千金を夢見れ来日したインドネシア人の話。彼いわく日本での稼いだ1ヶ月分の給与で1年間自国で暮らせると誇らしげに語っていました。

今から、かれこれ20数年前の話。それほどに日本は魅力的な国に映ったのでしょう。

んで、彼みたいな性向体験を聞きつけ、続々と彼を追う若者達が来日しては、すぐ自国に帰る人もいましたが、日本人の嫁さんをもらって定住する人もおり、日本の暮らしに馴染んだ人もいます。

ミネラルウォーターが日本より高いよ

が、今のインドネシアはと言えば、好調な経済な引っ張られる形で、暮らしも豊かになっています。ほたって小屋かよと見まがうような空港が、近代的な空港に様変わりしたり、スマホ片手に待ち行く若者。その光景はほとんど日本と変わりません。

コンビニのミネラルウォーターが日本円で150円もするし、物価も日本とひけをとらない位に上昇。

てなると、わざわざ日本に出稼ぎする意味もないかなと思った次第です。

web制作会社に見られるベトナム進出

今度は所変わってベトナムのお話。自分の周りだけの話かもしれませんが、web屋さんで、ベトナムに制作スタッフを抱える企業が多いこと多いこと。

理由は人件費の安さ。他にも時差も日本とあまりなく国民性も勤勉ということもベトナムを選ぶ理由のひとつだそうです。 都市部では人材枯渇気味

ただ、このWeb屋の例は稀な話で、今ベトナムでは物価上昇ということで、賃金が上昇。タクシー運転手で月収5万円強、看護師で10万円ということで、それなりに金額を積まないと人が集まらないようです。

となると、web屋も安い人件費が魅力なだけに、タクシー運転手ほど賃金を出しているようにも思えず、稀なケースとも言えます。

ベトナム人も日本への出稼ぎはちょっと・・・

このようにインドネシア同様、ベトナムでもミネラルウォーター150円説も浮上してきます。

加えて、今や日本は空前の円安基調。さらに円が下落すれば、ミネラルウォーターが200円になっちゃうし、賃金も日本円換算でいくと上昇するわけです。

冷静に考えて、自国よりも賃金の安い国にわざわざ出稼ぎに行くような思考にはならないだろうと。

労働不足の日本どうする

労働生産人口が減少する日本。阿部さの進める「国家戦略特区」では、日本人でも外国人家政婦を雇えることを柱としております。規制を緩和して、外国人の受け入れ、女性の社会進出を支援しようというもの。

けれど、今の状態で、果たして外国人が日本に仕事を求めて来日するかは疑問。

より稼ぎの良い国へ。

てな訳で、日本を目指していた外国人も今では、より稼ぎのいい中東諸国を目指している人も出てきており、世界規模でのリクルート合戦が勃発している感じがします。

人手不足解消には不可欠

他にも介護の世界でも、外国人を受け入れようという声もあります。なかなか人手が集まらないので、解消すべく外国人に頼るのはわからないでもないですが、それには厳しい資格を見直してもいいのでは?とも思う訳です。

お金は大事だよはわかりますが、もしかしたら、それ以外の魅力で、外国人にアピールするのもいいのでは?

例えば、治安がいい、最新モノにあふれている、文化がある、人がやさしいなど。あらためて日本の良さは?と考えるとすぐには出てきませんが、そういった所も日本で働くの良さでは?と思う訳です。

外国人労働者受け入れも、お金とは違う切り口でアピールする時代になってきたとしみじみ感じました。

カテゴリー
為替話

海外生産シフトは劇薬

安の恩恵は今や昔

2015年の円安2000年の円安と比べ大きく異なる。2000年の頃は国内に生産工場を持っていたので輸出で潤う。けれど2015年は生産工場を海外に設けているので、円安のうまみはほとんどない。

むしろ、悪影響が出ているという企業も・・・

貿易収支悪化

2000年時点で10%の円安・ドル高は日本の貿易黒字を1.6兆円拡大させたものの、2014年のそれは1.5兆円悪化させるという残念ね結果が出ています。

貿易収支全体で見ると、円安はあまり日本企業にとっては好ましいものではないように映ります。

ソニーも被害を被る会社の1社。

ソニーもこの貿易収支状態に似たような感し。2001年当時、1円円安に振れれば営業利益は年間80億円増える構造でした。国内に生産拠点を多く持ち、携帯電話やテレビは日本から輸出という構造。

が、円高時代に突入し、こいつは長期化しそうだとふみ、生産拠点を海外に切り替え。スマートフォンを中国生産に切り替え、テレビも海外の工場に移管。

この海外シフトが功を奏し、2011~2012年は為替の影響を受けずに済んだのですが、2013年の円安局面に入ると事態は急転。

海外生産分がおもいの他、コストがかかり、利益を押し下げることに。

1円円安に触れると連結営業利益は約70億円押し下げるとも言われています。

三菱重工業も海外生産にシフト

三菱電機のヒット商品「ビーバーエアコン」も、国内生産から海外に生産拠点をシフトした製品。移管先はタイ。現在はタイから日本や欧州、アジアなどに輸出されています。

こちらも、円高時代は良かったけれど、円安の今、想定外にコストがかさむ状況に陥り、苦労されている模様です。

青天の霹靂、国内回帰

地方経済を活性化させてきた生産工場でしたが、円高時代に工場閉鎖が相次ぎ、日本のモノづくりは終わちゃったかなと思いましたが、ところがどっこいここに来て国内生産工場を戻す動きが活発化。

ソニーが世界シェア首位の画像センサーの国内工場を増強したり、オムロンが家庭用血圧計の一部を中国から国内に移管。ダイキン工業がエアコン部品の一部を中国から国内に戻すと国内回帰する企業がポツポツと増え始めています。

すべてが国内に戻すではないけれど・・・

と言っても、この円安傾向が未来永劫続くとも思わないし、リスク分散という意味合いが強いでしょう。

けど、国内に生産拠点が戻るのはいいこと。少なからず地方経済活性化にもなるわけですし。

超円高で、加えて海外に比べて日本企業は六重苦やら七重苦と言われ、海外シフトが加速していた時に、トヨタが東北の工場を建てたのは今思うと、先見の明があったとしか思いません。

日本のモノづくりを守るという強い意思が、結果的に企業の成長に寄与しているんだなとシミジミと感じた次第です。

この円安をきっかけに日本のモノづくりが少しでも元気づけばよいのですが。

カテゴリー
流通業界

今さら100円ショップ?の意識変化に戸惑い

内需型産業につらい円安傾向

1ドル125円突破、株価2万円超えと景気のいい言葉が飛び交うものの、自分の回りではそんな実感はゼロ。益々厳しさを増すといった感じです。

内需型産業と言えば、それまでですが、デフレ時代の勝ち組みと称されていた100円ショップもそのひとつ。かなり厳しい状況にあるみたいです。

既存店売上高減少

100円ショップ業界2位のセリア。2015年3月期の利益見通しを前期に対し微減の101億円に引き下げ、営業減益に転じれば2009年3月期以来となる模様。

実際、2014年11月の既存店売上高が、前年同期比で1年7ヶ月振りに減少。その後も2015年の4月の6ヶ月間のつい、4ヶ月で前年割れとなっているそうです。

ちょうど株価がグングンと上昇した時期と重ねるだけに為替が影響しているのでは?と思います。

最高益の7割の水準、キャンドゥ

業界3位のキャンドゥも同じように苦戦しているよづえ、2011年11月期に最高益を更新しましたが、2015年の見通しは約4年前の7割の水準だそうです。

業界4位のワッツも2013年8月期の9割弱と、100円ショップ大手企業が軒並みに苦戦を強いられているのが浮き彫りとなっています。

コスト増も利益を圧迫する要因か

そもそも100円ショップは、中国などで大量に生産して一括仕入れすることでコストを抑えてきました。

が、中国の人民元に対しても円安傾向となり、コストも上昇。1人民元あたり12円程度だったのが、2014年末には19円台まで円安が進行。

約1.5倍のコスト高なら、利益が伸び悩むのも無理はない話しですが、他にも苦戦する理由があるようで・・・

消費者の意識変化

円安、株価上昇で景気上向き。けど、収入は全く上がらず生活水準もデフレ時代とさして変わらない。なのに景気いいぞと半ばマインドコントロールでもされているのでしょうか、「今さら100円ショップでは買い物する気が起きない」という消費者の意識変化が起きているようです。

デフレで我慢を強いられていた分、その反動で値段よりも質を重視する傾向が高まっている感じがします。

円安局面の打開

業界3位のキャンドゥは、100円ショップというビジネスモデルの転換を模索し始めたようで、価格帯300円前後の商品を中心とした新業態の店舗をパルコに出店。

この取り組みに他社も追随、または偶然にも同じことを考えていたのか定かではありませんが、価格帯を上げる取り組みを進めています。

まとめ

長く続いたデフレ疲れというのでしょうか、節約、節約で我慢を強いられた暗黒の時代から、多少なりとも将来に向けての光が見えたのか、それともちょっと贅沢してみたいという気持ちが芽生えたのか、それがPBヒット、ニトリの中価格帯店舗に見られる質重視の消費傾向に表われたのでは?と勝手に思う次第です。

価格と質は表裏一体ということに気づいてくれる人が増えることは非常にいいこと。この傾向がどんどん波及していくことを切に願います。