円安

為替話

素直に喜べない円安。製造業も慎重姿勢に終始

イマイチピンと来ない。20数年振りの1ドル135円。 米国との金利差を受け、円を売ってドルを買う動きが加速し、円安がものすごい勢いで進んでいます。 一昔前では円安と言えば、日本のような輸出に頼る国では歓迎されていたのに、今回の...
為替話

日本への出稼ぎは、もう旨みはないかも

インドネシアから日本へ出稼ぎ 自国を飛び出し、日本で一攫千金を夢見れ来日したインドネシア人の話。彼いわく日本での稼いだ1ヶ月分の給与で1年間自国で暮らせると誇らしげに語っていました。 今から、かれこれ20数年前の話。それほどに日本は魅力...
為替話

海外生産シフトは劇薬

安の恩恵は今や昔 2015年の円安2000年の円安と比べ大きく異なる。2000年の頃は国内に生産工場を持っていたので輸出で潤う。けれど2015年は生産工場を海外に設けているので、円安のうまみはほとんどない。 むしろ、悪影響が出ているとい...
流通業界

今さら100円ショップ?の意識変化に戸惑い

内需型産業につらい円安傾向 1ドル125円突破、株価2万円超えと景気のいい言葉が飛び交うものの、自分の回りではそんな実感はゼロ。益々厳しさを増すといった感じです。 内需型産業と言えば、それまでですが、デフレ時代の勝ち組みと称されていた1...
タイトルとURLをコピーしました